毎日Eトレ!【1001】街頭調査をやるのはどう? 利用者の本音が聞けるかも

デイビッド・セイン先生が教える
広告・宣伝フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「街頭調査をやるのはどう? 利用者の本音が聞けるかも」「街頭調査をやらない? 直接話して、意見が聞けるかもしれない」「街で人に聞いてみない? 意見を聞くいい手段かもしれない」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

How about we do a street survey? That way we might get use's real opinions.

街頭調査をやるのはどう? そうすれば利用者の本音が聞けるかもしれない

 

「調査」にまつわる英語表現

広告や宣伝において、ユーザーの本音はなくてはならないものでしょう。商品やサービスに対する意見を求める際に使われる、調査にまつわる表現をご紹介します。

今回の英文に登場した「街頭調査」は英語でstreet survey。do a street surveyで「街頭調査をする」という意味になります。

「調査する」という意味のイディオムには、他にtake a surveyやtake a pollなどがあります。surveyもpollも「調査」という意味の名詞です。surveyはWhat food do you like?のように「意見を求められる調査」なども含め、広く用いられます。一方のpollはWhich do you like better, pizza or tacos?(ピザとタコス、どちらが好きですか?)のように「いくつかある選択肢の中から選ぶタイプの調査」を指すことが多いです。

real opinionは「本音、生の声」という意味です。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Why don't we take a street survey? We could talk to people in-person and hear their opinions.
街頭調査をやらない? 直接話して、意見が聞けるかもしれない

▶in-personは「直接会う」という意味の形容詞です。

 

Why don't we ask people on the street? It might be a good way to hear the voice of the people.
街で人に聞いてみない? 意見を聞くいい手段かもしれない

▶a good way toは「~するためのいい方法」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事