毎日Eトレ!【1008】クリーニングに出さない限りシミはまず落ちないだろう

デイビッド・セイン先生が教える
洗濯のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「クリーニングに出さない限りシミはまず落ちないだろう」「クリーニングに出さないと、そのシミは落ちないだろう 」「自力ではこのシミは取れないから、クリーニングに持っていく必要がある」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

This stain will never come out if we don't drop this off at the cleaners.

クリーニングに出さない限りこのシミはまず落ちないだろう

 

「シミが落ちる」を英語で言うと?

come outは「出てくる、出る」に加え、「(シミが)落ちる、抜ける」という意味があります。stainが「シミ」ですね。水洗いではない、いわゆる「ドライクリーニング」を扱うクリーニング店は、cleanersまたはdry cleanersといいます。クリーニング店にlaundryと併記されていれば、ワイシャツなど水洗いできる商品も取り扱っているクリーニング店ということです。

drop offには「(ものを)置いていく」という意味がありますが、drop this off at the cleanersで「(これを)クリーニング店に置いていく→(これを)クリーニングに出す」という意味でも使うことができます。「クリーニングに出す」は、他にはtakeを使って表現することも可能です。その場合、後ろに来る前置詞はatではなくtoになります。

I need to take this suit to the cleaners.

このスーツをクリーニングに出さないと。

Can you take my coat to the dry cleaners?

私のコートをクリーニングに出してくれる?

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

If we don't take this to the cleaners, the stain won't come out.
クリーニングに出さないと、そのシミは落ちないだろう

▶take ... to the cleanersは「~をクリーニングに出す」という意味です。

 

I can't get this stain out on my own, so this needs to go to the cleaners.
自力ではこのシミは取れないから、クリーニングに持っていく必要がある

▶get a stain outは「シミを取る、シミを抜く」、on one's own

は「自力で」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事