Dear B,



日本の女性達をグローバル基準へアップデートする
啓蒙型ウェブマガジン

What's New

HOW TO

国際結婚をするならどの国が正解!?

世界メンズ図鑑 -スウェーデン-

Dear B,の読者の中には「将来は国際結婚をして海外に住みたい!」と考えている女子は少なくないのでは? 男性のために海を越える国際結婚は、夢ばかりではありません。文化や価値観の違いから離婚し、帰国を余儀なくされてしまう女性も決して少なくはないのです。世界メンズ図鑑では、デートからプロポーズまで世界中の男性について、各国に暮らす国際結婚&恋愛中の人々にその国の男性の特徴をリポートしてもらいます。 今回は、スウェーデン人と交際経験があるマヤさんからスウェーデン人男性についてのレポートです。
2017.02.19

HOW TO

世界に触れてみて変わる、幸せな生き方

~健康編~

 

世界中誰もが求め、得たいと考える健康。筆者も、心も体も健康でいさえすれば、ほかには何もいらないな、と考えてしまうひとりです。それほどまでに尊く、人々に幸せを感じさせるものです。一口に『健康』といっても定義は様々。世界法顕機構(WHO)では、「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること(日本WHO協会訳)」と、定義しています。
2017.02.18

TREND

ジョージ・マイケルが発想源!?

Car pool karaokeって知ってる?

アメリカのティーンの間でいま話題のバイラル動画が、Car pool karaoke。どんな番組なのか紹介するね。1回見ると面白おかしくてハマっちゃうはず。  
2017.02.17

HOW TO

2025年までに800億ドル市場!?

VRの中に生きる人類の未来とは?

 

投資銀行のゴールドマンサックスによれば、VRは2025年までに800億ドルの産業になると推定されているんだよ。現在のVRは値段的にも一般の人はなかなか使いようが難しいけど、パソコンやスマホと同じように当たり前のものとして受け入れられるのは確実よ。Facebookのマーク・ザッカバーグもVRの可能性に賭けていて、20億ドル投資しているんだって。
2017.02.16

WORLD

ベルリン移住に必要なこと

1ヵ月で必要な家賃は約○○万円

LCCなどのローコストキャリアと呼ばれる格安航空会社が出現して、渡航費は過去に比べて驚くほど安くなったよね。テクノロジーの進歩により、場所を選ばず、ラップトップ1枚で仕事ができるデジタルノマドと呼ばれる人々が出現して、人類はひとつの場所に縛られる時代に終わりを告げようとしているように感じるわ。今後この流れは、テクノロジーやグローバリゼーションの加速と正比例して、人類が今までにない大移動の時代を迎えるのではないかと予測されているの。そんな新しい時代を賢く生きるために、海外移住に必要な知識を、実際にその国に暮らす人々に聞いてみたの。国ごとに順次に紹介していくから、あなたに合ったデスティネーションを見つけてみてね。
2017.02.16

WORLD

喋り方が違う? 服装が違う?

イギリスの階級制度ってどうなってるの?

イギリスはかつて階級制度が存在していたよ。今日の多文化主義と経済システムの変化によって徐々にこの制度は目立たなくなっているけど、未だに身分制度の体質が残っているんだ。映画『タイタニック』を観ると、イギリスでは身分の違いによって暮らしぶりや服装が全然違うことがわかるわ。
2017.02.15

HOW TO

今アメリカで一番イケてる職業は?

欧米就職&転職の今

「新しい自分になりたい」と思った時に考えるのが、転職だよね。ステップアップするためには転職市場が今どうなっているのか知ることが大事。欧米ではどのような転職シーンになっているのか紹介するね。
2017.02.15

HOW TO

女同士の嫉妬の嵐!!

マウンティングって海外にもあるの!?

マウンティングとは、「自分の方が上の立場」ということを相手に知らしめて優越感を得ること。日本ではよく、学歴、夫の収入、住んでいる場所、乗っている車、持っているバッグなどで格付けしてマウンティングをしかけてくる女子がいるけど、個人主義の海外もそういう風潮があるのか気になるよね?
2017.02.14

HOW TO

PMSによる米経済損失は年間1兆円! 

生理前のイライラが全てを壊す!? 

生理前になると憂鬱な気持ちになったり、イライラ当たってしまったり、身体がダルくなる子はいない? それってPMSかもしれないよ。自覚して正しく対処すれば生きやすくなるわ。
2017.02.14

HOW TO

長時間労働なのに生産性が低いのはなぜ?

ここが変だよ日本のワーキングカルチャー

外国と比べると真面目で勤勉なイメージのある我が国日本。外国人はわたしたち日本人の仕事ぶりをどう思っているんだろう?
2017.02.13

TREND

業界関係者も注目!

海外のホットなWebメディア8選

みんなは普段、どんなWebメディアを見てる? ボーっとSNSをするのもいいけど、英語のWebや英語の音楽を聴いて勉強するのもオススメだよ。それに、日々更新されるWebメディアをチェックすれば、新しいインスピレーションや日々のマンネリもきっと解消されるわ。
2017.02.13

TREND

トランプ政権に反旗を!? 

ウィメンズマーチってどんなデモ?

1月下旬、インスタやFacebookにアップされたプラカードを持ったピンクの集団。アメリカをはじめ諸外国では、ウィメンズマーチという権利デモが行われたの。何を目的に行われたものだったのか知っておこう。
2017.02.10

HOW TO

キューバ革命の父フィデル・カストロは

キューバに何をしたのか?

フィデル・カストロといえばチ・ゲバラと共にキューバを革命に導き、2008年まで国家の最高指導者として君臨したキューバ社会主義の父として知られるけど、社会主義国であることや去年国交が回復されるまでアメリカの目の敵だったこともあって独裁的なイメージを抱いている人も多いんじゃないかしら? 実際フィデル・カストロとはどういった人物なのか、キューバに何をしたのか見ていこう!
2017.02.10

WORLD

アメリカファーストの暴走が止まらない!

ドナルド・トランプの政策をおさらい

トランプが大統領に就任してから、アメリカのみならず世界中でトランプの言動に注目が集まっているよね。トランプが恐ろしいのは、口で言うだけでなく、実際に行動に移してしまうこと。オバマ政権が積み上げてきたものを簡単にひっくり返すような暴走はまだまだ続くのか!?
2017.02.09

HOW TO

世界に触れてみて変わる、幸せな生き方

~家族編~

日本では『家族』というのはどういったものだと考えられているでしょうか?男性にとっては、外で一生懸命働いて成果を出すための安住の場所。女性にとっては、仕事として家政を守っているというのが一般的でしょうか。基本的に、親として、子供としてそれぞれの立場からみても、円満な家族生活を作り上げるために励むという根本的な部分はあります。しかし現状として仕事が忙しすぎて家族と過ごす時間が少なかったり、子供の世話に追われて夫婦の時間が取れず不仲に、という本末転倒な事態に陥っているパターンも多くみられます。それぞれの家族や、例えばその家のお母さんが悪い、子供が悪いというような個人単位の問題ではなく、そうでもしないと生活ができなかったり、すぐにインターネットで叩かれるというったような風潮を持つ社会に問題があるのだと思います。今回は、筆者が世界中を渡り歩いて見てきた家族の在り方をご紹介します。どの国が良いとか悪いとか、そんな事ではなく、いつかあなたの作り上げた家族の歯車がうまく動かなくなってしまった時に、なにか改善のヒントになったらいいなと思います。
2017.02.09

HOW TO

キューバ観光スポット完全ガイド

ー世界遺産の街トリニダー編ー

トリニダは植民地時代の建築物が完全に保存されているため、街全体が18世紀にタイムワープしたかのよう。世界遺産にも認定されていて、大邸宅や教会などの建物のほとんどが、砂糖と奴隷取引によって繁栄した頃の面影を残している異国間満載の雰囲気なんだ。
2017.02.09

TREND

大本命はラ・ラ・ランド!?

第89回アカデミー賞候補作品はこちら!

この時期になると、ハリウッドのゴシップはアカデミー賞の話題で持ちきり! 先日、ノミネート作品が発表されたので、当日までに注目株を予習しておこう。
2017.02.08

HOW TO

職業選択、給与、配給、教育…… 

キューバの社会主義ってどうなってるの?

今ではデスティネーション先としてキューバに旅行に行く人も増えているけど、2015年にオバマ大統領との話し合いが行われるまでアメリカとキューバは国交を断絶していたよ。これまでの社会主義国キューバをざっと紹介!
2017.02.08

WORLD

ミャンマー料理は日本人好み!

現地で食べたいミャンマーフード5選

ミャンマー料理と聞いて、思い浮かぶ料理はいくつあるでしょうか。正直、私は渡航前にはほとんどミャンマー料理を知りませんでした。日本には中華料理やタイ料理、インド料理など多くのアジアンフードのお店がありますが、ミャンマー料理店は数少ないため、なかなかミャンマー料理に精通することは難しいのが現状だと思います。しかし、実際にミャンマーへ訪れ現地の食事を食べて感じたことは日本人の舌に合う料理が多いということです。私はこれまで約40ヵ国を訪れ、様々な国で現地の料理を食べてきましたが、ミャンマーではローカルなお店でも十分美味しい料理を味わうことができるため、観光地と合わせて食事もミャンマー旅行を充実させるポイントになると思います。そこで、私が実際にミャンマー現地にて食べた料理の中で、お勧めしたいミャンマー料理5選をご紹介します。
2017.02.07

HOW TO

キューバ観光スポット完全ガイド

ーキューバの首都ハバナ編ー

コロニアルな建築が立ち並び、かわいらしいクラシックカーが行き交うキューバ。革命、葉巻、モヒート、陽気な音楽などが街中にあふれる魅力的な国よ。観光では、そんなキューバ独特のカルチャーを堪能しよう!
2017.02.07