毎日Eトレ!【972】一番近い両替所はどこにあるか教えていただけますか?

デイビッド・セイン先生が教える
空港のフレーズ

 

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「一番近い両替所はどこにあるか教えていただけますか? 」「A:一番近い両替所はどこですか? B:一つ下のフロアにあったと思います」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Excuse me, but could you please tell me where the nearest currency exchange counter is?
B: Sure. There is one on the floor below us.

A: すみません、ここから一番近い両替所はどこにあるか教えていただけますか?
B: ええ。下のフロアにありますよ。

 

空港内で外貨に両替したいときの英語表現

海外の空港で両替所の場所を尋ねたいときの英語表現です。「両替」は英語でcurrency exchangeですが、change moneyでも通じます。実際に両替する際によく使われる会話例を確認しましょう。

 

I want to exchange Japanese yen for US dollars.

(日本円をアメリカドルに両替したいのですが)

 

How much money would you like to exchange?

(いくら両替しますか?)

 

One hundred thousand yen into US dollars."

(10万円をアメリカドルに両替します)

 

どうしてもexchangeという単語が出てこなければ、窓口でお金を差し出しながらI want to turn this into Euros. / I want this in Euros. (これをユーロに換えたいんです)と言って切り抜けましょう。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Where is the nearest currency exchange kiosk?
B: I believe it's one floor down.


A:一番近い両替所はどこですか?
B:一つ下のフロアにあったと思います

▶I believe...はI think...のように「~と思う」という意味でも使います。前者は、より確信度が高い場合や根拠がある場合に用いることが多いです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧 連載トップへ

続きを見る >>

おすすめ記事