毎日Eトレ!【296】時差はどれくらいある?

旅行・留学
時差のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? そんな疑問に思う瞬間、ありますよね。毎日Eトレ!では日常で使えるフレーズをテーマごとに紹介して解説します。またこの他にもこう言える、というバリエーションも紹介するので早速会話でしゃべって使えるようになりましょう。

What is the time difference?

時差はどれくらいある?

 

時差についての尋ね方いろいろ&返答はこう言おう

海外、特にヨーロッパ圏やアメリカ大陸に行ったりすると気になるのが大きな時差ですよね。時差を気にしながら日本へ連絡したり、逆に仕事では相手の国の時差を気にすることがあると思います。
時差を聞きたい場合、一番簡単なフレーズが、What is the time difference?「時差はどれくらい?」と言うことができ、「時差」はそのまま直訳のイメージでTime differenceと言います。

具体的に、A国とB国の時差を知りたい場合は、What is the time differenceの後にbetween A国 and B国と付けて、What's the time difference between France and Japan?「フランスと日本の時差はどれくらいですか?」と聞くことができます。

逆に時差を聞かれたら、France and Japan have 7 hour difference.「フランスと日本は7時間時差があるよ」と答えることができます。

下に紹介している例文では、”日出づる国”日本がその他の国に比べ時差的に先に進んでいることがわかっている状態でのフレーズとなり、beyondやbehindといった前置詞を使ったものを紹介しています。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

How many hours is France behind Japan?

フランスは日本から何時間遅れているの?

 

Japan is way beyond the U.S in terms of time difference.

日本はアメリカと比べて、時差はかなり先に進んでる

 

 

ライタープロフィール●Cinnamon Roll

高校で米国へ留学し、外語大で英語を専攻。卒業後に日本のメーカーで海外営業を担当し、その後外資系メーカーでキャリアを積み、現在は語学研修コンサルタントとして活動。これまでの経験を生かし、日常英語に加え、グローバルビジネスでも通用する英語も少しずつ紹介していきます。

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | セブ留学  ・  体験レポート  ・  DMM英会話  ・  大学生  ・  クチコミ  ・  語学学校  ・  奨学生  ・  IELTS  ・  語学学校情報  ・  ミツミ電機  ・  CUE留学プログラム  ・  QQイングリッシュ  ・  TOEIC  ・  大人&大学生  ・  セブ島留学  ・  PR