毎日Eトレ!【138】便利なa bitを
使ってもっとネイティブっぽい英会話に

bitの使い方マスターしよう

ネイティブの会話にはよく “a little bit”などbitという語が登場します。英語の教科書ではなかなか目にしないこの語は、実際の会話でどのように使ったらよいのかをご紹介します。

bit

だけ

 

解説 

 先に例文を見てみましょう。

<例文>

I helped Tom’s homework just a little bit.

トムの宿題、ほんのちょっとだけ手伝ったよ

 

 例文からも分かるようにa bitがなくても十分意味は通じます。それではなぜ、このa bitが必要なのでしょうか。それはbitにはちょっとだけ、の「だけ」と強調する役割があるからです。

 ちなみにロンドンでは実際にbitを使った、See you in a bit.「じゃあまたね」という表現を耳にして、なるほどー、と感心しました。

 よく日本ではSee you.「また会いましょう」で使われることの多い表現ですが、これにin a bit「ちょっとの間に」が入ることで、またすぐにあなたに会いたい、離れている間はちょっとだけだよね、という好意的な意味合いが含まれます。これは家族間でもよく使われていて、日本でいうと「いってきます」に近い表現になるかもしれません。

 

他にもいくつかbitの使用例を紹介します。

 

A bit of「ちょっとの」「ちいさな~」

I will give you a bit of advice.

ちょっとだけ忠告しておくね

 

Not a bit「全く~ではない」(否定の表現の中で)

What he said was not a bit funny.

彼が言ったことは全く笑うようなことじゃないよ

 

A bit +形容詞 「少し」「やや~」

The class was a bit hard for me.

その授業はちょっと自分には大変だった

 

 いろんなbitの使い方、覚えて使ってみましょう。

 

 

ライタープロフィール●M.K

小中時代をアメリカ、ワシントンの現地校で過ごす。帰国後ICU高校入学、都立大人文学部、途中オーストラリアのマッコリー大学へ交換留学。現地での専攻は英語科教授法、多文化多言語教育。10年間働き、大学院修士課程卒業。現在は応用言語学、モチベーションの研究に携わっている。

 

 


おすすめ記事

2017.04.18 | IELTS  ・  セブ留学  ・  QQイングリッシュ  ・  体験レポート  ・  DMM英会話  ・  語学学校情報  ・  ミツミ電機  ・  語学学校  ・  PR  ・  セブ島留学  ・  CUE留学プログラム  ・  クチコミ  ・  TOEIC  ・  奨学生  ・  大学生  ・  大人&大学生