毎日Eトレ!【269】もっと気づかってもらいたかった

結婚、恋愛のフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? そんな疑問に思う瞬間、ありますよね。毎日Eトレ!では日常で使えるフレーズをテーマごとに紹介して解説します。またこの他にもこう言える、というバリエーションも紹介するので早速会話でしゃべって使えるようになりましょう。

I wanted you to be more considerate of my feelings.

もっと気づかってもらいたかった

 

英語にはない「気をつかう」はこう言おう 

「気づかい」や「気をつかう」というのは非常に日本的で、英語の直訳はありません。日本語で言う、「空気を読む」ということでもあると言えると思いますが、その概念がない国々の方からすると、自己主張しない側に問題がある、ともなり得ます。

パートナーや人間関係でこの壁に当たったら、きちんと伝えましょうね。という訳で、例文の説明です。
considerateは「思いやりがある」と言う意味で、この単語を使えば日本語の思いやりに近い言葉で、「気づかい」のニュアンスを伝えることができます。considerateは形容詞で、considerと動詞を使えばI wanted you to consider my feelgins more.「あなたにもっと私のこと気づかってもらいたかった」と同じ意味でも使えます。

care aboutは「~を気に掛ける」と言う意味があり、大切に思う気持ちや、心配するような感覚で使え、thoughtfulは「気が利く」というニュアンスが入ったりします。決して高度な単語ではないので、耳にしたらその状況と一緒に覚えておきましょうね。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

To be quite honest, I wanted you to care about me more.
実を言うとね、もっとあなたに私のことを気にかけてもらいたかったよ

 

You should be more thoughtful to others.
もっと人に気を使ったほうがいいよ

 

 

ライタープロフィール●Yukari Weber

英語を母国語としない人向けの英語教授法の資格TESOL取得し、英語コーチとして大人からのやり直し英語、親子で楽しむバイリンガル子育てをサポート。自身のアメリカ留学、アメリカ人との国際結婚、二児のバイリンガル子育てなどのアメリカ実生活を通して、教科書からは学べないリアルな英語や文化の違いを伝えるとともに、学習者や海外在住者のストレスをなくし、楽しい生活を応援して行くことをミッションとしている。お笑い好き。

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事