毎日Eトレ!【290】ちょっと考えておくね!

日常会話
気の利いたフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? そんな疑問に思う瞬間、ありますよね。毎日Eトレ!では日常で使えるフレーズをテーマごとに紹介して解説します。またこの他にもこう言える、というバリエーションも紹介するので早速会話でしゃべって使えるようになりましょう。

I will think about it!

ちょっと考えておくね!

 

「ちょっと考えておくね!」のいろんな言い方を覚えて言ってみよう

普段の会話の中で、友達から何かに誘われたけど、予定がまだわからなくて即答できなかったり、もしくは行きたくなくてちょっと回答を渋ったりする時がありますよね。そんな「ちょっと考えさせて!」や「ちょっと考えておくね!」と答えたい時に便利なフレーズを紹介します。

I will think about it!「考えておくよ!」でほとんどの状況に対応できます。thinkは「考える」で、about itは「それに関して」「それについて」という意味ですが、これを組み合わせることによって、「考えておくよ!」と言うことができます。例えば、Can you come to the party this weekend?「今週末のパーティに行ける?」と聞かれて、まだ週末の予定が分からなかったり、予定はないけど実は行きたくなくてすぐに回答したくない場合に、Okay let me check the schedule and I will think about it!「分かった、スケジュール確認してちょっと考えておくよ!」という会話にも使えます。

Do you think you can give it to me?「これもらってもいい?」と聞かれた時に、実は自分のモノではなく人に許可をもらう必要がある場合などに、I will think about it!と言ったりすることもできます。

例文ではI will have a thinkとthinkの前にhave aを入れることで、「考える時間を設ける」というニュアンスも出すこともできますし、Let me think about it.と「私に考えさせて」と言うこともできます。いろんな言い方を覚えて使ってみよう。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Let me think about it!

ちょっと考えさせて!

 

I will have a think!

考えておくよ!

 

 

ライタープロフィール●Cinnamon Roll

高校で米国へ留学し、外語大で英語を専攻。卒業後に日本のメーカーで海外営業を担当し、その後外資系メーカーでキャリアを積み、現在は語学研修コンサルタントとして活動。これまでの経験を生かし、日常英語に加え、グローバルビジネスでも通用する英語も少しずつ紹介していきます。

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事