毎日Eトレ!【380】テレビの音小さいから音量上げてくれる?

日常会話

生活フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? そんな疑問に思う瞬間、ありますよね。「毎日Eトレ!」では日常で使えるフレーズをテーマごとに紹介して解説します。またこの他にもこう言える、というバリエーションも紹介するので早速会話でしゃべって使えるようになりましょう。

The TV is too quiet, can you turn it up? 

テレビの音小さいから音量上げてくれる?

 

「ボリュームを上げる」はvolume upじゃないのです

テレビなどの「音量が小さい」ことをtoo quietと言ったりするんですね。quietというのは「静かな」と言う意味なので、日本語に直訳するとtoo quietで「静かすぎる」と言うことになり違和感がありますが、英語では音がよく聞こえないときに使われる、ごく自然な表現となります。
「音量を上げる」ことをturn up、「音量を下げる」ことはturn downです。

「ボリュームを上げる」「ボリュームを下げる」と言うので、たまにvolume up / downと言っている非英語ネイティブの方を耳にしますが、英語ではこのようには言いません。ややこしいですね。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I barely hear the TV, do you want me to turn up?
あんまりテレビ聞こえないんだけど、音量上げない?

barelyはここでは「ほとんど~ない」と言う意味になります。初心者の方でなければわかると思いますが、barelyはhardlyなどと同じで否定文にしなくても(no, notをつけなくても)否定文のような働きをする語彙です。
こういった意味から、日本語では「かろうじて」「どうにか」というようにも訳されます。慣れないと使いづらいので、他に例を出すとすると、徹夜明けなどで頭がもうろうとしていたら、I am barely awake.「かろうじて起きている(ほとんど起きていない)」というように使います。

後半のDo you want me to turn it up?もそのまま日本語にすると「あなたは私に音量上げてもらいたいですか?」と訳しがちですが、そんなに突っ込んで聞いている訳でなく、ネイティブは「音量上げない? 上げようか」ぐらいのニュアンスでいます。

 

It's too loud, can I turn it down?
うるさすぎ、テレビのボリューム下げていい?

▶これは反対のシチュエーションにしてみました。「毎日Eトレ! 370」でnoisyとloud「うるさい」の説明をしましたので、いい復習になりますね。

まだ違いを把握できていない方はチェックしてみてください。

 

 

ライタープロフィール●Yukari Weber

英語を母国語としない人向けの英語教授法の資格TESOL取得し、英語コーチとして大人からのやり直し英語、親子で楽しむバイリンガル子育てをサポート。自身のアメリカ留学、アメリカ人との国際結婚、二児のバイリンガル子育てなどのアメリカ実生活を通して、教科書からは学べないリアルな英語や文化の違いを伝えるとともに、学習者や海外在住者のストレスをなくし、楽しい生活を応援して行くことをミッションとしている。お笑い好き。

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事