「衣替え」「クールビズ」英語で何て説
明する? 日本文化を伝えてみよう

日本独特の文化、カルチャーを

英語で説明できるフレーズ

6月1日の衣替えで一気に涼しげな装いになった学生を街中で見かけ、夏の訪れを感じることが多いですよね。冬服が夏服に切り替わるのは、日本ではただ長袖を半袖にするわけではありませんね。また、最近では「クールビズ」なんて新しく定着してきている文化も。ここでは5つのステップの英語フレーズ集を用意しました。説明したいときのヒントとしてもお役立て下さい。

Schools in Japan have a summer uniform (Natsu-fuku) and a winter uniform (Fuyu-fuku).

Summer uniform is worn from 1st June to 30th September, and winter uniform is worn from 1st October to 31st May.Some schools vary the dates depending on temperatures but most stick to these dates to avoid confusion.

日本の学校では通常、「夏服」と「冬服」があります

夏服は6月1日から9月30日、冬服は10月1日から5月31日に着用します。気温によって異なることもありますが、混乱を避けるため基本はその日程です

 

 

2

While summer uniforms are made with washable and light material such as cotton, winter uniforms are made with wool. At the beginning of June, many people send winter uniforms for dry cleaning.

夏服は綿など洗濯しやすく軽い素材でできているのに対して、冬服は厚い素材でできているので、6月頭には毎年たくさんの人がクリーニング屋さんに冬服を持っていきます

 

 

3

Japanese companies follow the practice of “Cool-biz” which allows businessmen to be jacket and tie-free at their offices.

企業では「クールビズ」制度が多く取り入れられていて、ジャケットやネクタイを省いて出勤して良いというものです

 

 

4

Cool-biz normally refers to dropping the jacket and tie.  Although there are some companies that employees options to wear Kariyushi-wear (Okinawan-style shirts), Hawaiian shirts or polo shirts and chino-pants.

クールビズは基本的に、ビジネスシャツとスラックスでの通勤を指しますが、近年ではかりゆしウェアやハワイアンシャツ、ポロシャツとチノパンでの通勤も良いとする企業も出てきています

 

 

5

People also go through their closets and pack away winter clothes away, as well as change over to summer beddings.

家庭では、たんすやクローゼットの中身を厚手の冬物から夏物に交換し、布団も薄手のものにします

 

 

 

ライタープロフィール●Yurika L Fabre

結婚して10年目を迎えたオーストラリア人の夫と、ハーフの子どもたちと都内在住。アメリカ留学やひとり縦断旅、オーストラリアでのワーキングホリデーや大学生生活、仕事を経て学んだ文化や言葉の違いの面白さについて発信している。

 

 


おすすめ記事

2017.04.18 | 体験レポート  ・  ミツミ電機  ・  大学生  ・  クチコミ  ・  語学学校情報  ・  奨学生  ・  セブ島留学  ・  PR  ・  大人&大学生  ・  CUE留学プログラム  ・  QQイングリッシュ  ・  セブ留学  ・  TOEIC  ・  語学学校  ・  DMM英会話  ・  IELTS