大学生が語学学校や私立専門学校を視察
アートな国、ニュージーランド留学

アート好きな女子大生が注目する

オークランド留学の魅力とは!?

今注目のニュージーランド留学。今回は、ニュージーランド航空よりご協力をいただいて、ニュージーランド大使館エデュケーション・ニュージーランド(以下ENZ)×Cheer up! Englishが企画し、大学生のスチューデント・アンバサダーがみなさんを代表して、ニュージーランド留学の最新情報とその魅力を取材。(関連記事リンク:ニュージーランド留学の魅力をレポ! 大学生スチューデント・アンバサダー発表)スチューデント・アンバサダーに任命された女子大生が彼女たちの視点でニュージーランド留学を紹介してくれます。

紹介してくれた学校は、10月8日(日)六本木アカデミーヒルズで開催されるニュージーランド留学フェアに参加しますので、各学校の担当者と直接交流できる機会もお見逃しなく!

スチューデント・アンバサダー 東美結さん (中央大学 4年生)

 

前回の記事はこちら! ▶ スチューデント・アンバサダー決定!

 

鐘ヶ江愛さんの体験レポートはこちら!

 

年に1度! ニュージーランド留学フェアはこちら >>

 

 

エアラインに特化した私立専門学校
New Zealand School of Tourism
(ニュージーランドスクール・オブ・ツーリズム)

英語力を上げながら、本気の“エアライン留学“に挑戦したいなら

航空業界において高い評価を得ている私立専門学校New Zealand School of Tourism(以下、NZST)の最大の魅力は、学校の持つネットワークと学びの環境です。

NZSTは各国の航空会社とのコネクションがあります。そのためNZSTは生徒に合った進路(特に航空会社)へ就職を繋げやすいという強みを持っています。実際にオークランド空港でインターンをしている生徒もいます。 

およそ90%の学生の英語力を伸ばす実績を誇るNZST。語学の短期コースは3ヵ月から気軽に参加できるようなので、“エアライン留学”を本気で考えている学生にはおすすめです。

校舎の前で先生方と記念に。ガラス張りの綺麗な校舎が学校だなんて羨ましい! すぐ近くにスーパーや商業施設があります

NZSTの生徒が実際に機体の中を案内してくださいました。美人で気さくで優しくて素敵なおふたりだったなあ

 

学校に飛行機!? どこまでも実践的なことが学べるNZST

NZSTは、オークランドの中心部からは少し離れたオークランド空港のすぐ近くにあります。つまり、実際に空港に朝出勤するのと同じ感覚で学校に行くという利点があります。
そしてなんと学校に本物の機体がそのままあるのです! 実際に機体を使いながら演習ができるという実践的な授業も人気の理由です。
しかもクラス1、2と分けられているのではなく、GATE1、2と分けられていて、時間割もフライトスケジュールのように表示されていました。これは気分が上がりますね〜。

機体はもちろん実物! 安全や接客などのさまざまなことがしっかり学べます

今回なんと特別に脱出用シューターを体験させて頂きました。すみません思いっきりはしゃいでますが、命を守るためにとても大切な訓練を経験させて頂けて光栄でした!

ここが休憩室。写真撮影を快諾してくれた明るくて賑やかな生徒たち

学校には学食が無い代わりに休憩室にあるキッチンが自由に使え、みんながご飯を食べたり友人と話したり自由に過ごせます。共同で使っているとは思えないくらい、きれいなキッチン!

何より生徒と先生のお心遣いが素晴らしかったです。みなさん私たちの取材にも優しく受け応えをしてくださり、生徒のみなさんが最後にサプライズでマオリの伝統の踊りや歌、ハカやワイアタを披露してくださいました。さすが接客を教える学校、おもてなしの心で溢れていました

親子で・友だちと一緒に! ニュージーランド留学フェア >>

 

幅広い専門分野で学べる工科大学・ポリテクニック
Manukau Institute of Technology
(マヌカウ工科大学)

幼児教育やマーケティングなど異分野の専門技術がひとつの学校に

ニュージーランドの国立工科大学・ポリテクニックのひとつである、Manukau Institute of Technology (以下、MIT)。MITの最大の魅力は語学と合わせて専門技術が学べること。そして驚くべきはその分野数の多さです! 

日本では幼児教育や調理、バリスタなどそれぞれの専門学校に通わないと学べない分野から、ビジネスやマーケティング、ホスピタリティなど大学に通わないと学べない分野まで、全ての分野をこちらのMITで学ぶことができるんです。 

もちろん、突然実技の授業を受け始めるのは留学生にはハードルが高いため、最初は語学の授業を20週弱学んで、その後実技に取り組むことができるそう。留学初心者でも安心の制度ですね。

とにかく校舎が広い! 校舎が何棟もあって、小さなひとつの街のようになっています 

 

世界中から来る留学生と一緒に多国籍の環境で学べる

個人で留学を考えている人にお伝えしたいのですが、MITでは2016年には約2,000人が世界各国からひとりで留学しているとのこと。多国籍の学生が集まる学校というのも魅力ですよね。

ワーキングホリデーで滞在している日本人の生徒にもお話を聞くことができました。綺麗なキャンパスで多国籍の生徒と学ぶことができるのがとても良い経験になっているとのことでした。

また、学校は週3日ということもあって、学校がないときは友人とカフェやショッピングに行ったり、ニュージーランドの南島の方へ旅行したり、日本食レストランでバイトをしたりして過ごしているそう。

私もそんな素敵な生活送りたい……!(大声)

日本の学校とは雰囲気が違って、校内は落ち着いたインテリアです 

 

バリスタや調理、幼児教育のクラスも実践的な環境で学べる

語学や専門知識の座学だけでなく、実際に動いて学ぶ、ということを大切にしているため、実践的な設備の中で学べるのがMITの授業の大きな特徴でもあります。

バリスタクラス

バリスタクラスの教室は、コーヒーのいい香りが漂っていました。コーヒー好きにはたまりません……! 日本ではあまり聞きませんが、バリスタについて学べる学校が気軽にあるというのも海外留学の醍醐味だと思います。

本物のお店のようにカウンターがあります

豆を挽く機会もあって、本格的。「個人的に通いたいです」と伝えると先生が「待ってます」と言ってくださったので、いつから通うか只今絶賛検討中です

調理クラス

調理のクラスでも、実際にお店で働くときの接客法や調理場での動きを実践的に学ぶため、学校の中にレストランがあります。そこでは実際に調理クラスの生徒が作って、その料理を他のクラスの生徒や先生に提供しています。

調理のクラスで使うキッチンも清潔で整理整頓され、本物のレストランのようです

学校にあるレストラン。ここで食事を提供します

幼児教育のクラス

MITでは、なんと生徒のお子さんを学校にある託児所に預けられるため、小さなお子さんのいる親御さんでも安心して授業を受けることができます。
そしてその託児所(幼稚園や保育園に近い)で実際に幼児教育の勉強をしている生徒たちが子ども達のお世話をし、実習をするのです。
なんて効率のいいシステム……! 日本にもこんな学校が増えたらいいなと思いました。

クラスで授業を受けている生徒は、みんな熱心に先生の話に耳を傾けて学んでいます

生徒のみなさんと記念撮影。ありがとうございました!

ニュージーランド留学フェアで話を聞いてみる >>

 

アカデミックな環境が人気
The University of Auckland English Language Academy
(国立総合大学オークランド大学付属英語学校)

最短2週間から留学可能。TESOL資格のある講師が分かりやすく教えてくれる

世界のTOP100大学にランクインしているオークランド大学の語学学校ということもあり、講師陣の英語指導能力が卓越しています。講師全員が学位とTESOL資格(英語教師の資格)を保持していて、初めて英語圏で英語を学ぶという人にもわかりやすく指導をしてくださいます。

学校の魅力のひとつに、英語を学ぶ目的に合わせた選択科目を受講できるという点があります。コミュニケーションスキルやビジネススキル、IELTS対策などの選択科目があります。

一般英語コースなら、最短2週間から留学できます。初めての語学留学をしてみたいけど中長期はちょっと…、という方におすすめです!

案内してくれたのは日本語の勉強をしているMIKE先生。親日家が多いことも留学先として選びたい理由ですよね。とっても生徒思いの素敵な先生でMIKE先生から英語を習いたいです

スタディセンターは生徒が自由に使うことのできる自習室。DVDやCDを見たり聞いたりしながら英語を学べます 

スタディセンター内にあるKATY先生の席では、生徒の進路相談や就職相談に乗ってもらえて、面接練習や文書作成のアドバイスもしてくれます 

学校の掲示版にはワーキングホリデーの生徒向けに仕事の募集が掲示してあります

 

在籍している生徒を取材、実際のところどうなの?

The University of Auckland English Language Academyに留学中のおふたりに、実際の学校生活やニュージーランドの暮らしについてお話を伺うことができました。

 

関西大学2年 茉文さん

バスの乗り方がわからなかったとき、運転手の方が運転席のすぐ後ろの席に乗せて優しく案内してくださるくらい気持が暖かい人の多い国。学校の先生方も分からないことがあると質問に優しく答えてくださったり、不安があると助けてくれたりと、とても頼りになる優しい方々ばかりです。

 

さやかさん

レベルによって午前と午後に授業が分かれているおかげで、空き時間はスタディセンター(自習室)で勉強したり、街にお出かけをしたりと、座学の授業ばかりでなく外に出て海外留学を楽しんでいます。将来は日本の文化を海外の人に伝えられる仕事がしたいです。

2017年のニュージーランド留学フェアに行く >>

 

留学生に安全・安心なニュージーランドのホームステイ事情とは?

オークランド経済開発局の留学部門代表のヘンリーさんに、ニュージーランドのホームステイについて伺いました。ポンソンビーの住宅街にある白い一軒家がヘンリーさんのお宅。 娘さんも息子さんも人懐っこくて、すぐに話しかけてきてくれました。

ニュージーランドに滞在中は、ヘンリーさんご一家をはじめ日本という国や私たち日本人に対してとても暖かく迎えてくれる人が多いという印象を持ちました。もちろん日本人だけでなく、新しい国籍の人が来ることを拒まない国なのだと実感する機会がたくさんありました。 

さらに、ニュージーランド政府が世界に先駆けて導入した「留学生の生活保障に関する服務規程」によると、厳しい条件をクリアした家庭のみがホームステイ先として留学生を受け入れることができる制度になっています。安全が確認された家庭での滞在が保障されているので、とても安心だとお聞きしました。 

どこの学校でも、英語やこちらでの生活に慣れるためにも、留学生にはまずホームステイをすすめるそうです。この服務規程は、初めて留学を考える人にもその家族にも、安心な要素となるのではと思います。 

私自身ホームステイは経験がないので、こんなにも歓迎してくれる国があるのならば、次はぜひ、中長期かワーホリでニュージーランドに留学したいと考えています。

ヘンリーさんとその奥さん(超美人)、息子さんと娘さんの4人家族

広いリビングルーム、庭とテラスのある素敵なおうちでした

娘さんのお部屋。ホームステイではこんな素敵なお部屋に滞在したいですね  

親子で友だちと一緒に!ニュージーランド留学フェア >>

 

フォトジェニックでおしゃれ!
絶対食べたい、おすすめのニュージーランドグルメ

オークランドに行ったら絶対おすすめの、とっておきのグルメスポットを紹介します。短い旅行で行くときにもおすすめなので、ぜひ行ってみてください! 

ラム肉と地ビールが絶品♪
Federal Delicatessen(フェデラル デリカテッセン)

LAMB & VEAL MEATBALLSを注文しました。こちらはラム肉と仔牛肉のミートボールにマッシュポテトを添えたもの。実は私ラム肉の独特の香りが少し苦手だったのですが、店員さんのおすすめということで、最近ニュージーランドでじわじわ人気が出ているという地ビールと一緒に頂きました。
しかしラム肉のこの独特の香りが地ビールに……合う!!!
冬ですがテラス席で食べたい、と思いテラス席で頂きました。冬のおしゃれストリートのテラス席、ブランケットで暖を取りながらいただく料理は最高でした!

塩胡椒の絶妙な味付けと、地ビールのほろ苦さが絶妙にマッチしていました

絵になるFederal Delicatessenの看板

こちらが店内の様子。おしゃれで落ち着いた雰囲気がステキ

 

シャッターをどこで切っても絵になる、クイーンストリート

オークランドは、クイーンストリート沿いは勿論、クイーンストリートから一本小道に入ると隠れ家的なおしゃれなレストランやカフェでいっぱいの街なんです。ただベンチに座って写真を撮るだけでも絵になるので、撮影を楽しむには最高におすすめの街です。
次に行くときにはもっといろんな“隠れ家”を探したいな〜。

おしゃれな街並みを眺めながらおいしい食事をいただきました 

 

ニュージーランド留学フェアで学校に直接聞いてみよう >>

 

オークランドの朝ごはんに一度は訪れたい
Grand Mercure Auckland Hotel
(グランド メルキュール オークランド)

私のイチオシはGrand Mercure Auckland Hotelでいただくことができる朝食です。こちらはビュッフェ形式でこだわりの朝ごはんをいただくことができます。

ニュージーランドではエスプレッソ+湯をロングブラック、ショートブラックといい(エスプレッソの濃さで違う)、エスプレッソ+泡なしミルクを加えたものを、フラットホワイトと言います。
こちらのホテルのコーヒーメーカーではもちろんどちらも頂くことができます。朝からホテルでいただくコーヒー、おいしかったなあ。

ビュッフェ形式で朝からおいしい食事をペロリと食べてしまいました

このエスプレッソマシン欲しい! 私はいつもブラック派なのでロングブラックをいただきました

なんとドーナツやパンも一部がグルテンフリー。チョークでグルテンフリーの表示があるだけなのになんだか愛らしいですよね

フルーツや野菜などもいただけます

 

ニュージーランドの発酵食品に挑戦!

そしてニュージーランドに行くならこれを食べておけ! と言われているVEGEMITEとMarmite。VEGEMITEはオーストラリアで生産されている発酵食品で、黒いジャムのようなもの。パンなどに塗っていただくそう。そしてニュージーランドで生産されているのがこちらのMartmite。どちらもミニサイズをこちらの朝食で試せたのでチャレンジしたのですが……。癖が強すぎるビーフジャーキーのような味がしました……。
まだまだニュージーランド通にはなれないようです。ぜひみなさん挑戦してみて欲しいです。

百聞は一見に如かず、ぜひ挑戦してみてください 

10月のニュージーランド留学フェアに行って話を聞く >>

 

ぶらりオークランド散歩におすすめ
おしゃれ観光スポット

観光の合間に訪れたい休息スポットや、ローカルにも留学生にも人気の複合施設をご紹介。オークランドに行ったらマストですよ。

オークランドのおしゃれなカフェ
Remedy Coffee(レメディコーヒー)

こちらはオークランドにある素敵なコーヒー屋さん。ニュージーランドはコーヒー屋さんが本当に多くて、日本でいうコンビニ並み、いやそれ以上に街にコーヒー屋さんが溢れています。本当ですよ!

店内は昔のゲーム機が置いてあったり、おしゃれだけどどこか落ち着く喫茶店のようなお店でした。
ニュージーランドに来たらぜひいろんなコーヒー屋さんを回って欲しいですが、少し時間に余裕があるようなら、お気に入りのお店を見つけて少しの期間常連になってみる、というのもおすすめです。
Good morning! の挨拶で、いつものコーヒー屋さんから毎日が始められる留学生活なんて素敵だと思いませんか?

Mochacinoを注文。ほろ苦いチョコレートとミルクがコーヒーの香りを良く引き立てていました

落ち着く喫茶店のようなカフェですよ 

ニュージーランド留学フェアで学校に直接聞いてみよう >>

 

アーティスティックなアイスクリームは○○○○フリー!?
Giapo(ジアポ)

こちらは巷で話題のアイスクリーム専門店Giapo。ニュージーランドといえば! のアイスクリームを作りたいという熱い想いを持つ、Giapo氏が生み出したアーティスティックなアイスクリームなんです。これ、もちろん全部食べられます。
かわいいし、おいしそうだけどちょっとカロリーが高そう…、と思ったそこのあなた。朗報です。実はメニューほぼ全てがグルテンフリーなんです。フォトジェニックでおいしくてグルテンフリーなんて…! そんなおいしい思いができてしまうこちらのお店。こちらもオークランドにあるのでぜひ足を運んでみてください。

まるで美術館? どこから食べるか迷います

ハートが割れたデザインのアイスクリーム。友達やカップルでふざけて写真を撮り合って食べたら絶対楽しい思い出を残せますよね!

店の外観もちょっととんがっている印象です

ニュージーランド留学フェアで学校に直接聞いてみよう >>

 

スポットポンソビーの注目スポット
PONSONBY CENTRAL(ポンソビー セントラル)

こちらは最近できたばかりというポンソンビーにある複合商業施設。お花屋さんや雑貨屋さん、カフェやレストラン(イタリアンや中華、和食もありました)など多くのお店が並んでいます。
友人と何を食べるか迷って決められなかったときはとりあえずここへ向かってみましょう。「あ! ここいいかも!」とみんなで楽しめる素敵なお店に出会えるはずです。 

こちらが外観 

花屋なども入っています 

床屋さんもあるので、ここに来れば何かあります

テラス席がすてきなレストランも

 

ニュージーランド留学フェアで学校に直接聞いてみよう >>

 

羽田―オークランド直行便のニュージーランド航空で快適過ぎる空の旅

実は私、ニュージーランド航空初体験だったのですが……。ニュージーランド航空の快適さ、最高すぎました!
まず日本人の客室乗務員がいるというだけで安心なのですが、もちろん座席の前のディスプレイも日本語対応。邦画も揃っていました。

そして驚きなのは、ニュージーランド航空ではニュージーランド産のワインをエコノミークラスでも無料で楽しめるんです。種類も赤白数種類にあわせてスパークリングも取りそろえてありました。

私は白のシャルドネを頂いた後、映画を見ながらスパークリングを頂きました。タッチパネルから注文をし、席まで運んでもらえます。なんて贅沢! 行きの飛行機なら、お土産に買うワインの目星をつけることもできますよね。

こんな幸せな空の旅が味わえるのもニュージーランド航空ならでは。長時間のフライトもあっという間でした。ワインが好きな人にはおすすめです。

帰りは羽田着の後、終電で家に帰ることができました。都内からのアクセスがいい羽田空港から利用できるというのも大きな魅力ですね。最高の空の旅でした。

機内はパープルのライト、さらに客室乗務員さんの制服もパープル。かわいかったなあ

夕食は、唐揚げ焼肉ソースがけ(またはビーフシチュー)、温野菜、明太子ポテトサラダ、ルヴァン、kiri、パン、イチゴのムースケーキ

朝食はスクランブルエッグwithチーズ・ベーコン・ポテト(または鮭とゆかりのお粥)、フルーツ、ヨーグルト。スクランブルエッグwithチーズは絶品でした!

ニュージーランド留学フェアで学校に直接聞いてみよう >>

 

取材した学校も来日! ”年に1度のニュージーランド留学フェア”が開催

今回見学させていただいた全ての学校を含め、たくさんの現地の学校が、今年2017年10月8日()「エデュケーション・ニュージーランド主催、ニュージーランド留学フェア」に来日・参加します!

 

2017年10月8日(日)

時間:13:00-17:00

会場:六本木アカデミーヒルズ

東京都港区六本木 6-10-1 森タワー49階

 

今まで以上に充実した、内容盛りだくさんのニュージーランド留学フェアの魅力

  • ニュージーランドの国内各都市から世界トップクラスの幼稚園、小・中・高校、大学、英語学校、地域教育団体など40校以上の担当者が来日!
  • ニュージーランドへの留学を目指す学生やご父兄のために、詳しい情報提供や個別面談のほか「留学ガイダンス」「トビタテ留学の事例紹介」「大学進学ガイダンス」に関するセミナーも同時開催
  • 大学留学を考えるあなたへ!教育の質を保つために国内に8校しかない国立の総合大学から7校の留学担当者が来日
  • スポーツ大国ニュージーランドならではのラグビーと英語学習を融合した政府公認留学プログラム「Game On English」もご紹介します。
  • 当日会場ではニュージーランド産のクッキーとコーヒーも先着順でプレゼント!
  • 事前登録して当日来場した方の中からニュージーランド航空往復チケットが当たるキャンペーンも実施! 来場者全員にニュージーランドのオリジナル・エコバッグもご用意しております。

 

今回取材した各学校を始め、ニュージーランド留学に興味を持って下さった方は、当日各学校のブースで直接、学校・留学の詳細を聞けるチャンスです。

参加申し込みは下記の特設サイトから! ぜひご家族やお友だちも誘ってお気軽にお越し下さい!

 

ニュージーランド留学フェア特設サイト

 

エデュケーション・ニュージーランド公式ウェブサイト 

 

エデュケーション・ニュージーランド公式Facebook

 


おすすめ記事

2017.04.18 | 大人&大学生  ・  体験レポート  ・  セブ留学  ・  大学生  ・  QQイングリッシュ  ・  語学学校  ・  ミツミ電機  ・  TOEIC  ・  語学学校情報  ・  DMM英会話  ・  CUE留学プログラム  ・  セブ島留学  ・  IELTS  ・  PR  ・  クチコミ  ・  奨学生