AEON、AIを用いた「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を共同開発

AIを用いたノンネイティブの英会話スキル評価技術の共同研究により「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を共同開発 ~2019年1月より生徒専用の自宅学習サポートサイト「イーオン・ネット・キャンパス」に順次実装~

英会話教室を運営する株式会社イーオンと株式会社KDDI総合研究所は、AIを用いた英会話スキルの評価システム「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を共同開発したと発表しました。

このシステムは、生徒専用の自宅学習サポートサイト「イーオン・ネット・キャンパス」内にて、生徒が音読する音声を収録し、それに対してAIが自動評価をする「発音診断」コンテンツとして、2019年1月より一部コンテンツでサービス提供予定となっている。

イーオンの三宅義和社長はイーオンがKDDIのグループ会社となることで、「教育」+「ICT(Information and Communication Technology)」による「EdTech」の推進を加速することが可能になったと語った。今回の発音自動評価システムはその第一弾となる。

  

 

発表会では、ネイティブスピーカー、英語上級者、英語初級者の発音を評価するデモを行った。
指定された文章ではネイティブスピーカーは高得点を取ったのに対し、

初級者は36点という結果に。
写真の評価はイントネーション、リズム、発音の正確さとなっているが、技術担当の方に話をうかがったところ、単語レベルでの分析を行い、マッチングを行っているとのこと。また文章全体の抑揚なども分析し点数化しているとのことで、リリース時にはさらに細かい評価が表示されるかもしれない。

 

発表会には実際に動作するデモシステムが用意されており、記者も体験してみた。「How was your weekend ?」という文章が最初に用意されており、マイクに向けて発音してみた。発音後、5秒ほど待つと結果が表示される。なんと、82点。

あまり発音が得意ではないのだが、たまたま機械に気にいられたのだろうか…次に少し発音が難しい文章の「Her personality is the same.」という文章を試してみたが、52点の結果に…ただこのように点数化されると面白く感じるのか、次は高得点を取ろう、という気持ちにさせられる。実際のリリースが楽しみだ。


おすすめ記事