毎日Eトレ!【338】スキーに連れて行って欲しいな!

レジャー・遊び

ウィンタースポーツのフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? そんな疑問に思う瞬間、ありますよね。毎日Eトレ!では日常で使えるフレーズをテーマごとに紹介して解説します。またこの他にもこう言える、というバリエーションも紹介するので早速会話でしゃべって使えるようになりましょう。

I want you to take me to a ski area! 

スキーに連れて行って欲しいな!

 

「スキー場」「スノーボードに行く」は英語で何て言う?

冬と言えばウィンタースポーツですが、スキーやスノボは幅広い世代に人気のスポーツ。「スキーに連れてってよ~」や「スノボ行きたくなってきた~」と、この時期によく使われる英語フレーズを紹介します。
「スキーに連れてって」は、相手に対してお願いをしている形となるので、Pleaseを最初に使います。次に動詞が来ますが、いくつかパターンがあり、takeもしくはbringが使われます。そして対象となる人が来て、最後にどこへ何をしにというパターンで文法が構成されています。
 a ski resortで「スキー場」ですが、英語なら他にも、a ski slopeやa ski areaといくつか他にも言い方がありますが、どれでも構いません。
slopeは「坂」を意味する名詞です。Please bring me to a ski slope.でも「スキー場に連れてってよ」と意味になるので表現の幅が広いフレーズです。これらは、Pleaseを使って相手にお願いをするパターンですが、こちらの意思を相手に伝えるパターンでは、主語をIにして、I want you to take me to a ski area.「スキーに連れて行って欲しい」や、疑問形にしてCould you please bring me to a ski area?「スキー場に行きたいんだけど連れて行ってくれる?」といったバリエーションでも構いません。
例文では「スキー場に行く」ではなく、「スキーをしに行く」をベースに紹介していますが、「スキーに行く」はgo skiing、「スノボをしに行く」はgo snowboardingと言います。
物理的にその場所に行くのと、この場所で行う行為では若干フレーズが変わるので、覚えておきましょう。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Can you take us to a ski slope next week?
来週スキー場に連れてってくれるかな?

 

I feel like I want to go snowboarding this month.
なんか今月はスノボやりに行きたい気分だな~

 

 

ライタープロフィール●Cinnamon Roll

高校で米国へ留学し、外語大で英語を専攻。卒業後に日本のメーカーで海外営業を担当し、その後外資系メーカーでキャリアを積み、現在は語学研修コンサルタントとして活動。これまでの経験を生かし、日常英語に加え、グローバルビジネスでも通用する英語も少しずつ紹介していきます。

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | ミツミ電機  ・  大学生  ・  CUE留学プログラム  ・  TOEIC  ・  IELTS  ・  PR  ・  語学学校  ・  奨学生  ・  DMM英会話  ・  セブ留学  ・  大人&大学生  ・  セブ島留学  ・  体験レポート  ・  語学学校情報  ・  QQイングリッシュ  ・  クチコミ