【評判・口コミ】英語コーチングスクー
ルPRESENCEの相談会に参加してみた

実際にコーチと話せるチャンス

説明会に潜入取材

最近、「英語を教える」のではなく、「英語の学習方法を教える」タイプのスクールがあるのを知っていますか? 今回はそのパイオニア的存在のPRESENCE(プレゼンス)の説明会があるとのことで、読者のみなさんに代わってクラスを担当しているコーチにもいろいろ聞いてみました。

編集部で取材したPRESENCE(プレゼンス)の特徴をわかりやすくまとめたので、ぜひスクール選びの参考にしてください。

 

圧倒的な実績を誇る、日本初の語学コーチングスクール

PRESENCE(プレゼンス)は日本で初めて語学学習にコーチングという手法を導入したことから、国内初の元祖語学コーチングスクールだと言えます。

設立から17年、卒業生は21,000人を超える実績を誇るPRESENCE(プレゼンス)。何と約5割の受講者が口コミや紹介によって入学しているそう。
紹介された人は「大変だけど、とにかく英語力をのばしたい」ならPRESENCE(プレゼンス)がおすすめ、と評判を聞いて門を叩くと言います。
このように、すでに受講している生徒が困っている知人に推薦したくなることからも、その効果が確かであることは容易に想像できます。 

エレベーターを降りると広がる、東京の景色が気持ち良いPRESENCE(プレゼンス) 


PRESENCE 公式サイトはこちら

 

英語力をのばすプロセスを現実的な目線で指導してくれる

「一生懸命トレーニングしないとのびない」というのがPRESENCE(プレゼンス)の考え方。
では一体どんなレッスンなのかと言うと、コーチングスクールなので、クラスで英語を教えることはほとんどなく、宿題とそのやり方を指導してくれるというもの。

宿題に必要な時間は、1週間で15時間~20時間程度と、ちょっと多い気もしますが、「最低限の時間を作らないと英語はできるようにならない」とはっきり謳っているところは、「英語なんて簡単」と言われるよりも信頼できそうです。
実際PRESENCE(プレゼンス)のコーチングを受けることで、生活スタイルもがらりと変えてしまうほど、時間の使い方もうまくなるそう。
2ヵ月間のコース受講中は、英語中心の生活を送る覚悟が必要とも言われ、多くの受講者がその生活を実践していることも教えてくれました。 

実際の説明会では時間の使い方など説明してくれます


PRESENCE 公式サイトはこちら

 

在籍コーチの実力・個性がきちんと見える

語学コーチングスクールで英語を学ぶとなると、どんなコーチと一緒に目標達成を狙うのか、ということが非常に重要になります。

どんなコーチが所属しているかがわからないスクールも多い中、PRESENCE(プレゼンス)ならコーチ全員のプロフィールをウェブサイトで確認することができます。
私も隅々まで見てみましたが、ただ優秀なだけでなく、さまざまなバックグラウンドを持ったコーチばかり。各業界の第一線で活躍していたコーチ陣のプロフィールは、見ているだけでも楽しいです。 

 

PRESENCE(プレゼンス)の受付。コーチの写真が飾られています


PRESENCE 公式サイトはこちら

 

コーチのクオリティーで選べば、PRESENCE(プレゼンス)

説明会では質疑応答の時間があり、コーチが直接質問に答えてくれます。
数名のコーチに相談してみましたが、とても熱心で相談者の目標に対して熱意を持って取り組んでいるコーチばかり

優秀なコーチ陣は少し相談しただけでモチベーションを一気にあげてくれたので、難しい目標達成もPRESENCE(プレゼンス)のコーチとなら前向きに取り組めそうだと思いました。
本当に英語の上達を目指したいなら、一度PRESENCE(プレゼンス)の無料の説明会に行って、実際にコーチに相談してみることをおすすめします。 

 

参加者はみんな熱心にコーチの話に耳を傾けます


PRESENCE 公式サイトはこちら

 

グループレッスンの刺激とマンツーマンのケア

PRESENCE(プレゼンス)は10名程度の受講生と一緒に学ぶグループ制
説明会では「過去に部活や仕事など、ひとりでは到達できなかった目標を、グループで達成した経験がありませんか?」と尋ねられました。

確かにひとりで黙々と取り組むより、同じ目標を持った仲間がいることで刺激をもらえるもの。グループ制はモチベーションの維持が期待できます。
ただそれと同時に、グループ制となると自分のことを丁寧に見てくれるのか? という疑問がわいてくるもの。

PRESENCE(プレゼンス)では、クラスで使用する振り返りのペーパーに不安な点や質問を記入する欄があり、コーチがクラス中やクラス前後、もしくはメールで解決をしてくれるので、マンツーマンと同様のケアが受けられます。 

 

実際のグループレッスンの様子。コーチを中心に同じ目標を持った仲間と熱心に受講します


PRESENCE 公式サイトはこちら

 

PRESENCE受講者の口コミ

TOEIC®400点 ⇒ 675点へ275点UP! 本当に2ヵ月で結果に出ました!

Y.Tさん(38歳・会社経営)

グローバルなビジネスがしたいと思いながらも、忙しさにかまけて英語学習を真面目に取り組んでこなかったのですが、ようやく重い腰を上げ、今年に入ってから勉強をスタートさせました。

この時点で、私はTOEIC®を受けるつもりもなく、英会話を上達させたいと考えていたのですが、実際はTOEIC®である程度点数を取ってから、英会話の勉強をした方が伸びるという事を聞き、一度TOEIC®を受けてみたところ、なんと400点しか取れませんでした…。知人には、サイコロを振っても取れる点数、と言われる始末です。そんな時、私はPRESENCEの存在を初めて知りました。

授業の中でとても印象に残っているシーンがあります。
英単語を覚えるのが本当に苦手で、言い訳じみた発言をした際に、「このレベルの暗記ができない人はいません、やるかやらないかだけです」ときっぱり言われてしまいました。
正直腹が立ちましたが、思い起こせば、そのひと言のおかげで気合いを入れ直すことができました。もし、「そうですね~」なんて言われていたら、生ぬるいまま終わっていたと思います。この年になってくると、あまり人にきついことを言われることも多くないので、とても刺激になりました。

独学で勉強するのは、本当に難しいことです。独学でもできる人は、すでにやっていると思います。PRESENCEでは、要領よく短期間で得点を取るためのポイントと勉強のやり方を教えてくれます。さらに、何よりも価値のあるのは、複数人で取り組む環境とコーチの導きの絶妙なバランスだと思います。もちろん、誰にでも向いている方法ではないかもしれませんが、私にとってPRESENCEのメソッドは強烈に効果を発揮しました。

 

TOEIC®805点⇒920点へ115点UP! コーチとクラスの仲間に感謝をこめて

S.Mさん(35歳・メーカー勤務)

大きな仕事も片付き、さて何か目標を持ちたい、と思ったけれども仕事に直接関係することはほんのしばらくの間は置いておきたい。そんな背景から、受け続けて10年を超えるTOEIC®に今回は点数の目標を持って挑んでみようと思ったのが、今回のPRESENCEの受講動機でした。

また、1日2時間の勉強時間を捻出するなら、今が一番良いタイミングで、今後、今よりも英語を真剣に勉強するのに適切な時期があるとは思えなかったことも大きな理由でした。

8週の間に私がやった事は、PRESENCEの教室で教えて頂いた事だけです。
そのメソッドを信じて、それ以外の勉強は試しませんでした。
900点をとるのに必要な数の単語・熟語を暗記して、文法の基礎をもう一度勉強して、決められた速読はタイムを計りながらできるようにして、といった感じで、基本に忠実に勉強を行いました。

最初の1-2週間でまず気付かされたのが、自分がいかに「なんとなく英語がわかっている状態」であるかということでした。
例えば単語1000語を覚えるという事は、確実に1000語が入っていて戦力になる状態。あやふやに知っているのとはだいぶ違います。そんな100%を徹底する勉強への姿勢を指導頂いて目からウロコの思いでした。文法にいたってはこの状況はさらに顕著で、いかに「わかっているつもり」の英語で今までやってきたかを痛感しました。

PRESENCEで勉強した事は英語だけではないと思います。言語を徹底して学ぶ過程で、勉強をする時間の作り方、自分を信じる事の大切さ、集中力を高める工夫など、たくさんの大切な事を学ばせて頂きました。

受講中は勉強に明け暮れていて、あまり具体的な自分の変化を感じる余裕がなかったのですが、2ヵ月を超えて時折変化を実感します。そんなとき、コーチと仲間の熱気がみなぎる教室を思い出しつつ、灼熱の熱風が吹き去ったあとのごとく、穏やかなそして爽やかな気持ちになります。
これからも多くの方がこの爽やかな気持ちを共有できますように。
コーチとクラスの仲間に感謝を込めて。


PRESENCE 公式サイトはこちら

 

 


おすすめ記事

2017.04.18 | 奨学生  ・  CUE留学プログラム  ・  TOEIC  ・  IELTS  ・  QQイングリッシュ  ・  クチコミ  ・  DMM英会話  ・  語学学校情報  ・  セブ留学  ・  大人&大学生  ・  大学生  ・  セブ島留学  ・  ミツミ電機  ・  体験レポート  ・  PR  ・  語学学校