子どもオンライン英会話代表対談④

サービスへのこだわり・展開について

子どもオンライン英会話業界「3社代表者様対談企画」

全5回のスペシャル連載

子どものオンライン英会話サービスは、ここ数年で大きく様変わりしようとしています。

業界最先端でサービスを提供するオンライン英会話業界の3社代表者様が、各スクールの特徴

や、気になる今後の英会話教育動向を語ってくれました。

Cheer up! Englishだからこそ実現したスペシャル対談を、全5回の連載にわたりお届けします。

「代表のお話を通じ、各スクールの特徴をみなさんにお届けすると共に、気になる今後の英話教育動向もお伝えします」

 

第4回テーマ:サービスへのこだわり・展開について

各社様々なサービスを提供されていますが、独自サービスの展開や、独自学習ツールやリアルイベントなどのさらなる発展について伺います。

 

お集まりいただいたのは下記の方々です。

Global Step Academy 代表
モントゴメリー道緒さん

レッスン形式:マンツーマン
「英語で英語を学ぶ」を実践されており、インターナショナルスクールの英語教育をオンラインで提供

LEARNie 代表
南部洋志さん

レッスン形式:グループ
少人数制グループレッスンならではの、世界中の仲間と”楽しみながら学ぶ”にこだわった独自のレッスンスタイル

GLOBAL CROWN 代表
道村弥生さん

レッスン形式:マンツーマン
専用アプリには独自のサービスが満載。希望した曜日制なので、学習の習慣が身につきやすい

 

Q:オンライン英会話レッスンを提供するうえでこだわっていることは何ですか?

LEARNie 代表
南部洋志さん

第一のこだわりは「学びを楽しむこと」。ここにはかなりこだわって、追求しています。英語は大切だからといって、無理やりやらせて嫌いになっては元も子もありません。「学ぶって楽しい!」ということを知れば、英語以外でも力を発揮してくれます。 第二のこだわりは、「良い仲間と切磋琢磨できること」。多くのオンライン英会話はマンツーマンが主流ですが、弊社はあえてグループ学習を採用しています。普段は出会わないような友達ができることで、英語力はもちろんのこと、興味の範囲や視野が広がるというメリットがあります。

Global Step Academy 代表
モントゴメリー道緒さん

弊社のテーマでもある、「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」ということには、インターナショナルスクールに通った自分の経験からも強いこだわりを持っています。英語を単なる「科目」として勉強しているのでは、本当の英語力はなかなか身につきません。 グローバルステップアカデミーでは、英語で算数やプログラミングを学ぶなど、「英語を通じて知識や教養を身につける」ということをプログラムに組み込んでいます。

GLOBAL CROWN 代表
道村弥生さん

子どもが達成感を味わうことを大切にしていますので、そのためにもレッスンを楽しく継続し、習慣に落とし込むことに注力しています。例えばレッスンを受ける時に「パソコンを起動」「レッスンの予約をする」という手間を省き、「アプリを開けばすぐにレッスン開始」「予約なしで先生と生徒をマッチング」という仕組みを取り入れ、継続しやすい環境を整えました。

 

 

Q:サービス提供に際し、教育への考え方やレッスンでの工夫を教えてください

Global Step Academy 代表
モントゴメリー道緒さん

グローバルステップアカデミーの創業者は、33年間インターナショナルスクールで教師として働いてきました。日本の英語教育に関する課題も痛いほどよく理解していますし、課題を改善するために、長年カリキュラムの研究をしてきました。
弊社はオンライン英会話にはじまり、プリインターナショナルスクール、インターナショナルスクール、アフタースクールプログラムやサマーキャンプなども運営しています。保護者の方が求めるサービスもそれぞれですから、必要とされている教育を、最適な形で提供できるようにしています。

GLOBAL CROWN 代表
道村弥生さん

グローバルクラウンは子どもが達成感を味わえるよう、子どもの好奇心をくすぐり、刺激し続ける工夫を随所に取り入れています。オンライン英会話ならマンツーマンレッスンが可能ですし、子どもが発する好奇心を常にキャッチして、自発的に学ぶ機会につなげられます。

先ほど「アプリを開発した」と言いましたが、これはスムーズに学習を進めるためにも重要なことです。せっかく勉強をしようという気になったのに、「ログインができない」「レッスンの予約ができていなかった」というような障害があると、お子さまの気持ちが一気にそがれてしまいます。保護者の方も日々忙しい中、そのようなトラブルに対処するのも大変でしょう。単にアプリが便利だからというわけではなく、継続的な学びを提供するためにも高い技術力が不可欠なのです。

 

 

Q:今後の展開について教えてください

LEARNie 代表
南部洋志さん

ラーニーは「楽しむことにとことんこだわっている」と言っていますが、理想論にとどまらないよう、当社の強みである「IT技術」を活かして、いかに楽しいレッスンを提供できるかを追求しています。例えば「レッスン中、お子さんがどれぐらい笑顔でいるか」「最も盛り上がっているカリキュラムはどれか」「グループの中でだれがどのぐらい発言しているか」というようなことを、きちんと分析するIT技術がラーニーにはあります。

例えば、表情の解析・音声の分析をすることで、「あの子は発言が少ない」というデータを先生がレッスン中にチェックでき、即時にフォローすることが可能になります。また、「このカリキュラムは笑顔が多かった」という分析結果がでれば、どんなカリキュラムが学習促進に有効かがわかります。レッスンの何が良かったかを先生にフィードバックすることで、先生自身も教え方に工夫をすることができるのです。 今後も最新のIT技術をいかしてレッスンや教師の質を高め、子どもがより楽しく学べる環境づくりを目指していきます。

GLOBAL CROWN 代表
道村弥生さん

グルーバルクラウンのレッスンはアプリを使うため、ゲーム感覚で楽しく続けられますし、アプリを改善していくことにより、インタラクティブな学習や自習したくなるようなコンテンツを提供し、お子さまが英語を楽しめる教材を開発し続けていきます。英語に限らず、他の教科が学べるカリキュラムも提供していく予定ですので楽しみにしていてください!

Global Step Academy 代表
モントゴメリー道緒さん

グローバルステップアカデミーでは英語で歴史やプログラミングを学ぶなど、英語を単なる教科と捉えるのではなく、手段として子どもの可能性を伸ばす役割りを担いたいと考えています。
これからは単に英語を学ぶということではなく、「英語で何を学ぶか」ということがより重視されてくるでしょう。お子さまがどんな未来も選ぶことができるよう、より良い教育を創り続けていきたいと思います。
インターナショナルスクールを運営している強みをさらにいかし、「日本にいながらにして外国人の子どもと出会い、共に学ぶ」ということを実現していきたいと考えています。例えば、「フランス、アフリカ、カンボジアの子どもと歴史を学ぶ」、というようなことができる日は、そう遠くありません。海外の友達ができれば大きな刺激を受けるでしょうし、世界はより近くなって、夢や将来の可能性も大きくなるはずです。

 

 

子どもの達成感、自発性、習慣づけが重要だということは、オンライン教育以外でも言える事ですが、オンラインならではのメリットがあるようです。

次回はいよいよ最終回。「オンライン英語教育の過去・現在・未来」を語り合っていただきます。

 

第1回テーマ:オンラインで英語を学ぶ最大のメリットとは?

第2回テーマ:子どもが英語学習を始める時に大切なこと

第3回テーマ:2020年、小学生の英語教科化について

第5回テーマ:オンライン英語教育の現在と未来

 

Global Step Academy 学校紹介

「Global Step Academyはオンライン・インターナショナルスクール。『英語を学ぶ』のではなく『英語で学ぶ』を実践する、インターナショナルスクールの教育をオンラインで提供しています。

5歳から12歳までのお子様を対象に、日本の義務教育を受けながら、将来的には世界で活躍できる『グローバル人材育成』を目的としています」(担当:マーケティング事業部 五月女さん)

学校詳細はこちら▶

 

LEARNie 学校紹介

「バイリンガルの講師陣による小学生向けのオンライン英語サービス「LEARNie(ラーニー)」。グループレッスンの楽しさと、オンラインの便利さを掛け合わせ、アクティブラーニング形式のレッスンを受講することができます。また、“学びを楽しむ”ことにこだわり、日本にいながら世界中の仲間や先生と楽しんで学べる英語サービスを提供します」(担当:代表取締役社長 南部さん)

学校詳細はこちら▶

 

GLOBAL CROWN 学校紹介

3歳〜12歳の子どものためのオンライン英会話GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、発音がきれいな日本人のバイリンガル講師から自宅で英会話レッスンを受けられるマンツーマン英会話サービスです。全く英語が話せない子どもでも楽しく学べると、オンライン英会話の中でも人気です。

学校詳細はこちら▶

 

取材/執筆 坂口やよい(D&Y)


おすすめ記事