MITSUMI ENGLISH CAMP 2016 
Summer セブ留学、私たちが行きます

審査を通過した奨学生の目標

と留学先の語学学校を発表!

Cheer up! Englishで募集した、MITSUMI ENGLISH CAMP! 2016 Summer の奨学生6名が決定! そして編集部で行われたオリエンでは、6名の留学先となる学校を発表しました。今回はそれぞれの留学の目標などを語ってもらいました。

彼らのTOEIC受験や留学の体験レポートは、今後Cheer up! Englishで公開予定です。短期間で英語を身につけたい人やセブ留学に興味のある人、ミツミ電機に興味がある人は必読です!

 

ミツミ電機を知ろう

 

今回の奨学生募集についてはこちらをご覧ください! 

セブにあるミツミ電機の工場。留学中には工場見学にも行く留学プログラム

  

★6名それぞれの英語の悩みや目標、語学学校を発表!★

 

★留学前TOEIC 受験当日のレポートはこちら!★ 

 

★留学前TOEIC スコア発表はこちら!

 

★奨学生の6人 2週間セブ留学体験レポまとめ★

 

★留学後TOEIC 受験当日のレポートはこちら!★ 

  

★留学後TOEIC スコアアップの理由はこちら!★

 

 

★セブミツミ工場を見学 大学生の感想は?★

 

 

  

奨学生6名が決定! Cheer up! English編集部で語学学校を発表!

書類審査と面接を通過した奨学生が決定し、去る6月18日、東京にあるCheer up! English編集部の会議室に今回のMITSUMI ENGLISH CAMP奨学生が集合しました。

今回のミッションは英語力UPとミツミ電機セブ工場の見学。英語力の向上をはかる目安として留学前と留学後にTOEICを受験し、どれだけ英語力がUPしたのか留学の成果を振り返ります。

まずは7月24日のTOEICを受験し、奨学生は一人ひとり別の学校に留学。留学中にはセブにあるミツミ電機セブ工場を見学。そして帰国してすぐの9月25日に再度TOEICを受験して英語力がどれだけUPしたのか判定します。

オリエンテーションでは、セブ島留学エージェントサイトのCebuuu!から、実際に留学する語学学校の説明やセブの生活環境などの説明が行われ、みんな熱心に話を聞きます。

ひととおり学校の説明が終わり、Cheer up! English編集部から、誰がどの語学学校に留学するのか発表されました。 

語学学校の申し込み書などを記入します 

 

 

6名それぞれの英語の悩みや目標、語学学校を発表! 

 

阿部信吾さん 秋田大学 国際資源学部2年(山形県出身)

英語レベル 英検2 TOEIC500

セブの語学学校 Bayside RPC校/General Course

 

MITSUMI ENGLISH CAMP留学プログラムの志望動機は?

海外旅行を通して外国人とのコミュニケーションの楽しさを知り、世界中の人たちとコミュニケーションを図ることができる英語力を身につけるようになりたいと思うようになりました。

旅行では日常的な会話ならある程度理解できましたが、少し込み入った話になると相手が何を言いたいのか分からないことがたびたびありました。英語を母国語とするネイティブスピーカーとの会話はさらに難しく、スピードについていけない、語彙がわからない、ということがしばしばありました。そんな中で、この人ともっと仲良くなりたい、その人のことをもっと深く知りたい、自分のことをもっと知ってもらいたい、と思ってもできない歯がゆさが募り、本気で英語を話したいと思うようになりました。

また、ミツミ電機さんは地元山形にもある企業で、地元にある企業がグローバル化の進む現代社会の中でどのようにご活躍されているのかとても興味がありました。現地では実際に国際社会の中でご活躍されている方々のお話を直接お聞きできる大変貴重な機会も準備していただけるということで、またとないチャンスだと考えて応募しました。

 

英語力向上、異文化体験、留学中はこう過ごしたい!

今回留学させていただくBayside RPC校には、インターナショナルスクールも併設されているということでしたので、現地の人と話す機会があると思います。そのような恵まれた環境のもと、積極的に現地の人と会話したいと思っています。それらの体験を通して、セブのこと、フィリピンの人のことを少しでも知ることができればと考えています。

 

留学の目標をひとこと!

とにかく英語で普通に会話ができるようになりたいと思っています。勉強第一に留学を楽しみたいと思います。

 

 

 

 

石川拓弥さん 多摩大学 情報経営学部3年(千葉県出身)

英語レベル TOEIC IP300点

セブの語学学校 First English Global College/General Course

 

MITSUMI ENGLISH CAMP留学プログラムの志望動機は?

将来海外でスポーツを通じて働きたいと考えていましたが、今年の1月に受けたTOEICの点数も基準値より低かったうえに、今年の3月カナダに留学したときに英語力不足を痛感。そんなことから今の自分の英語力を考えるととても難しいと考え、ちょうど英語の勉強をちゃんと始めようとしていた時に、友人からセブ島で2週間英語の学習ができる留学があると聞きました。セブ留学では自分を追い込む環境に身を置くことができるうえに、外国人講師から英語を教わることができて、異文化に身を置けるいい経験になると思ったので応募しました。

 

英語力向上、異文化体験、留学中はこう過ごしたい!

オリエンテーションでセブの留学の特徴を聞いて、マンツーマンでのトレーニングがたくさんできるということを改めて伺いました。マンツーマンでは先生と自分だけの助けのない状況で英語を話さなくてはならないので確実に英語力はレベルアップすると考えています。

また、勉強と同時にセブでしかできないことを積極的に体験したいと思っています。海も近いので、毎日海に行きたいくらいです。

 

留学の目標をひとこと!

今回の留学ではTOEICの点数を上げ、600点を目標にする。

会話力も向上させ会話に自信をつける。

さらに、現地の人と繋がりを増やして、セブの文化を学ぶこともひとつの目標としたいと考えています。

 

 

 

 

津田谷和英さん 早稲田大学 基幹理工学部1年(東京都出身)

英語レベル 英検2級、TOEFL ITP500点、TOEIC560点

セブの語学学校 QQ English IT Park校/スタンダードプラン

 

MITSUMI ENGLISH CAMP留学プログラムの志望動機は?

今年のゴールデンウィークに、初めて台湾に1週間の短期留学をして、現地で自分の伝えたいことを英語で伝えられないという歯がゆい状況に何度も直面しました。自分の発音に自信がないから話せない、話さないから上達しない、この負の連鎖を断ち切るためにこのプログラムに参加することを決めました。

 

英語力向上、異文化体験、留学中はこう過ごしたい!

今回の留学では、日本人が苦手としている「L」と「R」の発音の改善を図るとともに、少なくとも自分の考えをフルセンテンスで伝えられるように成長したいです。

また今回は自由に過ごせる時間が1日だけと限られていますが、その中でも南国のきれいな青い海は見たいと思っています。また食事にはその国、独自の文化が出ると考えているので、現地の食べ物を楽しみたいです。

 

留学の目標をひとこと!

英語でスムーズに意思疎通を図れるようになることです! また日本とは異なる文化を体験して、今回のメンバーの中で最年少の自分が人としても成長することです。

 

 

 

 

富家梓さん 宮崎大学 農学部 2年(宮崎県出身)

英語レベル TOEIC 650点 

セブの語学学校  CEGACebu English Global Academy)/強化コース 

 

MITSUMI ENGLISH CAMP留学プログラムの志望動機は?

私は大学卒業後に海外の大学院へ進学することを考えており、英語学習には力を入れています。具体的には、授業で学術的な英語を学びつつ、より普遍的な英語も日常生活で使うよう心掛けています。しかしながら、知識として持ってはいるものの使いこなせない単語やフレーズが多く、表現の幅が限られてしまっています。そのため、特にスピーキングに苦手意識があり、留学生の方と話す機会を持っても、自分の意見を的確に伝えられていないと感じることが多いです。この留学を通して、表現の幅を広げ、より自然な英語を使えるようになりたいです。

 

英語力向上、異文化体験、留学中はこう過ごしたい!

語学学校での授業をしっかりこなすのはもちろんのこと、それ以外にもアクティブに活動し、英語を使ってさまざまな体験をしたいと考えています。以前語学留学をした時、授業を受けるだけでヘトヘトになってしまい、実際に外に出て英語を使う機会をあまり持つことができませんでした。だからこそ今回は、以前の反省点を生かしてより充実した日々を送りたいです。特に、今回留学予定のCEGAでは、現地のブライテック大学が主催している授業を受けることができます。空き時間を利用して、現地大学生と積極的にコミュニケーションを取りたいです。

 

留学の目標をひとこと!

今回の留学では、とにかく話す力・伝える力を高めたいです。そして、使える英語の量を増やし、自信を持って話せるようになることが目標です。そのためにも積極的に行動し、生きた英語に触れ続ける2週間にしたいです。

 

 

 

 

中澤彩乃さん 日本女子大学 人間社会学部 3年(神奈川県出身)

英語レベル 英検3級(中学生の時)

セブの語学学校 QQ English シーフロント校/スタンダードプラン

 

MITSUMI ENGLISH CAMP留学プログラムの志望動機は?

昨年2年生の秋に、アメリカの発祥で表参道にオープンしたマグノリアベーカリーというカップケーキ屋さんのCEOの方に、学生記者としてインタビューする機会がありました。当然相手が話すのは英語で、通訳の方が間に入ってくださったのですが、私も受験や大学に入ってからも英語を勉強してきたつもりなのにそれを生かしきれないことに、とても悔しい思いをしました。

少しでも多く生の英語に触れて、少しでも使えるようになりたいという思いから今回の企画に応募させていただきました。

 

英語力向上、異文化体験、留学中はこう過ごしたい!

せっかく英語を話す環境に行くので、文法などももちろん大切ですが、会話の勉強もしっかりやっていきたいと思います。

また、買い物など、学校以外の場所でも生きた英語が使えるチャンスがたくさんあると思うので、怖じ気づかずどんどん英語を使うことに挑戦していきたいです。

 

留学の目標をひとこと!

留学中はとにかく英語をしゃべって、会話で使える英語を身につけたいです。

また、日本以外の国籍の子ともふれ合ったり、町を散策してみたり、異文化交流もしたいと思います!

 

 

 

夏目絢太さん(神奈川県出身)法政大学理工学部 電気電子工学科3年

英語レベル TOEIC IP 790、TOEFL iBT 77

セブの語学学校 Story Share 英語漬け校舎/1日8時間コース

 

MITSUMI ENGLISH CAMP留学プログラムの志望動機は?

先日カナダの学生とのフォーラムに参加しました。テーマは「Energy and Society」であり、エネルギー問題についてグループディスカッションをし、各班政策をひとつ提案しました。ここで、日本人とカナダ人との間で考え方が大きく違うことに気づきました。また、自分が言いたいことがあるにも拘らず、英語力の低さにより発言ができず悔しい思いをしました。エネルギー問題だけでなく、さまざまな現象に対しての取り組み方は各国で異なります。英語力を身につけると、それらを学び導入することが可能です。加えて、外国の人たちと研究や討論をする場では英語力があると自信を持って発言ができます。これらの理由より、英語を学習して社会で活躍できる人材になることを目指したいです。

 

英語力向上、異文化体験、留学中はこう過ごしたい!

今回の留学先Story Shareで英語を2週間学習します。この学校の特色は何といってもEOPが厳しいことです。EOPとはEnglish Only Policyの略で、授業のときは勿論、授業外の時間や休日さえ日本語を使うことが許されません。今回初めての留学になりますが、楽な環境とは言えません。しかし、この厳しい環境は短い期間で英語脳を鍛える絶好の機会です。勉強に力を入れる一方、時間があるときは積極的に外出しセブの文化に触れたいです。また、プログラムはミツミ電機さんの工場見学があります。世界的に活躍している企業というだけでなく、私の専攻である電気電子工学と密接に繋がりのある企業です。海外で働くことに加えて、専門的なことについて伺いたいと考えています。

 

留学の目標をひとこと!

私の強みはとてもポジティブであることです。留学中は壁にぶつかることもあるでしょうが、めげずに前向きに英語学習を頑張りたいです。そのような困難も含め、楽しみながら得られるものが多い2週間にしたいです。セブ島留学の最大のメリットはマンツーマン授業が多いことなので、発音を先生方に指導してもらい、自然に話せるような英語力を身につけることを目指します。

 

 


おすすめ記事

2017.04.18 | セブ島留学  ・  TOEIC  ・  PR  ・  クチコミ  ・  セブ留学  ・  DMM英会話  ・  CUE留学プログラム  ・  体験レポート  ・  語学学校情報  ・  大学生  ・  IELTS  ・  QQイングリッシュ  ・  奨学生  ・  大人&大学生  ・  ミツミ電機  ・  語学学校