セブ留学を成功させるために、留学前に必ず知っておきたい5つのこと 

行く前の準備だけじゃない、英語を

身につけるのに大事なのは心構え

フィリピン留学ではマニラやセブ、バギオ、クラークなど多くの地域から留学先を選ぶことができます。

マニラなら利便性、バギオなら過ごしやすさ、クラークはネイティブスピーカーの多さなどの特徴があります。

勉強とアクティビティを両立することを最優先に考えるとセブ留学が最も適していると言えます。セブは観光地としても人気が高く、観光名所やリゾートホテルが多いため、学校が休みの週末には、気軽に海のアクティビティを楽しめる環境です。

マニラに比べて治安は良く、物価も大変安いため、近年大学生や短い休暇を利用して英語を学ぶ社会人や親子で英語を学ぶ幅広い層から留学先として人気です。

ここではセブ留学を成功させるための「セブ留学を成功させるための心構え5選」をご紹介します。

その1

学校選びがキモ。英語の目標と予算を照らし合わせて学校を決めよう

セブ島には現在、多くの語学学校があります。語学学校が多いこと自体は留学生にとってはあまり問題ではなく、むしろ選択肢が多くなるため良いことです。

しかし一方で、留学生の方は多くの選択肢から語学学校を選ばなくてはなりません。

留学では、それぞれの語学学校の特徴やカリキュラムを事前に知ることがとても大切です。特に英語レベルに明確な目標があれば、どのくらいの期間でどのくらいの授業数が適切なのか、自分に向いた学校はどこなのか、選ぶのは至難の技。さらに料金の違い、食事の違い、宿泊施設の違い、多くの項目を下調べする必要があるのです。

実際には、個人ですべての語学学校の情報を収集することは難しいため、より多くの情報を持っている留学エージェントを利用すると英語学習の計画も立てやすく、留学中の心配事にもいろいろと相談できるため、初めてのセブ留学ならエージェントの利用を検討すると良いでしょう。


その2

マンツーマンレッスンは目的をしっかり持つことが重要

セブ留学の最大のメリットであるマンツーマンレッスンは、実は陥りやすい罠があります。それは、授業が恋愛話や世間話になってしまうことです。

フィリピン人先生は、恋愛の話が大好きで積極的にプライベートな話題も話してくることが多いため、雑談はあっても良いのですが、限られた時間を有効に使うために生徒が自ら本題に戻すことも大切です。

セブ留学中は1日にたくさんのレッスンがあって、特に最初のうちは精神的にも体力的にも疲労を感じるため、そんな雑談も「ちょっと楽」と思ってしまうかもしれませんが、そこは「なぜセブ留学を決意したのか」を思い出し、レッスンに集中しましょう。

雑談が多い先生は学校に言って変えてもらえるように頼むことも大事です。

また、「中だるみしてきたな」と思ったら、レッスンの最初に「今日はテキストのどこからどこをやるんですか?」「今日重点的に学べることは何ですか?」など、授業の流れを確認し、目的を明確にしましょう。

限られた時間内に多くのことが学べるよう、学校の費用に対してだけでなく、自分にも”コスパ”を求めるように頑張ることが大切です。


その3

リゾート地セブにも危険な地域があることを認識しておく

語学学校や寮にはガードマンがいて安全なセブ留学。でも一歩外に出ると日本ではあまり考えられないことですが、海外では現地の人々でもあまり足を踏み入れない地域があります。

セブのイメージは綺麗な海やきらびやかなリゾートホテルが定着していると思いますが、道を1本挟むとスラム街という場所もあります。

語学学校へ入学すると大抵の学校では初日にオリエンテーションがあり、学校の先生やスタッフから、危険な地域や対策などの説明があります。それらをしっかり聞いて危険な地域などには行かないようにしましょう。

また、セブ市内には多くのストリートチルドレンがいるため、ひとりで歩いていると囲まれてお金を要求されることがあります。

特に日本人はお金持ちとして認識されているため、狙われやすい傾向。対策として、短パンやビーチサンダルなど、現地の人と同じようなラフな服装をして、金品はできるだけ身につけないようにしましょう。

トラブルを避けるため、セブの生活に慣れていない状態の時は複数で行動するようにして、単独での行動は避けましょう。

もしお金を要求されることがあれば怖がったりせず、しっかりと「No」の意思を伝えましょう。怖がって逃げたり、意思表示しないとつきまとわれることもあります。


その4

英語が伸びていない、と感じた時、どうすればいい?

留学当初はセブ生活自体にも刺激があり、1日中レッスンを行うため、一気に英語力が伸びていると実感することができる傾向です。

しかし、特に長期の留学の場合、英語の伸びが感じられなくなってしまう時期が何度かあります。

英語力が伸びていないと感じるのは「これだけ勉強したのだから、これくらいの英語力は取得できるはず」という主観に基づいています。

けれど多くの場合、実際は努力に比例して英語力は伸びています。そのため、この時期こそ粘り強く英語学習を続けることがキーポイントとなり、英語力を伸ばすために最も重要な時期になります。

「聞き取るだけで英語が伸びる」「わずか2ヵ月でTOEICの点数アップ」など多くの広告がありますが、留学経験者として言えることは、英語は簡単に取得できません。

「英語の伸びが感じられない」と考えるのではなく、そもそも数週間や数ヵ月の留学では、いくらマンツーマンでもネイティブ並みになるのは限界があるという認識を持ちながら、自習も続けて地道に英語を学ぶ姿勢を忘れないようにしましょう。


その5

金銭面のやりとりでは間違いないか、疑う気持ちを持っておく

偽札被害やぼったくりなど、日本に比べてリスクが高くなります。

留学当初は現地の物価や状況を把握するのが難しいため、言われた通りの料金を支払うことが多いはず。しかし、日本人に対しては高額な料金を請求してくることが多いため、それに備えて、交渉力やリスク回避能力が必要になります。

気持ちの良いものではないですが、何事もまずは「疑う」ということを心がけましょう。セブの人は普段は優しく、陽気で笑顔に溢れていますが、金銭面については大変シビアな国です。

ぼったくれそうな人には、どこまでも要求してきますし、日本人はだましやすいと認識している人が多いことも事実。

留学中はトラブルを避けるために人を見極めたり、時にはっきりと相手に確認することも必要です。レシートの金額とお釣りが合っているか、時間やサービス内容が簡略化されていたりごまかされていないかなど、サービスを受ける前によく内容を確認しましょう。

 

 

格安でマンツーマンレッスンができて、さらにスキューバダイビングなどのアクティビティもできることから、留学先として魅力的な場所であることは間違いありません。

留学前にはセブ留学のメリット・デメリットと合わせて、心構えをすることでトラブルを避け、充実した留学生活を送りましょう。

 

 

 

ライタープロフィール●三浦 哲郎

「総合旅行業務取扱管理者」「総合旅程管理主任者」であり、フィリピン留学・世界一周情報サイトTabi Joy運営者。大学卒業後、オーストラリア・フィリピンへ1年半の留学を経て、海外語学学校、旅行会社、留学エージェントにて勤務。これまで約40ヶ国へ渡航しており、国や場所に左右されない生き方を実践しています。

 


おすすめ記事

2017.04.18 | CUE留学プログラム  ・  IELTS  ・  語学学校情報  ・  クチコミ  ・  語学学校  ・  DMM英会話  ・  大人&大学生  ・  大学生  ・  体験レポート  ・  セブ島留学  ・  セブ留学  ・  ミツミ電機  ・  TOEIC  ・  QQイングリッシュ  ・  PR  ・  奨学生