ネイティブに習えるのが嬉しい!!

タイ・チェンマイのお得な英語留学

2016年はタイにロングステイして

英語を勉強しよう!

タイの北部に位置する「チェンマイ」は、タイ第2の都市であり「北方のバラ」とも称される美しい古都です。前回の記事「ロングステイしたい都市ナンバー1暮らしやすい街、チェンマイの魅力」でも紹介しましたが、今ここチェンマイで熱いのは「英語留学」なんです。なぜ今“チェンマイ英語留学”が注目を集めているのか、チェンマイ英語留学の特徴と共にその魅力をご紹介して行きます。

チェンマイ英語留学が注目されている理由5つ

 

1.留学費用が圧倒的に安い

 

チェンマイ英語留学の人気の理由は留学費用の安さ! 学校にもよりますが、英語のネイティブが行う1時間の授業を、グループレッスンであれば、300円前後、マンツーマンレッスンであれば1,000円〜2,000円程で受講することができます。

 

2.生活費も格安

 

タイの物価はものにもよりますが日本の東京に比べて1/3程度と言われています。食事はローカルレストランや屋台であれば1食300円程でお腹を満たすことができます。また、家賃もお手頃。例えば、中級クラスのサービスアパートなら1LDKくらいの間取りで、月額35,000円~6万円程度で滞在することができます。さらに節約をしたい人には、格安で滞在ができるゲストハウスもあります。

 

3.講師陣は英語のネイティブスピーカー

 

チェンマイ英語留学の最大の魅力は、講師がネイティブスピーカーであるということ。チェンマイにいながらも欧米留学と変わらない環境で、格安で英語の勉強ができるということがチェンマイ英語留学の嬉しいところ。

 

4.治安も医療体制も安心!

 

チェンマイは、世界でも治安がいい街として知られています。外国人を狙った犯罪発生率も極めて低く、単身の女性でも安心して暮らせます。また、医療体制も充実しており、日本語スタッフが常駐する病院もあるので、もしもの時も安心です。

 

5.ネイティブスピーカーの友達ができる

 

チェンマイはタイの都市の中でも、外国人が多く生活する街として有名です。滞在先や街中などで、英語のネイティブスピーカーに触れ合う機会も多いでしょう。彼らと友達になって出かけるようになれば、自然に英語は身についていくでしょう。

 

チェンマイ英語留学

 

 

どんな人がチェンマイ留学をしているの?

 

就活前に英語を身につけたい学生や、キャリアアップを計りたい社会人、場所に縛られずに仕事ができるフリーランサー、チェンマイが気に入って長期滞在をしているロングステイヤーはもちろん退職後タイに移住してきたリタイアメント層まで老若男女さまざまな人がチェンマイで英語を勉強しています。また英語のレベルも様々です。最近では、お母さんと子供が一緒に留学をする「親子留学」も注目を集めています。

 

どんな留学コースがあるの?

 

学校にもよりますが、基本的に授業の取り方はフレキシブルです。ゆったり勉強したい人であれば、12時間から。がっつり勉強をしたい人であれば16時間〜8時間など個人のニーズにあわせたプランで勉強することができます。

また留学期間も1週間の超短期からの留学が可能です。また、30日以上滞在する場合であればビザの取得が必要です。

 

どんな授業が行われるの?

 

ネイティブ講師によるグループレッスン、もしくはマンツーマンレッスンが基本です。ローカルのタイ人も通っている語学学校なので、クラスメイトにはタイ人が多く、他にも韓国やロシア、欧米からの生徒と出会うこともあるでしょう。

 

 

留学費用はどれくらいかかるの?

 

40時間のグループクラスを1週間受講するとしたら授業料は12,000円。(1時間の授業300円計算) 1ヵ月なら50,000円弱。半年なら30万円。1年で60万円となります。

 

授業料と生活費をあわせた1ヵ月の生活費を想定してみると

授業料……5万円

住居費(中級サービスアパートメント)……3万円

電気・水道……4,500

食費……2万円

雑費……1万円

携帯電話……3,000

 

合計……119,500

1年間留学をしたとしても、100万円ちょっとで滞在ができるでしょう。

 

 

チェンマイの生活

 

 

1年中暖かいの?

 

1年中暖かい南国のタイですが、チェンマイはバンコクに比べると涼しい時期があり、比較的過ごしやすいと言えるでしょう。チェンマイには、暑季(3月〜5)、雨季(5月〜10)、乾季(11月〜4月)3つの季節があり、特に乾季は朝晩の寒暖の差が激しく、朝夜は少し厚手の上着が必要です。また雨季には、スコールが降るので、傘は持参していた方が良いですが、傘が役立たないほどのスコールは、のんびりと雨やどりをしながらゆったりとした時間の流れを楽しむのもタイ・スタイルです。

  

 

食べ物はどんなものがある?

 

おいしいタイ料理が味わえることはもちろんですが、チェンマイでは北部ならではのご当地料理を味わうことができます。ココナッツミルクのカレースープに麺が入った“カオソーイも北部料理のひとつ。他の都市と比べてマイルドな味付けのものも多いので、辛い食べ物が苦手な人でも安心です。

  

 

週末はどうやって過ごす?

 

チェンマイには、ワット・プラタート・ドイ・ステープなど観光客に人気の歴史があるお寺が多く、寺院巡りが好きな人にはもってこいの場所です。アウトドア派の人は、少し足を伸ばせば美しい自然があるので、週末にはトレッキングやエレファントツアーに参加してみるのがおすすめです。お洒落なカフェや雑貨屋も多いので、勉強がてらカフェ散策や雑貨屋めぐりをしてみても楽しいかもしれませんね。

 

今年こそ英語を身につけたいというあなたは、タイのチェンマイにロングステイをしながら英語の勉強をしてみてはいかがですか?

 

 

 

秘宝4.チャンタブリー

〜タイで訪れたい12の秘宝(12 Hidden Gems)をひとつずつ紹介していきます〜

アクティブな休日は「ナムトックプリウ国立公園」でトレッキング

「ナムトックプリウ国立公園は、チャンタブリー市内から車で約20分の距離にある134.5平方メートルの大きさを誇る熱帯雨林の国立公園で「プリウ滝」とよばれる滝が有名です。公園内には、1881年に国王ラマ5世によって建てられた苔の生えた神秘的な仏塔があり、地元の人々をはじめ観光客に人気のパワースポットとなっています。また、園内にはトラやクマ、シカやヤマアラシなど様々な動物も生息しています。アクティブな休日には、マイナスイオンをたっぷり浴びながらジャングルの中をトレッキングして明日への活力を養ってみてはいかがでしょうか?

 

この記事はCheer up! Englishとタイ国政府観光庁のスペシャルコンテンツです。

 写真提供(トップ&秘宝):タイ国政府観光庁

※写真はすべてイメージです

 

タイに長期滞在をしてみたいという夢を叶える!!

ロングステイフォーラム in チェンマイ 参加者募集!!

 

タイ国政府観光庁(TAT)と一般財団法人ロングステイ財団が、ロングステイヤーに圧倒的な人気を誇るタイ北部のチェンマイで2016年6月16日に第3回ロングステイフォーラム」を開催!! 

 

ロングステイフォーラムでは、実際タイに長期滞在をして生活をする際に必要な銀行、病院、不動産の情報から、現地で楽しめる語学学習、ゴルフ、料理教室などのアクティビティまで、現地のサプライヤーから詳しくお話が聞けちゃいます!! 実際にあなたがタイでロングステイをする際に、一体何が必要なのかシミュレーションができるのはもちろん、疑問や不安も全てここで解決! タイロングステイヤーの先輩達から生の声が聞けるのもこのフォーラムの魅力です。「タイに長期滞在をしてみたい」というあなたは、まずチェンマイに足を運んでこのフォーラムに参加してみて下さい! 

 

※フォーラム参加費は無料! 

参加ご希望の方は必要事項を明記し、EメールかFAXでタイ国政府観光庁東京事務所までお申し込みください。

【必要事項】

1.郵便番号

2.住所

3.氏名(漢字)

4.氏名(カタカナ)

5.電話番号とFAX番号

6.Eメール

【件名】

チェンマイロングステイフォーラム参加申し込み

【宛先】

タイ国政府観光庁東京事務所宛て

Eメール info@tattky.com 

FAX番号 03-3218-0655

 

☆ロングステイフォーラムの航空券と宿泊の手配はi.JTBが素敵!

〜現地でホテルやアクティビティも楽しみたいというあなたに〜

 

素敵ポイント☆1 チェンマイのゴージャスリゾートにステイ

 

素敵ポイント☆2 オプショナルツアーも充実

 

①スコータイ遺跡観光         ②ゴールデントライアングル1日観光

 

申し込みはi.JTBからどうぞ!

 

 

 


おすすめ記事

2016.10.27 | First English Global College  ・  大学生  ・  語学学校  ・  ミツミ電機  ・  TOEIC  ・  CEGA  ・  語学学校情報  ・  セブ島留学  ・  PR  ・  Bayside RPC校  ・  奨学生  ・  QQイングリッシュ  ・  CUE留学プログラム  ・  EF Englishtown  ・  StoryShare  ・  体験談  ・  セブ留学