旅作家 とまこさん(後編)
「旅に出ると心が自由に!」

Travelers Interview ! Vol.01
~世界を旅するおしゃれパッカー~
とまこさん

大の旅好き旅ふぇち「おしゃれパッカー部長」とまこさんのインタビュー後編。前編での“こだわりの旅仕度”や“海外でのコミュニケーション術”に続き、今回は、自身の考え方に影響を与えた旅の出来事について語っていただきました!

取材・文/甲斐真理愛(編集部)


「旅にでると心が自由に!
小さな悩みごととか、どうでもよくなっちゃう」

——とまこさん本当に旅が好きですね! 今まで何ヵ国くらい旅したんですか?


45ヵ国くらいですね〜


——45ヵ国とはすごいですね! 旅の良さってなんですか?


旅の良さは、どんどん心が自由になっていくことです!


——心が開放的になるってことですか?


とまこさん
うーん、考え方が自由になるというか。旅先でいろんな人やモノに出会うと、何が良くて何がダメって、ひとつの基準じゃ計れないってことを実感できて。なんでも見る角度によって、良いとか悪いとか違ってきますからね。例えば、ペルーの博物館にあったおバカなデザインの壷! 私、壷とか興味なかったんですけど、その壷には惹かれて。もう、デザインがお馬鹿すぎて面白いの! でも、ペルーではその壷が“超崇高なモノ”とされているんですよ。ほんと、基準ってそれぞれと思うでしょ。

——確かに、物ごとの善し悪しはひとつの判断基準じゃ計れませんね。

あとは、「できないことはない」って分かったりするのもそう。アルゼンチンに世界で一番動く巨大な氷河があって。その氷河が何千万年もの時間をかけて、ちょこっとずつちょこっとずつ湖を目指して動いていて。私、その動く氷河を4時間くらい見ていたんですけどね~。それを見ていたら、何万年かかろうと進むのをやめさえしなければ、たどり着くんだということが分かって。そういう場面を旅で見ているから信じているんだと思います。「あきらめずにやりつづければできる」って。旅からそういう考え方をもらえたんですよ。


——とまこさんみたいな体験をしていると、小ちゃな悩みとかどうでもよくなりそうです~。

そうですね。悩みはあんまりない方だとは思いますね~。旅をすると心のストックができるというか、いろんな引き出しができるから悩みにくいのかも。「自分は今、イライラしてる!」って思ったら、旅の光景が入った頭のなかの引き出しをあけてリフレッシュするの。旅に行くとそういう、日常でもリアルな追体験できる引き出しを持てるのが、スゴくいいと思うんですよ。

——心の引き出しにはどんな光景が入ってますか?

いろいろあるんですが、まだ会社員だった頃、退屈だなぁ〜と感じた時に助けられたのが、朝日で真っ赤に燃えるアンナプルナって山の光景!
ネパールで1泊200円の安宿に泊まった時に見たんですけどね、ちょうどその宿の窓からアンナプルナって山が見えて。それで、起きぬけに朝日で真っ赤に燃えているアンナプルナを見たんですよ。それはもう、すご〜くキレイで雄大すぎました! そんな光景を心の引き出しに入れて日本に帰ってきてほどなく就職。会社にいるのは、言ってしまうと退屈でした。でも、ココロの引き出しをあけてアンナプルナの圧倒的な情景に舞い戻ると、自分は広い世界に生きてるって実感できて。もう、とたんに細かいひっかかりなんてどうでもよくなって、いい気分になれるんです〜!


——う〜ん。うらやましい! 旅にでると心のキャパが広がりそうですね! なんだか私も旅に出たくなっちゃったな〜。

前編はコチラ:旅作家 とまこさん(前編)「カタコト英語でどこでも行ける!!」

とまこさん
■プロフィール
とまこ
旅作家・料理冒険家
文字と写真と絵と料理で、旅を表現するアーティスト。おしゃれパッカー部長。明治大学在学中にバックパッカーデビューし、卒業後は秘境添乗員に。気がつけば退社して南米へ。そのとき成田への道すがら入籍、後に離婚。テレビ、ラジオ、講演会などでも活躍。ヘルシー・ビューティな大豆クリーム『天才クリーム(R)』の発案者でもある。著書は、『離婚して、インド』(雷鳥社)、『気がつけば南米』(アスペクト)、『スゴイダイズのやさしいごはん』(双葉社)、『世界一周旅ごはん』(朝日新聞出版)、『旅ふぇち』(ごまブックス)、『電車でぐるっとよくばり台湾』(アスペクト)、『シンガポールへ行きたい!』『バリへ行きたい!』(メイツ出版)。現在『おむすびワールドトリップ(仮題)』を執筆中!

●『とまこTV』 http://tomako.tv/
●オリジナル楽曲PV『とまピヨ物語』
http://www.youtube.com/watch?v=KMq_99Ml6Wg
●とまこさんが住むシェアハウス『OAKHOUSE(オークハウス)』 http://www.oakhouse.jp

スゴイダイズのやさしいごはん
気がつけば南米
離婚して、インド
「旅のことを本にして、みんなに知って欲しい!」いう思いで何社も原稿を持ち込み、何度も原稿を書き直して3年。1冊目の著書『気がつけば南米』を出版後、合計8冊の本を出版したとまこさん。最新刊『毎日作りたくなる スゴイダイズのやさしいごはん』では、大塚チルド食品の大豆飲料「スゴイダイズ」から作る「天才クリーム(R)」を用いたオリジナルレシピを掲載。取材中、“天才クリーム(R)”のスイーツをごちそうになりました! おいしかった~♪


おすすめ記事

2017.04.18 | QQイングリッシュ  ・  ミツミ電機  ・  大人&大学生  ・  セブ留学  ・  奨学生  ・  DMM英会話  ・  クチコミ  ・  TOEIC  ・  体験レポート  ・  大学生  ・  語学学校情報  ・  語学学校  ・  セブ島留学  ・  CUE留学プログラム  ・  IELTS  ・  PR