毎日Eトレ!【395】発泡スチロールはリサイクルごみですか?

日常会話
生活フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? そんな疑問に思う瞬間、ありますよね。毎日Eトレ!では日常で使えるフレーズをテーマごとに紹介して解説します。またこの他にもこう言える、というバリエーションも紹介するので早速会話でしゃべって使えるようになりましょう。

Is styrofoam reciclyng?

発泡スチロールはリサイクルごみですか?

 

「発泡スチロール」「段ボール」は英語で何て言う?

「発泡スチロール」なんて言う機会ないよ、と思われる方も多いかもしれませんが、日常生活では意外と意識してなくても言っているものです。

私自身も何て言うんだろう? と最初は思いましたし、何人もの方に聞かれたことがあります。

さて、結果を言うと styrofoam が一般的に使われている言い方です。カタカナ読みをすると(スタイロフォーム)ですが、発音は(スタイラ[スタイロ]フォン)と言う感じです。日本人アクセントで言ったとしても、(スタイロフォーム)より(スタイラフォン)と言ったほうが絶対に通じると思います。

辞書を調べると polystyrene が入っているほかの言い方がたくさん出てきますが、日本語で「発泡スチロール」のことを材料名(化学名)のポリスチレンと通常日常会話で言わないように polystyrene を交えた言い方ではなく、styrofoam というのが一般的です。

同じように「段ボール」の英単語も疑問に思う方が多いので、最後の例文に出してみたのでチェックしてみてくださいね。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Is styrofoam recyclable?
発泡スチロールはリサイクルできるの?

▶recyclableと語尾にableがつく英単語は「できる」ということを表します。漢字の部首のようなものです。この例文をもっと突っ込んだ日本語訳にするとしたら、「発泡スチロールはリサイクルできるものですか?」という意味になるわけですね。

この語尾にableがつくと「できる」という意味が加わるという事は覚えておくことをお勧めします。見たことない単語でも一部が理解できれば意味がくみ取れるようになります。例えば、drinkableで「飲めるもの・飲料」、manageableで「管理できるもの・扱いやすい」などです。動詞と合わせて、よく使います。

 

Cardboard boxes can go in recycling.
段ボール箱はリサイクルに捨てて平気だよ

▶「段ボール」はcardboard、「段ボール箱」ならcardboard boxです。日本語で「段ボール」だけど、どこにもボールなんていう英語は出てこないので気をつけたいところです。

海外旅行で割れ物を段ボールに入れましょうか? と聞かれていてもわからなかったという方がいました。意外と使うし聞く単語、頭の片隅に置いておいて損はないですよ。

 

 

ライタープロフィール●Yukari Weber

英語を母国語としない人向けの英語教授法の資格TESOL取得し、英語コーチとして大人からのやり直し英語、親子で楽しむバイリンガル子育てをサポート。自身のアメリカ留学、アメリカ人との国際結婚、二児のバイリンガル子育てなどのアメリカ実生活を通して、教科書からは学べないリアルな英語や文化の違いを伝えるとともに、学習者や海外在住者のストレスをなくし、楽しい生活を応援して行くことをミッションとしている。お笑い好き。

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧 連載トップへ

続きを見る >>

おすすめ記事