毎日Eトレ!【398】ネット見てチェックしたら?

趣味・遊び・エンタメ・ネット
ネットのフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? そんな疑問に思う瞬間、ありますよね。毎日Eトレ!では日常で使えるフレーズをテーマごとに紹介して解説します。またこの他にもこう言える、というバリエーションも紹介するので早速会話でしゃべって使えるようになりましょう。

You should go online and check that out.

ネット見てチェックしたら?

 

「ネット見る」はどう表現する? HP「ホームページ」は英語じゃ通じない!?

「ネットで見る」という日本語は英語でgo onlineが近いと思います。その他、状況によりsee onlineとも言います。

日本語感覚からはgo onlineのフレーズは出てきづらいので、渡米当初には面白いな、と思ったものですが、ごく当たり前に使われている言い方です。

そして、日本語の「ネット」を英語で言いたいとき、internetと言わないと一瞬では通じないと思います。internetのことを通常netと言うことがないからです。

恐らく「網のネット」を想像すると思うので、注意かもしれません。もしくは上の例文のようにonlineを使うのが一般的です。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

You might want to look that up online.
ネットで調べたほうがいいかもよ

▶look up「調べる」がとてもよく使われます。単語などがが分からなくて、I need to look that up in English.「英語で、それなんて言うかしらべないと」のように辞書を使うような場面から、お店の閉店時間を調べたいときに、I'm going to look up how late they open.「どのくらい遅くまでやってるのか見てみるよ(調べてみるよ)」など幅広く使えます。

look inなどその他前置詞をかえて言うこともありますが、ほとんどの場合look upでまず通じます。細かいことはまた別の機会に説明します。

そしてこのYou might want to ○○. なのですが、「○○したほうが良いかもよ」のような控えめなアドバイスをするときによくアメリカ人は言っています。have to, shouldよりも柔らかい感じで、「あなた次第だけどね」のようなニュアンスが含まれます。

 

You will find that on the company's website.
その会社のホームページ(を見たら)でわかるよ

▶online, internetに続いて、websiteです。日本語では「サイト」と言われますが、これも英語では言いません。また、「ホームページ」も言いません。日本語になじみのある人なら通じるかもしれませんが、英語では言いません。

今日出てきた和製英語をまとめると、「ネット」、「サイト」、「ホームページ」ですね。日本人には当たり前のことですが、気をつけましょう。

 

 

ライタープロフィール●Yukari Weber

英語を母国語としない人向けの英語教授法の資格TESOL取得し、英語コーチとして大人からのやり直し英語、親子で楽しむバイリンガル子育てをサポート。自身のアメリカ留学、アメリカ人との国際結婚、二児のバイリンガル子育てなどのアメリカ実生活を通して、教科書からは学べないリアルな英語や文化の違いを伝えるとともに、学習者や海外在住者のストレスをなくし、楽しい生活を応援して行くことをミッションとしている。お笑い好き。

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧 連載トップへ

続きを見る >>

おすすめ記事