Amazonプライムビデオで英語学習!

導入方法、特長を詳しく紹介

使いやすさ、コスパともに◎

ビデオオンデマンド初心者にもイチオシ!

すっかりおうち時間の定番となったビデオオンデマンド。実は英語学習教材としても活用できるんです!
英語学習初心者、海外映画やドラマがお好きな方はもちろん、英語学習がマンネリ化してきたと感じる方にもおすすめ。

今回はAmazonプライムビデオの導入方法や特長を紹介します。

 

Amazonプライムビデオとは

Amazonプライム会員特典対象の映画・TV番組・アニメが見放題になるオンデマンドサービスです。

 

Amazon プライムビデオの推奨環境

パソコンのウェブブラウザ、スマートフォン、タブレット、TV

パソコンでのシステム要件はこちら

 

Amazonプライムビデオの導入の仕方

利用には月額500円のAmazon プライム会員になる必要があります。
パソコン、タブレット、スマートフォンなどの端末と、インターネット環境が整えば、利用することができます。動画をダウンロードしておけばインターネット環境以外でも楽しむことができます。

 

Amazonアカウントの作成

Step1:Amazonプライムの公式サイトへアクセス

Amazonプライムビデオの公式サイトまたはAmazonプライムの公式サイトにアクセスし、「30日間の無料体験を試す」をクリック。

 

 

Step2:ログイン画面からアカウント作成を選択

「Amazonアカウントを作成する」を選択し、画面の指示に従って必要な情報を入力し、アカウントを作成します。

 

Step2:アカウント登録情報を入力

携帯電話番号またはメールアドレスと、パスワード(8文字以上で、大文字、小文字、数字、記号のうち2種類以上を含む必要があります)を入力します。

 

 Step3:本人確認用コードの入力

入力したメールアドレス宛にコードが届くので、メールを確認し正しく入力します。

 

 Step4:支払方法の入力

Prime料金の支払い方法選択画面に遷移するので、希望の支払い方法を入力すれば登録完了です。

 

3大ポイント

① 価格が安い
② 導入や操作が簡単。
③ Amazonプライム会員として、Amazonの他サービスでも特典が受けられる。

Amazonプライムビデオの登録はこちら

 

字幕 日本語字幕のみ 英語字幕は一部オリジナル作品に対応
音声 作品ごとに選択、単音声
音声スピードコントロール 非対応 (Chrome拡張機能により対応可)
画質 高画質HD1080p
コンテンツ量 12,828本(編集部調べ)
価格(税込) 月間プラン500円/月、年間プラン4,900円/年
導入の安易さ ★★★★
対応デバイス PC、スマートフォン、ゲーム機、タブレット、TV、Amazonデバイス(Fire TV,Fire stick,スクリーン付きEcho端末)
同時ログイン 端末登録すれば、1つのアカウントで複数端末にログイン可能。別々の動画であれば3本まで同時再生できるが、1つの動画を別端末で同時に視聴することは不可
無料期間 30日間
公式サイト こちら

 

Amazonプライムビデオで実際に英語作品を視聴してみました!

Amazonプライムビデオではオリジナルコンテンツの一部で英語字幕が選択できます。ただ、2020年に導入されたばかりで作品数がそれほど多くなく、英語字幕対応かどうかが再生するまで分からないため、少々使いづらいと感じました。英語字幕で見られる作品は少しずつ増えているようなので、今後のアップデートに期待ですね。

今回視聴したのは、『the upside 人生の動かし方』という作品で、2011年に公開されたフランス映画『最強のふたり』のリメイク版です。英語音声/英語字幕で視聴しました。ストーリーの進行が穏やかで主要人物が多くないので英語学習に集中しやすかったです。主役2人はどちらも男性ですが、年齢が離れているのでセリフを聞き違えることもありませんでした。

再生画面では、一時停止、再生、10秒戻し、10秒送りなどの基本的な操作の他、字幕デザインの変更、画質の変更、音声や字幕の切り替えが可能です。操作が簡単で、再生中であっても日本語音声や日本語字幕への変更がスムーズにできるので、都度日本語訳を確認したいという方にもぴったりです。上級者の方が勉強する時や、内容を理解している作品を見るときは「英語音声/字幕なし」に挑戦してみると手ごたえを感じられそうです。

また、Amazonプライムビデオにはスピードコントロール機能はありませんが、Chrome拡張機能を使えば音声スピードの変更も可能です。実際に「Video Speed Controller」という無料の拡張機能を使用したところ、操作にラグが生じることなく自然にスピードを変更できました。

Amazonプライムビデオの登録はこちら

 


おすすめ記事