ビジネス

グローバルに活躍する起業家や英語を活かして働く社会人のインタビュー、ビジネスシーンでの英語フレーズなど、仕事に役立つ英語情報をピックアップ。

おすすめ記事


英語力で人生を切り拓く! Vol.1  清木哲哉氏「英語力が必須の時代がくる」

英語力を身につけ、人生の充実を果たした人々を直撃するインタビュー連載。金融業で活躍する清木氏に、英語学習法やグローバルマインドについて伺った前半に続き、後編では、英語力の重要性や職業の可能性を切り拓く方法などについて伺いました。
2014.03.06 | 英語で働く  ・  インタビュー

ネイティブと英語で エクストリーム出社を体験

毎日会社に通うビジネスマンの皆さん!! 今、TwitterやFacebookでバズっている「エクストリーム出社」という言葉をご存知ですか? 観光、海水浴、登山などのアクティビティから果ては合コンなどを早朝からこなし、定刻までに出社をすることを「エクストリーム(極度の・過激な)出社」と呼び、これを実践する人々を「出社ニスト」と呼ぶそうです。  
2014.02.17 | 英語で働く  ・  注目コラム

エクストリーム協会会長が選ぶ 最もエクストリームな出社5選

毎日会社に通うビジネスマンの皆さん!! 今、TwitterやFacebookでバズっている「エクストリーム出社」という言葉をご存知ですか? 観光、海水浴、登山などのアクティビティから果ては合コンなどを早朝からこなし、定刻までに出社をすることを「エクストリーム(極度の・過激な)出社」と呼び、これを実践する人々を「出社ニスト」と呼ぶそうです。「出社ニスト」はアクティビティ参加中に活動の内容を「♯エクストリーム出社」とハッシュタグをつけてTwitterやinstagramなどのSNSに投稿します。試しに、Twitter上で「♯エクストリーム出社」と検索をかけると、「早朝パラグライダー」や「カヌーで川下り」など、なんともエキセントリックな投稿が並びます。
2014.02.13 | 英語で働く  ・  注目コラム

ビジネス・ブレークスルー大学副学長「磨くべきは、企業力より“個人力”」

ビジネスパーソン向け教育プログラムを提供、オンラインで経営管理修士(MBA)を取得するプログラムを提供することで話題の『ビジネス・ブレークスルー(BBT)』を直撃! BBTが展開するプログラムやこれからのグローバル時代に必要なスキルについて伺いました。
2013.11.01 | 英語で働く  ・  インタビュー

手先の器用な日本人求む! グローバル転職の奥の手“職人就職”

海外で就職というと、流暢な英語を使って働くホワイトカラーの仕事を思い浮かべがちですが、ハードルが高いですよね。そこで、英語力や特別な仕事のスキルがなくても目指せる、海外就職の奥の手を見つけました! それが、日本料理店の寿司職人就職をはじめとした“海外職人就職”です。
2013.08.13 | 英語で働く  ・  注目コラム

Reginaa代表 大畠佑紀さん 「言葉の違いは仕事力でカバー!」

「英語を学び、英語力を活かした専門職に就きたい」「英語力を活かしキャリアアップしたい」と考える人も多いですよね。そこで、この企画では英語力を活かして働く先輩たちにインタビュー。今回は、シンガポールで、携帯モバイルの機能を活かしたコンテンツを提供、また企業向けに販促支援や業務効率化のサービスを提供する『Reginaa Pte. Ltd.』代表の大畠佑紀さんに、会社を立ち上げるまでの経緯や奔走劇、また、グローバルに働くために身につけておくべきスキルについてお伺いしました。
2013.08.08 | 英語で働く  ・  インタビュー

海外就職研究家 森山たつをさん 「海外で働く選択肢を知って欲しい」

ビジネスの急速なグローバル化が進む今、英語を学び「企業のグローバル化に備えたい」「世界規模の仕事がしたい、海外で働いてみたい」と考える人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、日本で唯一の海外就職研究家・森山たつをさんに、海外就職の現状やメリット・デメリット、日本人が海外で就職するために必要なスキルについてお伺いしました。
2013.08.01 | 英語で働く  ・  インタビュー

海外就職研究家が教える、海外で働くために必要な“英語力”とは?

海外で働くことを目標に英語を勉強している人もいますよね。でも、ビジネスで通用する英語力を獲得するには、TOEICやTOEFLのハイスコア取得はもちろん、ネイティブと同等に話すことができるコミュニケーション力や表現力も必要。そのために留学してスクールに通って…と、社会人が働きながら目指すには、かなりハードルが高いです。「やっぱり自分には無理」と、あきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。
2013.08.01 | 英語で働く  ・  注目コラム

『NPO法人クロスフィールズ』による新しい取り組み“留職”って?

“留職(りゅうしょく)”ってご存知ですか?『NPO法人クロスフィールズ』が、2011年から始めた新しい取り組みで、日本の企業人が新興国のNPO等に赴任し、(※赴任期間は派遣先NPOによりまちまち。クロスフィールズでは3ヵ月〜12ヵ月を推奨)社会課題等の解決に挑むプログラムです。新興国の発展に協力できる意義ある活動として、また、海外での留職経験を経て、企業人を“グローバルな人材”に育成するツールとしても注目を集めているんです。
2013.08.01 | 英語で働く  ・  注目コラム
TOP PREV 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 NEXT LAST