Dear B,

WORLD

Skype発祥の国、IT大国エストニアは

デジタルノマドも大注目の未来都市

旧ソ連でバルト3国のひとつでもあるエストニア。何年も前から世界初のオンライン選挙投票を実現したり、国民全員が日本のマイナンバーのようなIDカードを生活で使用したりして、デジタル社会で効率よく暮らしているの。Economistが「テクノロジーのリーダー」と称賛するほど、エストニアは国全体が“eソサイエティー”として未来都市の姿を表現しているわ。
2017.05.19

WORLD

ベルギー移住に必要なこと

1ヵ月で必要な家賃は約○○万円

LCCなどのローコストキャリアと呼ばれる格安航空会社が出現して、渡航費は過去に比べて驚くほど安くなったよね。テクノロジーの進歩により、場所を選ばず、ラップトップ1枚で仕事ができるデジタルノマドと呼ばれる人々が出現して、人類はひとつの場所に縛られる時代に終わりを告げようとしているように感じるわ。今後この流れは、テクノロジーやグローバリゼーションの加速と正比例して、人類が今までにない大移動の時代を迎えるのではないかと予測されているの。そんな新しい時代を賢く生きるために、海外移住に必要な知識を、実際にその国に暮らす人々に聞いていくよ。
2017.04.18

WORLD

オランダ移住に必要なこと

1ヵ月で必要な家賃は約○○万円

LCCなどのローコストキャリアと呼ばれる格安航空会社が出現して、渡航費は過去に比べて驚くほど安くなったよね。テクノロジーの進歩により、場所を選ばず、ラップトップ1枚で仕事ができるデジタルノマドと呼ばれる人々が出現して、人類はひとつの場所に縛られる時代に終わりを告げようとしているように感じるわ。今後この流れは、テクノロジーやグローバリゼーションの加速と正比例して、人類が今までにない大移動の時代を迎えるのではないかと予測されているの。そんな新しい時代を賢く生きるために、海外移住に必要な知識を、実際にその国に暮らす人々に聞いていくよ。
2017.04.17

WORLD

ベルリン移住に必要なこと

1ヵ月で必要な家賃は約○○万円

LCCなどのローコストキャリアと呼ばれる格安航空会社が出現して、渡航費は過去に比べて驚くほど安くなったよね。テクノロジーの進歩により、場所を選ばず、ラップトップ1枚で仕事ができるデジタルノマドと呼ばれる人々が出現して、人類はひとつの場所に縛られる時代に終わりを告げようとしているように感じるわ。今後この流れは、テクノロジーやグローバリゼーションの加速と正比例して、人類が今までにない大移動の時代を迎えるのではないかと予測されているの。そんな新しい時代を賢く生きるために、海外移住に必要な知識を、実際にその国に暮らす人々に聞いてみたの。国ごとに順次に紹介していくから、あなたに合ったデスティネーションを見つけてみてね。
2017.02.16

WORLD

ウィーンの人々は楽しみ上手

彼らが愛してやまない娯楽とは!?

休日や休暇の過ごし方は人ぞれぞれ。ゆっくりと家で過ごす方もいれば、アクティブにアウトドアへ出かける方もいるでしょう。もしあなたがウィーンを訪れた際には、ぜひともウィーンのカフェやホイリゲ文化を感じてみてください。彼らがストレスなく幸せに過ごせている理由が分かるでしょう。
2017.02.03

WORLD

残業は能力がない証拠!?

ウィーンの人々の理にかなった仕事観

日本人は世界的にも勤勉だと評価される通り、高度経済成長期には長時間働き成功と失敗を重ね、経済大国としての地位を築いてきました。しかし、物が溢れる現代では商品やサービスに付加価値をつけなければビジネスとして確立させることが難しく、そのためのアイデアやクリエイティビティが求められるようになっています。そんな我々がウィーンの人々の仕事観を知ることは、重工業中心の時代から引きずってしまっている長時間労働や精神主義がベースとなる日本式システムを抜け出し、頭脳労働の時代を賢く生き抜くためのヒントとなるでしょう。
2017.02.02

WORLD

医療費、大学までの学費が無料!?

オーストリア充実の社会保障制度

オーストリアは大学までの学費が無料であり、加えて医療費も無料です。この点からもウィーンはQOL(クオリティー・オブ・ライフ)世界No.1を誇る街の名に恥じない、社会保障制度が充実した街だと言えるでしょう。年齢や性別を問わないその社会保障制度は他国のお手本と言われています。
2017.02.01

WORLD

ウィーンの人々にストレスがない理由は

教育とカフェ・パブ文化にあった

近年、インターネットの発達で他国の情報に気軽に触れることができ、日本人の考え方は徐々に変化していると言えますが、まだまだ私達は「日本的」な考えに偏ってしまいがち。「出る杭は打たれる」と揶揄される日本社会では、「和を乱さない」ことが何よりも重視されます。学校教育の中でも自分の頭で考え主張するという機会はあまりありません。社会に出ても「間違っている」「非効率である」という主張をすることは難しく、サービス残業など改善されない労働環境の悩みや人間関係にストレスを溜めてしまっている人も少なくないでしょう。そんな中、ウィーンの人々は「ストレスを感じることが少ない」といいます。ストレスまみれの日本人とストレスを感じないウィーンの人々の違いは一体何なのでしょうか? その価値観に迫っていきましょう。  
2017.01.31

WORLD

人生には休息が必要!?

ウィーンの街は人々と共に眠る

ウィーンはオーストリアの首都であり、ヨーロッパ屈指の音楽文化発祥の地で、ベートーベンやシューベルト、モーツァルトなど多くの作曲家が活躍した街でもあります。故に「音楽の都」とも呼ばれるウィーンですが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)世界ナンバー1に選ばれるだけあって文化面だけなく生活環境も高水準を誇る街なのです。そしてQOL世界1の理由はどうやらウィーンの街の「心地よさ」にあるようです。
2017.01.30

WORLD

オーストリア・ウィーンが

QOL世界No.1と呼ばれる理由

皆さん、QOLという言葉を聞いたことがありますか? QOLはQuality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)の頭文字をとったもので、政治、経済、文化、医療、教育、公共サービス、移動手段、レジャー施設、住環境、自然環境の側面から生活を通して「幸福」を感じることができているかを表す指標のことを指します。私たち日本人は、世界を見渡しても恵まれた環境の中で生活し、多くの嗜好品やレジャーに囲まれて生活しています。しかし、一方で昨今話題の「ブラック企業」など、日本的な思想や価値観に消耗し、心の調子を崩してしまう人、自ら死を選んでしまう人も少なくありません。
2017.01.30

WORLD

消費税、所得税、法人税、酒税

世界の税金が高い国ランキング

せっかく沢山稼いだのに支払う税金が多いとテンション下がっちゃうよね。街でも「日本は税金が高い」、「消費税が10%になったら生活がきつくなる」という声を聞くけど、世界的にみるとさらに税金が高い国が存在するよ。世界の税金が高い国をランキング形式で発表するね!  
2017.01.05

WORLD

世界イチ幸せな国民は誰だ!?

Quality of lifeの高い街ベスト3

NYを本拠地とする世界最大の組織・人事コンサルである、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングが230都市の中から「生活の質(QOL)が高い街ランキング」を発表したよ。選んだ基準は、政治、経済、文化、医療、教育、公共サービス、移動手段、レジャー施設、住環境、自然環境の項目のポイントが他よりも高い都市。QOLの高い街に住む人は幸せだね。
2016.11.15

WORLD

これだけは食べておこう!

ローマで外れがないパスタ3選

ローマがある国、イタリアの名物料理はなんといってもパスタよね。観光パンフレットに載っているお店よりも地元の人たちに愛されるお店でパスタを食べるのが通だわ。ローマは美味しいパスタ屋さんが沢山あるから、事前にリサーチして食べ比べしてみて。地中海の味を贅沢に堪能しよう。
2016.09.12

WORLD

ローマでショッピングするなら

この3つのストリートはおさえよう

ローマはイタリアの中でも買い物するにはとっておきの都市。デザイナーズブランドのドレスからチープなカジュアル服まで沢山のお店が路面に軒を連ね、ウィンドウショッピングするにしても飽きないわ。下記で紹介するお店以外にも、ローマへ行ったらぜひ日曜日に蚤の市に足を運んでみて。
2016.09.08

HOW TO

初めてローマを訪れるあなたへ

行くべき観光地5選

イタリア・ローマは1000年以上にわたって栄えてきて、今では観光地として誰もが一生に一度は訪れたい都市よね。古くから人々の拠り所となっている教会、古代ローマ時代の世界遺産、賑やかな広場などローマ旅行でぜひ訪れたい場所を紹介するね。
2016.08.23

WORLD

EU離脱後の今がチャンス!!

この夏ロンドン旅行がお得な理由3

いつかイギリス・ロンドンに行きたいなぁと思っていた子!いまこそ訪れるのに良いタイミングよ。6月にEU離脱が国民投票によって決定し、通貨のポンドが1985年以来の最低値を更新しているの。その影響で国内経済は混乱しているんだけど、実は旅行業界だけはEU離脱のおかげで潤っているのよ。なぜロンドン旅行が今お得なのかを検証したよ。
2016.07.28

WORLD

EU離脱反対!!

Brexitに対するティーン達の声

6月の国民投票でイギリスのEU離脱が決まったね。それによってイギリスの信用が低下し、ポンド価格が下落し、EU全体の景気が思わしくなくなり世界的にデフレが起こるんじゃないかと危惧されているよ。未来を託されている18歳~24歳の若者の75%が今回の離脱に反対していたということもニュースで聞いたよ。   残念ながら投票権がなかった若者たちは、今回の離脱に対してどう感じたんだろうね? 残留派だった6人の意見を聞いてみたわ。
2016.07.26

WORLD

世界のお金持ちはここでハント!?

ロンドンの高級住宅街5選

ロンドンはいわずと知れた物価の高い国。世界の中でもニューヨークに匹敵するくらい生活するのにお金がかかるよ。そんなロンドンでもお金持ちの中のお金持ちが住む洗練した豪邸が並ぶ高級住宅街が存在する。今回はお金に恵まれた人しか住めない憧れの住宅街を5地区紹介するね。
2016.07.19

WORLD

そうだ、パリへ行こう!

パリジェンヌになりきる夏のParis

夏の旅行計画はもう立てた? 私はパリに行って、定番の観光地というより、ローカルの子が普段楽しむような体験をしてみようと思っているよ。夏のパリは気候的にも過ごしやすいって聞くから、ヴァカンス気分を味わうには最適! To doリストを紹介するね。
2016.06.22

WORLD

味わう旅をするならココ!

ベルギーの名物フード5選

おいしいものが大好きなあなたに是非訪れてほしい国がベルギー。ほとんど外れはなく、 ヨーロッパ標準でみると比較的安い価格で美味しいグルメをいただけちゃうよ。ダイエットなんて気にせずに、食べ歩きして自分の食欲を満たしてあげよう。
2016.06.21