Dear B,



日本の女性達をグローバル基準へアップデートする
啓蒙型ウェブマガジン

What's New

HOW TO

キューバ観光スポット完全ガイド

ー世界遺産の街トリニダー編ー

トリニダは植民地時代の建築物が完全に保存されているため、街全体が18世紀にタイムワープしたかのよう。世界遺産にも認定されていて、大邸宅や教会などの建物のほとんどが、砂糖と奴隷取引によって繁栄した頃の面影を残している異国間満載の雰囲気なんだ。
2017.02.09

TREND

大本命はラ・ラ・ランド!?

第89回アカデミー賞候補作品はこちら!

この時期になると、ハリウッドのゴシップはアカデミー賞の話題で持ちきり! 先日、ノミネート作品が発表されたので、当日までに注目株を予習しておこう。
2017.02.08

HOW TO

職業選択、給与、配給、教育…… 

キューバの社会主義ってどうなってるの?

今ではデスティネーション先としてキューバに旅行に行く人も増えているけど、2015年にオバマ大統領との話し合いが行われるまでアメリカとキューバは国交を断絶していたよ。これまでの社会主義国キューバをざっと紹介!
2017.02.08

WORLD

ミャンマー料理は日本人好み!

現地で食べたいミャンマーフード5選

ミャンマー料理と聞いて、思い浮かぶ料理はいくつあるでしょうか。正直、私は渡航前にはほとんどミャンマー料理を知りませんでした。日本には中華料理やタイ料理、インド料理など多くのアジアンフードのお店がありますが、ミャンマー料理店は数少ないため、なかなかミャンマー料理に精通することは難しいのが現状だと思います。しかし、実際にミャンマーへ訪れ現地の食事を食べて感じたことは日本人の舌に合う料理が多いということです。私はこれまで約40ヵ国を訪れ、様々な国で現地の料理を食べてきましたが、ミャンマーではローカルなお店でも十分美味しい料理を味わうことができるため、観光地と合わせて食事もミャンマー旅行を充実させるポイントになると思います。そこで、私が実際にミャンマー現地にて食べた料理の中で、お勧めしたいミャンマー料理5選をご紹介します。
2017.02.07

HOW TO

キューバ観光スポット完全ガイド

ーキューバの首都ハバナ編ー

コロニアルな建築が立ち並び、かわいらしいクラシックカーが行き交うキューバ。革命、葉巻、モヒート、陽気な音楽などが街中にあふれる魅力的な国よ。観光では、そんなキューバ独特のカルチャーを堪能しよう!
2017.02.07

WORLD

女性も安心して旅行しやすい国!

ミャンマーの旅行基本情報

ミャンマーは近年、日本企業が多数進出しているため日本人にとってビジネスにおけるアジアのフロンティアという認識があるかもしれません。しかし、ミャンマーには多くの寺院や宮殿、日本人の舌に合う料理と観光国としてもクオリティが高い国なのです。加えて、治安も他のアジア圏の国と比べて良く、女性でも安心して渡航できる国のひとつだと思います。そんなミャンマーの基本情報を実際に渡航して感じた個人的な感想と共にご紹介します。  
2017.02.06

HOW TO

気候、通貨、電圧、治安

キューバ旅行基本情報

 

最近キューバが気になる! そんなあなたに、キューバの旅行情報を紹介するね。
2017.02.06

WORLD

ウィーンの人々は楽しみ上手

彼らが愛してやまない娯楽とは!?

休日や休暇の過ごし方は人ぞれぞれ。ゆっくりと家で過ごす方もいれば、アクティブにアウトドアへ出かける方もいるでしょう。もしあなたがウィーンを訪れた際には、ぜひともウィーンのカフェやホイリゲ文化を感じてみてください。彼らがストレスなく幸せに過ごせている理由が分かるでしょう。
2017.02.03

TREND

国際結婚の80%は5年以内に離婚!

アメリカ離婚事情

昨年は、これまでラブラブだったブラッド・ピッドとアンジェリーナ・ジョリーや、ジョニー・デップとアンバーハードが離婚するニュースが視聴者をびっくりさせたよね。アメリカでの離婚はよくあるイメージだけど、実際のところはどうなんだろう?
2017.02.03

WORLD

残業は能力がない証拠!?

ウィーンの人々の理にかなった仕事観

日本人は世界的にも勤勉だと評価される通り、高度経済成長期には長時間働き成功と失敗を重ね、経済大国としての地位を築いてきました。しかし、物が溢れる現代では商品やサービスに付加価値をつけなければビジネスとして確立させることが難しく、そのためのアイデアやクリエイティビティが求められるようになっています。そんな我々がウィーンの人々の仕事観を知ることは、重工業中心の時代から引きずってしまっている長時間労働や精神主義がベースとなる日本式システムを抜け出し、頭脳労働の時代を賢く生き抜くためのヒントとなるでしょう。
2017.02.02

HOW TO

ロングステイをより充実させるために

心がけたい5つのこと

ロングステイをするために、出発前の準備が大変で、自分の気持ちや目標の整理を忘れてしまっている方はいませんか? 海外に住んだらそれだけで、自分がすごい人間になるんじゃないか? と思いがちですが、そうではないのです。もちろん、そういった希望を持つことだってとっても重要ですが、実際限りのあるロングステイ中に、どんな風に過ごして、何を得たいのか、考えながら生活することもとっても大切です。今回は、ロングステイを充実させるヒントをご紹介します。
2017.02.02

TREND

もう学校なんて必要ない!

世界のホームスクーリング事情

従来は学校へ通って同級生と授業を受けて、放課後は部活というのが当たり前だったけど、近年、ホームスクーリングという制度が世界中で増えているんだ。ホームスクーリング事情をみてみよう。
2017.02.01

WORLD

医療費、大学までの学費が無料!?

オーストリア充実の社会保障制度

オーストリアは大学までの学費が無料であり、加えて医療費も無料です。この点からもウィーンはQOL(クオリティー・オブ・ライフ)世界No.1を誇る街の名に恥じない、社会保障制度が充実した街だと言えるでしょう。年齢や性別を問わないその社会保障制度は他国のお手本と言われています。
2017.02.01

HOW TO

旅ジャーナリストの暮らすような旅

~ハワイ・カイルアでノマドな1日~

 

世界中のお気に入りの都市に1ヵ月暮らしては、また次の都市へと移動し世界を暮らすように旅している私。今回は、ハワイの中でも人気のビーチタウン、カイルアに1週間滞在した際のビーチライフをお届け。
2017.01.31

WORLD

ウィーンの人々にストレスがない理由は

教育とカフェ・パブ文化にあった

近年、インターネットの発達で他国の情報に気軽に触れることができ、日本人の考え方は徐々に変化していると言えますが、まだまだ私達は「日本的」な考えに偏ってしまいがち。「出る杭は打たれる」と揶揄される日本社会では、「和を乱さない」ことが何よりも重視されます。学校教育の中でも自分の頭で考え主張するという機会はあまりありません。社会に出ても「間違っている」「非効率である」という主張をすることは難しく、サービス残業など改善されない労働環境の悩みや人間関係にストレスを溜めてしまっている人も少なくないでしょう。そんな中、ウィーンの人々は「ストレスを感じることが少ない」といいます。ストレスまみれの日本人とストレスを感じないウィーンの人々の違いは一体何なのでしょうか? その価値観に迫っていきましょう。  
2017.01.31

WORLD

人生には休息が必要!?

ウィーンの街は人々と共に眠る

ウィーンはオーストリアの首都であり、ヨーロッパ屈指の音楽文化発祥の地で、ベートーベンやシューベルト、モーツァルトなど多くの作曲家が活躍した街でもあります。故に「音楽の都」とも呼ばれるウィーンですが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)世界ナンバー1に選ばれるだけあって文化面だけなく生活環境も高水準を誇る街なのです。そしてQOL世界1の理由はどうやらウィーンの街の「心地よさ」にあるようです。
2017.01.30

WORLD

オーストリア・ウィーンが

QOL世界No.1と呼ばれる理由

皆さん、QOLという言葉を聞いたことがありますか? QOLはQuality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)の頭文字をとったもので、政治、経済、文化、医療、教育、公共サービス、移動手段、レジャー施設、住環境、自然環境の側面から生活を通して「幸福」を感じることができているかを表す指標のことを指します。私たち日本人は、世界を見渡しても恵まれた環境の中で生活し、多くの嗜好品やレジャーに囲まれて生活しています。しかし、一方で昨今話題の「ブラック企業」など、日本的な思想や価値観に消耗し、心の調子を崩してしまう人、自ら死を選んでしまう人も少なくありません。
2017.01.30

HOW TO

旅ジャーナリストの暮らすような旅

~ハワイ・カイルアのオフの日~

 

世界中のお気に入りの都市に1ヵ月暮らしては、また次の都市へと移動し世界を暮らすように旅している私。今回は、ハワイの中でも人気のビーチタウン、カイルアに1週間滞在した際のビーチライフをお届け。
2017.01.30

TREND

インスタグラムでフォロワーを増やす

ジェネレーションYに響くSNS活用法

2017年現在、世界中の女性に最も人気のあるSNSといえばインスタグラム!! このインスタグラム、着実にフォロワーを増やせば世界を旅して暮らすことだって可能なんです。そんな中インスタグラムを専業とする「インスタグラマー」と呼ばれる人々が日本でもチラホラでてきているとか。さて、フォロワーさえ増やせばおいしい思いができちゃうこのインスタグラムですが、フォロワーを増やすってそんなに簡単じゃない! そこで今回は自身も人気インスタグラマーであるMAYUKOが国内外のインスタグラム成功事例を徹底分析! フォロワーを増やしたいあなたは必見ですよ!
2017.01.27

TREND

流行に乗り遅れるな! Snapchat

(スナップチャット) 使い方ガイド

 

実は今、インスタグラムと並んで世界的に急成長しているSNSといえば、Snapchat(スナップチャット)です。日本では、今年に入ってから「スナチャ」という略語で女子大生をはじめとする若者の間で徐々に話題を集めはじめています。今回は、今だからこそ知っておきたいスナップチャットの楽しみ方をご紹介します。
2017.01.27