ローラの全英語『バイオハザード:ザ・ファイナル』ワールドプレミアイベント

原題『Resident Evil』との違いも解説

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』のワールドプレミアイベントが行われ、主演のミラ・ジョヴォヴィッチや監督のポール・W・S・アンダーソン、それのそのふたりの娘である、エヴァも出演。最後のバイオハザードで初の家族共演に加えて、日本人タレントのローラが出演とあって、編集部では「きっとローラさんが英語で挨拶するはず」ということで、六本木ヒルズで行われたワールドプレミアイベントを取材し、その全文を翻訳してみました。

予告編とその英文、日本語訳はこちら!

 

レッドカーペットを歩く、ポール・W・S・アンダーソン監督、主演のアリスを演じたミラ・ジョヴォヴィッチ 、レッドクイーンの役を演じた娘のエヴァ

 

 

大型スクリーンにレッドカーペットを進む様子が映し出されます

 

出演者がひとりひとり話した後、いよいよローラのスピーチです

 

最後は撮影時間。招待客の多くは写真を撮影していました

 

 

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』ワールドプレミアイベントでローラがスピーチした全英語はこちら!

Um… South Africa was such a beautiful location.

We, uh... The cast became fast friends. We went to dinner together a lot. We even went to a loin park – it was so much fun.

And, even though it was my first movie, I was more excited than nervous.

I think, you guys are really gonna love it.

And, check it out! Yeah!

 

日本語訳はこちら!

えと…、南アフリカはすっごくキレイなところでした。

私たち、あ、出演者はすぐ友達になって。夕食にもたくさん一緒に行きました。ライオン公園にも行ったんですよ、すっごく楽しかった!

あと、私にとって初めての映画だったけれど、緊張するよりもワクワクしてました。

みなさん本当に楽しんでもらえると思います。

じゃ、観てくださいね!

 

 

ところでどうして原題は『バイオハザード』じゃないの? 

カプコンのゲーム『バイオハザード』が 映画化されていることから、日本でのタイトルは『バイオハザード』ですが、原題は『Resident Evil』となっています。これはアメリカで販売されている『バイオハザード』のタイトルがResident Evil』だから。

当時『バイオハザード』というゲームがすでにアメリカで発売があり、商標登録できなかったことからアメリカではResident Evil』というタイトルで販売されています。ですから原題も日本と同じくゲームのタイトルそのもがついています。(作品宣伝担当)

 

予告編とその英文、日本語訳はこちら!

 

 

 

 

バイオハザード:ザ・ファイナル 

監督:ポール・W・S・アンダーソン

出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、

   ウィリアム・レヴィ、ルビー・ローズ、ローラ

原題:Resident Evil: The Final Chapter

日本公開:1223日(金・祝)世界最速公開

全米公開:2017127

監督:ポール・W・S・アンダーソン  

出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、ルビー・ローズ、オーエン・マッケン、ローラ、イ・ジュンギ、ウィリアム・レヴィ、イアン・グレン

 

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

公式サイト:http://www.biohazard6.jp/

公式Twitter: https://twitter.com/biomovieJP

公式Facebook:https://www.facebook.com/BiomovieJP

 


おすすめ記事