映画の予告編で学ぶ|怪物はささやく A Monster Calls

…yourself, …by yourself,

…for yourself どう使い分ける?

日本語字幕がない映画の予告編でリスニング力を鍛えましょう。紹介しているのは英語圏で使用されている公式予告編。正しく聞き取れるか、すべての英語の台詞と翻訳を掲載し、予告編の中でおさえておきたい英語表現や文化など、ワンポイントアドバイスもあります。

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化。孤独な少年と怪物の魂の駆け引きを描く感涙のダークファンタジーを描いた『怪物はささやく』です。

作品情報

『怪物はささやく』

原題:A Monster Calls

日本公開:2017年 6月9日(金) 

 

 

あらすじ

13歳の少年コナーは、難しい病を抱えた母親と2人で裏窓から教会の墓地がみえる家に住み、毎夜悪夢にうなされていた。ある夜、コナーのもとに怪物がやって来て告げる。「今から、私はお前に3つの【真実の物語】を話す。4つ目の物語は、お前が話せ。」しかも怪物は、コナーが隠している“真実”を語れと迫るのだ。頑なに拒むコナー。しかしコナーの抵抗など意にも介さず、その日を境に夜ごと怪物は現れ物語の幕が上がる──。

幻想的なおとぎ話のように始まり、予想を打ち砕く危険な結末に向かう3つの物語は、コナーの内なる衝動を突き動かし、彼自身を追い詰めていき──。

ついにコナーが4つ目の物語を語る時が訪れる。果たして彼が口にした、まさかの“物語”とは──?

その先に待つ“真実”が、激しく切なく胸を揺さぶる、圧巻の感動作。 

 

 

みどころ

原作は、カーネギー賞作家2人による異色の“コラボ”作。47歳の絶頂期にこの世を去ったイギリスの作家シヴォーン・ダウドの未完の遺作を、パトリック・ネスが引き継いで完成。英国史上初のカーネギー賞とケイト・グリーナウェイ賞のW受賞という快挙を果たし、世界中でベストセラーを記録しました。

ゴヤ賞(スペインアカデミー賞)2017年度最多9部門受賞し、2016年年間(スペイン)映画興収No.1を記録したことにも注目です。 

↓これが原作本です

原作・脚本:パトリック・ネス『怪物はささやく』(あすなろ書房刊)

 

 

知っておきたい英語・文化のワンポイント

…yourself, …by yourself, …for yourselfの使い分け

ちょうど難しい年頃、ティーネイジャーに入ったばかりの13歳のコナー。多感な時期に大好きな母親の命が消えかかっている…彼の暴れる心が何かを壊したい衝動につながっていきます。家を破壊する怪物に「窓を壊して」と言うと、怪物は「自分でやれ」と言ってきます。

 

コナー:Break the windows. 「窓を壊して」  

怪物:Break them yourself. 「自分で壊せ」

 

テストなどで、「・・・( )yourself、( )に入る語は?1:by 2:for 3:to…」というような問題を見たことはありませんか?なんとなくyourselfの前に何かを置きたくなる方もいらっしゃるかもしれません。今回出てきたyourselfのみを使う場合は、「誰にも頼らず自分の力で」何かをさせる時に使われます。例文を見てみましょう。

 

A: Hey John?  Could you ask Sarah for her phone number?

A: ねえ、ジョン、サラの電話番号聞いてきてくれる?

B: If you like her, ask her yourself.  Girls like guys with confidence.

B: 彼女のことが好きだったら、自分でやれよ。女子は自信のある男が好きなものなんだよ。

A: Ok, I’ll ask her, and Mary, and Jamie, and…

A: 分かった、自分で彼女に聞くよ、それからマリーにも、ジェイミーにも、それから…。

 

 

A: Did you finish your homework? 

A: 宿題終わった?

B: Yeah, it was a piece of cake.

B: うん、楽勝だったよ。

A: Could you do mine too?

A: 私のもやってくれない?

B: Do it yourself.  Last time I got in trouble because of you!

B: 自分でやりなよ。前回あなたのせいで大変な思いしたんだから!

 

それでは、by yourselfになるとどうなるかというと、「たった一人で」という意味になります。Break them by yourself. となると、一人の時に「たった一人で壊せ」となります。さらにfor yourselfになると、「誰の為でもなく自分の為に」という意味になり、Break them for yourself.は「自分の心を満足させる為に壊せ」となります。yourself をmyselfに置き換えた例文を見てみましょう。

 

A: I’m going to Canada by myself this summer.  I want to drive from Montreal to Niagara Falls.

A: この夏、私一人でカナダに行くの。モントリオールからナイアガラの滝までドライブしたいんだ~。

B: Who’s going to drive?

B: 誰が運転するの?

A: I’m going to drive myself.  I just said I’m going by myself!

A: 私が自分で運転するのよ。私一人で行くって言ったばかりじゃない!

B: Good luck…

B: 頑張って…。

 

…forやbyなどの前置詞に惑わされて、何を置いたらいいのか考え込んでしまいそう…。まずは前置詞なしのシンプルな形myself、yourself「自分の力で~する」を使いこなせるようにしておきたいですね。

 

英語だけの予告編はこちら!

 

 

TOP PREV 1 2 NEXT LAST

「映画・ドラマで学ぶ」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事

2017.04.18 | 語学学校情報  ・  ミツミ電機  ・  PR  ・  CUE留学プログラム  ・  セブ島留学  ・  TOEIC  ・  DMM英会話  ・  大学生  ・  セブ留学  ・  語学学校  ・  奨学生  ・  クチコミ  ・  大人&大学生  ・  QQイングリッシュ  ・  体験レポート  ・  IELTS