大人の学び直し英語


おすすめ記事


中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【30】

前回、分詞構文の主節と分詞部分の時制について取り上げました。分詞構文の時制は、基本的には主節の動詞や助動詞で表します。では、主節と分詞部分の時制がずれている場合はどうなるでしょうか。その場合も分詞構文が使えますが、ある手続きが必要です。

2021.10.11 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【29】

簡潔な表現を可能にする分詞構文。正しい使い方をしたいものですね。今回は、間違えやすいポイントをまとめました。現在分詞と過去分詞のどちらを選んだらいいでしょうか。また、分詞構文の時制はどうなるのでしょうか。

2021.10.04 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【28】

前回、前々回と分詞の話をしてきたので、分詞構文についても見ておきましょう。分詞構文を使うことによって、簡潔な表現が可能となります。英文を理解するためにも、表現の幅を広げるためにも、ぜひマスターしておきたいですね。

2021.09.27 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【26】

前回まで25回かけて、英語の文構造について書いてきました。英文には動詞があるのが普通です。しかし、中心となる動詞のほかに、別の動詞の分詞が入っている場合もあります。今回から、混乱しがちな分詞に焦点を当てます。今日は現在分詞について解説し、現在分詞と動名詞の区別にも触れます。

2021.09.06 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【25】

前回から、目的語にその補語が続く構文を見ています。前回は名詞が補語になる例を見ました。目的語の補語としてはその他、形容詞や動詞が入る場合もあります。今回は、補語が名詞以外の場合に焦点を当てて見てみましょう。

2021.08.30 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【24】

ひとつの動詞に前置詞なしで名詞がふたつ。前回と前々回では、目的語がふたつある場合について、書きました。ただ、動詞の後に名詞がふたつあるからといって、常にどちらも目的語だとは限りません。ふたつ目の名詞が補語となっている場合もあります。今回は目的語の後に補語が続く文を見てみましょう。

2021.08.30 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【22】

英文は動詞を中心としています。動詞が他動詞であれば、必ず目的語があります。多くの場合、ひとつの動詞に目的語はひとつですが、時々ふたつある文に出くわすことがあります。目的語ですから前置詞などを伴わず、andなど繋ぎの言葉もなくふたつの名詞が並んでいます。今回は、このような「主語+動詞+目的語+目的語」SVOOの文を取り上げます。

2021.08.02 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【21】

「主語+動詞」が2セットある文として、これまで名詞節や時や条件を表す副詞節について解説しました。今回は、「主語+動詞」が名詞を修飾している場合について見てみましょう。その前に、動詞が名詞を修飾する場合について簡単におさらいします。

2021.07.26 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【20】

前回の記事では、ひとつの文の中に主語+動詞が2セットある文のうち、名詞節について書きました。今回は、ひとつの「主語+動詞」がもう一方の「主語+動詞」の目的語や補語、主語となっている場合について解説します。

2021.07.12 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【19】

前回の記事では、ひとつの文の中に主語+動詞が2セットある文の4つのタイプをご紹介しました。andやbutで文が繋がれている場合は構造としては分かりやすいので、その他の3つの場合をひとつずつ見ていきましょう。今回は、ひとつの「主語+動詞」がもう一方の「主語+動詞」の時や条件を表す場合です。

2021.07.05 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【18】

文構造の基礎として、主語+動詞、目的語、補語という構成要素のほかに、それらをより詳しく修飾する言葉について解説してきました。ここで、ひとつの文の中に主語+動詞が2セット以上ある文について見ておきましょう。

2021.06.28 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【17】

英語は文構造をとらえると、ぐっとわかりやすくなります。前回は動詞を修飾する不定詞について書きました。「不定詞の副詞的用法」と呼ばれているものですね。今回も引き続き不定詞の副詞的用法を見ていきます。動詞だけではなく、形容詞を修飾する場合もあります。

2021.06.07 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【16】

英語は文構造をとらえると、ぐっとわかりやすくなります。主語、動詞、目的語などの骨組みを捉えるのは必須ですが、どの言葉がどの言葉にかかっているかという修飾関係も重要です。大人の学び直し英語では【14】から動詞を修飾する要素について学んできました。今回は、動詞を修飾する不定詞を見てみましょう。不定詞の他の用法については以前にも書いています。

2021.05.31 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【14】

主語、動詞、目的語、補語といった英語の骨組み自体は複雑ではありません。しかし、それに修飾語が加わると、とてつもなく複雑に見える場合があります。前回まで3回にわたって、名詞を修飾する要素を見てきました。今回から動詞の修飾語を取り上げます。

2021.05.10 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

中学英語からまるっとおさらい!大人の学び直し英語【12】

英文の骨組みは主語、動詞、目的語、補語でできています。骨組みに肉付けをしたり飾ったりする修飾語にもいろいろあります。前回は、主語や目的語、補語として使われる名詞を修飾するものとして、形容詞と分詞を見ました。今回は、to不定詞が名詞を修飾する場合を見てみましょう。

2021.04.26 | 外国語人の英語学習コラム  ・  大人&大学生  ・  英語勉強法  ・  連載

TOP PREV 1 2 NEXT LAST