外国語学習と外国暮らしが教えてくれるもの【14】

いつの間にか英語を勉強してしまう方法

やらなきゃいけないとわかっていても、まとまった時間を取るのはなかなか難しいもの。英語圏の国に住んでいなくても、日々の生活の中で自然に英語に触れる方法をいくつかご紹介します。

パソコンや携帯の環境を英語にしてしまう

パソコンや携帯の設定で言語を英語にしてみましょう。天気予報や写真など、よく見るアプリやサイトの言語を英語にするのもおすすめです。

因みに、この場合の「環境」はenvironmentではなくsetting。

今、天気予報アプリを英語の設定で開いてみたところ、湿度humidity、雨が降る確率chance of rain、現在のところ晴天Sunny currentlyなどの表現が並んでいました。その他のアプリでも、関連情報relevant information、予約販売preorderなど、毎日見ていればいやでも覚えてしまいます。

 

情報を探すとき英語で探す

最初から英語でニュースを読むのはちょっと難しいかもしれません。そこで、関心のある分野の情報を英語で探してみてはいかがでしょう。例えば、今夜のレシピ、健康に関する情報、いつか旅行してみたい場所、ペットについて、ファッション関連のニュースなどなど、知りたい情報をいっしょうけんめい検索しているうちに、いつの間にか30分英語を読んでた、ということになります。

 

ニューズレターに登録する

いちいち検索するのは面倒だという方は、英語のニューズレターに登録しておくのはどうでしょうか。英語学習のための無料のニューズレターもたくさんあるようです。いくつか挙げておきましょう。毎日配信のもの、週1のもの、単語や表現、文法を教えてくれるもの、クイズを送ってくれるものなどさまざまです。

FluentU English Learner blog

 

VOA Learning English Newsletters

その他、「Daily Grammar blog」「Oxford English Dictionary Word of the Day」「Cozy Grammar Newsletter」もおすすめ。

さらに、TOEIC用参考書を執筆していらっしゃる早川幸治先生のボキャブラリーブースター

 

 

そして、このCheer Up! English毎日プチ英活を配信しています!

 

他にもいろいろあると思います。
ご自分の好みと目的にあったニューズレターを探してみてください。

 

SNSで海外メディアや英語教育団体をフォローする

YouTubeやツイッターなど、SNSを頻繁に見る方はこれを利用しない手はありません。英語を教えるユーチューバーも多いですし、BBCCNNなど海外メディアをフォローするのもおすすめです。

ただ、いきなりネイティブと同じニュースを聞くのは難しいかもしれません。非ネイティブのための英語教育機関をフォローするのもいいですね。

イギリス英語なら何と言ってもBBC Learning EnglishYouTubeInstagramTwitterFacebookの各SNSでフォローできます。

 

アメリカ英語なら、Voice of Americaなどがあります。

 

自分が行きたい国があったら、その国のメディアを見て普段から情報を集めておくのがいいでしょう。環境問題や社会問題に関心がある人は、信頼できるNGOをフォローするのもおすすめです。その他、仕事や趣味と関係のある分野、ビジネス、IT、料理や旅行、ファッションについて情報を発信しているメディアをフォローするのもいいですね。興味のあることだと、ついつい読んでしまいますよ。

 

最後に

ニューズレターに登録しても、SNSでフォローしても、タップして開かなければ何にもなりません!開きたくなるように自分にとって興味のあるものに絞る、見る時間を決めるなどして習慣化しましょう。そして、たとえ12日見なかったからといって、私はダメだ!なんて思わずに、3日めからまた再開してくださいね。

 

ライタープロフィール●外国語人
外国語としての英語、フランス語、日本語を学生や社会人に教えつつ、通訳・翻訳の経験を積む。新TOEICのスコアは985点。この世界の様々な地域で日常の中に潜む大小の文化の違いが面白くて仕方がない。子育て中。

 

 

★関連記事★
外国語学習と外国暮らしが 教えてくれるもの【13】子どもをバイリンガルにしたかったら
TOEIC®学習法の勘違いリスニングが苦手だった私がTOEIC®で満点に1

 

 


おすすめ記事