英検®にチャレンジしよう! 準2級の練習問題 – 長文読解4 – 

攻略ポイントはここ! 英検®合格への道しるべ

英検®準2級長文問題の4回目です。引き続き、長文問題の二題目に当たる説明文の練習をしましょう。空欄の前後に何が述べられているかに注意して、つじつまの合う答えを選んでください。

英検®準2級長文問題 大問3-B

 

 What did Dogs Eat in Ancient Days?

It is well known that dogs’ ancestors were wolves that lived on meat. So, this raises the question, should we feed our dogs only meat? Before jumping to conclusions*1, let’s ( 1 ).

 Dogs were domesticated*2 by humans more than 30.000 years ago, when humans practiced hunting and fishing. Some study shows that dogs ate meat at that time. Then agriculture began about 12.000 years ago and since then, humans have primarily eaten cereals and vegetables. It’s hard to imagine that primitive humans gave a lot of meat to their dogs when men couldn’t often eat it themselves. It would be more natural to guess that ancient dog owners ( 2 ) to their dogs. Recently, bones of dogs that lived about 3.000 years ago in Spain were studied. The researchers found out that the dogs lived almost exclusively*3 on cereals and vegetables.

However, ( 3 ) we should give our dogs only cereals and vegetables, either. The ancient Spanish dogs might not have had access t*4o their ideal food. But one thing is sure. Dogs have become omnivore*5 as they have lived with us for a long time.

 

*1 jump to conclusions 結論に飛びつく
*2 domesticate 飼いならす、家畜化する
*3 exclusively もっぱら、まったく~のみ
*4 have access to ~に近づくことができる、~を入手できる
*5 omnivore 雑食動物

 

 

(1) 1 tell the truth in a hurry 2 look over our history
3 review math questions 4 look at some wolves

(2) 1 gave what they were eating 2 gave always meat
3 never gave cereals and vegetables 3 never gave food

(3) 1 that is why 2 to lose our weight
3 that doesn’t mean 4 Spanish dogs think

 

解答・解説・和訳

※犬に何を与えるべきかという問題には諸説ありますが、問題は本文の内容に即して解くようにしましょう。
(1) 2 look over our history
- 次の段落で歴史について語っている
- 直前に「結論に飛びつく前に」と言っているので、1はおかしい。
- その後オオカミの話は出てこないので4は合わない。

1 急いで真実を言う
2 歴史を概観する
3 数学の問題を復習する
4オオカミを見る

(2) 1 gave what they were eating
- 前の文で「人間が滅多に肉を食べないのに犬に肉をたくさん与えるとは考えにくい」と言っており、直前で「~と推測するのがより自然だ」と言っている。

1 彼らが食べていたものを与えた 
常に肉を与えた
3決して穀物と野菜を与えなかった 
4決して食べ物を与えなかった

(3) 3 that doesn’t mean
- However で始まっているので、前の文(段落)と逆行する内容になるはず。前の文章で、3000年前の犬は穀物と野菜を食べていたとある。直後では「イヌに穀物と野菜を与えるべきだ」とあるので、これを否定しなければ前の内容に逆行しない。
- この文はコマ+eitherで終わっているので、否定文が来るはず。eitherには他にも様々な用法があり、必ずしも否定文で使われるとはかぎらない。一度辞書でチェックしておこう。

1それだから
2私たちが体重を減らすには
3それは意味しない
4スペインの犬は考える

 

 大昔の犬は何を食べていたのか

犬の祖先が肉食のオオカミであったことはよく知られている。そこで思うのは、私たちは犬に肉のみを与えるべきなのかという問題である。結論に飛びつく前に、歴史をひもといてみよう。

犬は人間が狩猟や漁によって生活していた30,000年以上前に人に飼いならされた。ある研究によれば、当時犬は肉を食べていたことがわかっている。その後12,000前に農業が始まり、それ以来人類は主に穀物と野菜を食べてきた。原始時代の人間が、自分は肉をあまり食べないのに、犬に多くの肉を与えたとは想像しにくい。より自然に推測できるのは、大昔の飼い主は自分が食べていたものを犬にやっていたということである。最近になって、3,000年前にスペインに住んでいた犬の骨が調べられ、研究者たちはその犬たちがほとんど穀物と野菜ばかり食べていたことを突き止めた。

だからといって、犬に穀物と野菜のみを与えるべきだということにもならない。古代のスペインの犬は、理想的な食事を得ることができなかったのかもしれない。しかし、ひとつのことは確かだ。犬は、長い間私たちと暮らしている間に、雑食性となっていったのである。

 

 

 

 

ライタープロフィール●外国語人

英語、フランス語、外国語としての日本語を教えつつ、語学力に留まらない読む力、書く力を養成することが必要であると痛感。ヨーロッパで15年以上暮らし、とりあえず帰国。この世界の様々な地域で日常の中に潜む文化の違いが面白くて仕方がない。子育て、犬育て中。TOEIC®985点
https://www.znd-language.com

 

外国語人の英語学習コラム一覧はこちら≫

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

 


おすすめ記事