英検®にチャレンジしよう! 準2級の練習問題 – 文法3–

攻略ポイントはここ! 英検®合格への道しるべ

前回と前々回で、英検®準2級の文法問題として、動詞の形を選ぶ練習をしました。今回から、新しい文法テーマに挑戦です。

英検®準2級短文穴埋め – 文法

(1) The nurse asked the patient ( ) he felt better.
1 about
2 what
3 question
4 if

(2) My grandfather can’t remember ( ) he put his glasses.
1 where
2 what
3 who
4 so

(3) I couldn’t find ( ) I wanted in the department store so I searched the Internet.
1 when
2 whether
3 what
4 why

(4) My grand-parents always ask ( ) I will get married but I don’t even have a boyfriend.
1 when
2 what
3 which
4 for

(5) Teacher: You must explain ( ) you are late.
Student: I’m late because I left my homework at home and I had to go back.
1 when
2 what
3 which
4 why

(6) I feel sentimental ( ) I think about my hometown and my old friends.
1 when
2 what
3 why
4 whether

(7) I don’t know if Keiko speaks English well, ( ) I have never talked with her.
1 why
2 how
3 but
4 for

(8) I used to go to the lake every Sunday to help my grandfather. That’s ( ) I learned fishing.
1 what
2 how
3 however
4 whoever

(9) Our dog is only 6 months old. He eats ( ) he finds so we must be very careful.
1 whenever
2 whatever
3 whether
4 which

 

解答・解説・和訳

今回のテーマは、間接疑問文、関係詞、接続詞でした。

(1) 4 if
-( )の後ろは「主語+動詞」の節なので前置詞は入らない。
-askという動詞があるので間接疑問文が作れるのではないかと考える。後ろの節は完全な文で主語も目的語も欠けていないため、疑問代名詞whatは入らない。このfeelは自動詞なので目的語は必要ない。
-「~かどうか」を表すifかwhetherなら意味が通り、間接疑問文となる。
和訳:看護師は患者に良くなったかどうかたずねた。

(2) 1 where
-後ろの節は完全な文で主語も目的語も欠けていないため、疑問代名詞whatやwhoは入らない。疑問副詞whereで間接疑問文を作る。
-putに三単現のsがないため、過去形であるとわかる。
和訳:祖父はどこに眼鏡を置いたか思い出せない。

(3) 3 what
-( )の後ろの節にはwantedの目的語が欠けているので、関係代名詞が必要。( )の前には名詞がないため、先行詞なしで使える関係代名詞を探す。
-他動詞searchは目的語に探す場所を取る。
和訳:デパートに欲しいものがなかったので、インターネットで探した。

(4) 1 when
-( )の後の節は完全な文なので、疑問代名詞whatやwhichは入らない。whenを使って間接疑問文を作る。
-他動詞marryにはいろいろな使い方がある。一度辞書でチェックしておこう。
和訳:祖父母はいつも私にいつ結婚するのかと聞くのだが、私はボーイフレンドもいない。

(5) 4 why
-( )の後ろは完全な文なので、whatやwhichは入らない。
-学生の答えから、理由を求めているとわかる。
和訳:先生 あなたはなぜ遅れたのか説明しなければなりません。
学生:宿題を家に置いてきてしまったので、戻らなければならなかったんです。

(6) 1 when
-( )の後ろは完全な文である。また、意味の上からwhether「~かどうか」why「なぜ~なのか」ではおかしい。
-このwhenは接続詞で「~するとき」の意。
和訳:故郷の町や昔の友達のことを考えると感傷的になる。

(7) 4 for
-後ろの文は前の文の理由を述べている。forは理由を導く接続詞ともなることを思い出そう。
和訳:ケイコが英語を話すのがうまいかどうか知りません。一度も彼女と話したことがないので。

(8) 2 how
-後ろの文は完全な文なのでwhatは入らない。
-~everを使うべき理由は何もない。
和訳:私は毎週日曜日に祖父の手伝いをするために湖に行ったものです。そうやって釣りを覚えました。

(9) 2 whatever
-( )の後ろはfindsの目的語が欠けた不完全な文なので関係代名詞が必要。wheneverは関係副詞で、後ろの文が完全なときしか使えない。関係代名詞はwhateverとwhichだが、先行詞がなくても使えるのはwhateverである。
和訳:うちの犬はまだ6カ月だ。見つけるものを何でも食べてしまうので、気を付けないといけない。

 

 

ライタープロフィール●外国語人

英語、フランス語、外国語としての日本語を教えつつ、語学力に留まらない読む力、書く力を養成することが必要であると痛感。ヨーロッパで15年以上暮らし、とりあえず帰国。この世界の様々な地域で日常の中に潜む文化の違いが面白くて仕方がない。子育て、犬育て中。TOEIC®985点
https://www.znd-language.com

 

外国語人の英語学習コラム一覧はこちら≫

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

 


おすすめ記事