LA暮らしのリアルを公開!【3】
留学・働いてみてわかったコト

留学生活4年間、そして1年間のOPTの体験談

高校卒業後からアメリカで留学生活4年間、そして1年間のOPTを経て日本に最近帰国したイアンがLAで学んだコト、感じたコトをリアルにお届けします!

第3回目のテーマは『アメリカの大学選び&申請などの対策方法』です。

アメリカ大学選び&申請などの対策方法 Part 1

今回はアメリカの大学に留学したいと考えている方へ、秘訣&対策方法をシェアします。

私はアメリカ留学をするときに母がいろいろな学校や仲介会社のパンフレットを取り寄せてくれていたので完全母任せでやられるがままに、留学前にやらねばいけないこと、例えば、テストやエスタ、学校への申請など全てを某仲介会社に頼みました。

日本の大学と違いアメリカの大学はあらゆる専攻学科があるので、自分のやりたいことがはっきりと決まっていない方は学校を選ぶこと、専攻を選ぶことがすごく難しいと思います。

そんな時、英語がわからない人でも、自分のやりたいことがどの専攻に当てはまるのか、どの学校が特化されているかなど、わからないことはなんでも聞けて、さらに、自分の行きたい州、学びたい環境などを相談すれば「こんな学校はどうですか?」「こんな学科ありますよ」などと教えてくれるのが留学仲介会社ですね。しかし、有料留学仲介会社にお願いする場合、サポート料金としてお金が発生します。私の家はそんなに裕福な家庭でもないため「留学に行く前からこれほどお金がかかるのか!」と何度も家族と話し合いをしました。

もちろん留学に1人で行くとなると不安なことはたくさんあります!
その頃、実際の私は留学に行くことへの不安はありませんでしたが、申請などは全然…。そのため、すべてが任せっきりになっていました。しかし、留学仲介会社に頼めるこれらのことって、「全部自分でできることで、とても簡単なことだったんだ!」と、私はアメリカでカレッジライフが始まってから気づきました。

留学生活を終えた今、これから留学をしたい、アメリカの大学に行きたいと思っている方がいたら私は全力で「留学仲介会社に払うお金があるならば、他の楽しいことに使って欲しい!」「全部自分でできる簡単なことなんだよ!」と叫びたいくらいです。

学校を決めるときに何がなんでも自分の力で決めて欲しいポイントは、

1.どこの地域に行きたいか

2.四年制の大学に編入する予定はあるか

3.少しでも興味のあること、勉強したいこと

4.どんな留学生活を送りたいか

以上の4点です。

私が勉強したかったこと、興味があったことは抽象的に「エンターテインメント」でした。そして私は東京の中でもザ都会で生まれ育ったので、何もない田舎に行くことはまず考えられず、ニューヨークか…、カリフォルニア…、と悩みましたが、次に譲れなかったことが気候でした。冬の極寒ニューヨークはこの時点で切り捨て。カリフォルニアに行こうと決めました。

このように簡単な気持ちの整理で自分の行きたい地域を決めることはできると思います。そして、何を勉強したいかが次に学校を決めるキーになります。

 

続きはPart2で

 

フォトグラファー/ライタープロフィール●イアン
高校卒業後、約4年間の留学生活を終え1年間のOPTではロサンゼルスを中心にフォトグラファー、映像編集を主にフリーランスとして活動。合計5年間のアメリカ生活を経て留学、アメリカ生活、今どきの若者の使う英語、ロサンゼルスの流行りなどについて発信中!現在は日本でフリーランスとしての活動を続け、アメリカに戻るためグリーンカードの申請中です。

 


おすすめ記事