LA暮らしのリアルを公開!【105】留学・働いてみてわかったコト

留学生活4年間、1年間のOPTの体験、そして現在のLA生活

高校卒業後からアメリカで留学生活4年間、そして1年間のOPTを経て、LAで暮らすイアンがLAで学んだコト、感じたコトをリアルにお届けします! 第105回目のテーマは『LAのナウ -11月-』です。

LAのナウ -11月-

11/8から全米でいちばん厳しい判断とされた、ワクチン接種証明の提示の義務がLAで始まりました。レストランや公共施設、バーなど、人が集まるところでは入る前に必ずワクチン接種証明の提示を求められます。 

アメリカにいる日本人は結構ワクチン反対派が多く、受けていない日本人がたくさんいるそうです。すべてのレストランとはまだ決定されていないので、不安な方は行く前に一度提示が必要か電話で聞いてみましょう。

そしてワクチン接種証明書は紙でできていて、名前や生年月日が手書きで書かれているものになりますが、偽装で作っているところも多くなってきました。偽装がバレた場合、$1500の罰金となります。

偽装を防ぐために、携帯からバーコードの提示を求められることもあります。
どちらもしっかり持ち歩くようにするといいでしょう。

 

年末に向けて、外食や外でのイベントはなくなっていくと思いますが、いつまでという期間が決められていないため、今後もLAがどうなっていくのかは注意が必要ですね。

そして、もうすぐthanks giving!

昨年は家族以外とのグループミーティングが禁止されていて、門限が付けられていたLAですが、今年はそういうものはありません。

しかし、thanks giving 当日、大手マーケット「ターゲット」などやモールなどは毎年オープンしていましたが、今年はクローズすることが決まりました。Black Fridayにまたオープンします。

今、LAでとても問題になっているのが、物流港でのコンテナ停滞のため、いろんなお店から物が不足していること!

 

アメリカではホリデーギフトのためにブラックフライデーからクリスマスまでに、たくさんショッピングをするのですが、在庫切れがいろんなところですぐにおきてしまっています。

なのでブラックフライデーでも例年よりセールが少なくなるとの噂です。そしてすぐ在庫切れになってしまうので、「早めに検討してショッピングしないと!」という感じです。

ホリデーやクリスマスのイベントも今年は復活しているので、賑わうことになるでしょう!

 

フォトグラファー/ライタープロフィール●イアン
高校卒業後、約4年間の留学生活を終え1年間のOPTではロサンゼルスを中心にフォトグラファー、映像編集を主にフリーランスとして活動。合計5年間のアメリカ生活を経て留学、アメリカ生活、今どきの若者の使う英語、ロサンゼルスの流行りなどについて発信中!現在はフリーランスとしての活動を続け、アメリカで結婚し1児の母に。リアルトレンドやアメリカの子育て事情、コロナ禍のグリーンカード取得までの道のりなど、等身大の視点でお届けします。

 


おすすめ記事