LA暮らしのリアルを公開!【106】留学・働いてみてわかったコト

留学生活4年間、1年間のOPTの体験、そして現在のLA生活

高校卒業後からアメリカで留学生活4年間、そして1年間のOPTを経て、LAで暮らすイアンがLAで学んだコト、感じたコトをリアルにお届けします! 第106回目のテーマは『Marie calendars』です。

Marie calendars

サンクスギビングももうaround the corner です。
Marie Calendars とはアメリカのトラディショナル料理レストランで、サンクスギビングなどのイベント向けのテイクアウトメニューが有名です。

サンクスギビングは特に自分で作るよりも「Marie Calendars!!」と言う人が多く、予約が1週間前から必要になるのでそろそろ予約が始まりました。

アメリカのトラディショナル料理を簡単に説明すると、ローストビーフ、チキンやターキーなどのお肉にグレイビーソースやジャムかけたもの、マッシュポテトやベイクドポテト、グリーンビーンやコーンのローストベジタブル 。

そしてデザートにパイ。

Marie Calendarsではイベント時ではなくてもパイなどはずっと売っているのでいつでも食べられます!

アメリカ人の中ではここのパイクラストが1番おいしいととても有名です!
中でもおすすめがビーンパイ、ストロベリーパイ!

 

これがザ・アメリカントラディショナルフードです!

スーパーマーケットなどでもこの時期になるとターキー1匹まるごとを買うことができますが、Marie Calendarsでも予約をすればサンクスギビング用のターキーが購入可能です。

留学生などで家族がアメリカにいない人たちは、最近ではFriends giving Dayと呼び、みんなで集まりターキーを焼いてパーティーする子たちも増えています。

どうしても日本人好みの味付けになってしまい、やっぱり本場の味を作るのは私たち日本人には少し難しいです。

ザ・アメリカのトラディショナルフードをサンクスギビングデーにMarie Calendarsでオーダーをし、一度トライしてみてください♪

ちなみにマーケットの冷凍食品エリアにも商品が売っています!

 

フォトグラファー/ライタープロフィール●イアン
高校卒業後、約4年間の留学生活を終え1年間のOPTではロサンゼルスを中心にフォトグラファー、映像編集を主にフリーランスとして活動。合計5年間のアメリカ生活を経て留学、アメリカ生活、今どきの若者の使う英語、ロサンゼルスの流行りなどについて発信中!現在はフリーランスとしての活動を続け、アメリカで結婚し1児の母に。リアルトレンドやアメリカの子育て事情、コロナ禍のグリーンカード取得までの道のりなど、等身大の視点でお届けします。

 


おすすめ記事