LAトレンドのリアルを体感
『ニューイヤー』

LAで見つけたトレンドはこれ!
今流行っている「モノ、コト」

LAで見つけた流行りの「モノ・コト」をLA帰りのイアンがナビゲートします。

 

大晦日。
日本では家族や友達と
特番や紅白歌合戦を観ながら
年越し蕎麦を食べて、初詣に行くなど
定番な過ごし方がありますよね。

アメリカ、ニューヨークでは
タイムズスクエアのカウントダウンは
世界でも有名なイベント。

それでは、ロサンゼルスの人は
一体なにをして過ごしているのか!?!

アメリカ人にとっては
サンクスギビング、クリスマスが
彼らのホリデーシーズン。
私たちのお正月のような感覚です。

ロサンゼルスの人たちは
基本的にあまりロサンゼルスにはいないそう。
他の州や国へ旅行に行ったり
ホリデーシーズンの残りの食べ物を食べながら
家族や友達と過ごすそうです。

私は何度かダウンタウンでの
カウントダウンに参加しましたが
そこまで大きなイベントではなく
花火が少し上がるくらいかな。
写真はダウンタウンでのカウントダウンパーティーです。

その他は行きつけのバーなどで
友達と飲み明かします。

ニューヨークでもタイムズスクエアで
カウントダウンを過ごすのは
9割がニューヨーカーではなく
世界中から観光客が集まっているそうです。

そして、ほとんどの人たちは
1月2日から仕事がスタートします。

年末に集中して沢山休みがあるので
年明けはお休み感覚はあまりなく
普通の日常という感覚です。

 

サンクスギビングとは?
Thanksgiving Day(サンクスギビングデー/感謝祭)は、11月の第4木曜日に定められたアメリカの祝日のひとつ。翌日はブラックフライデーと呼ばれ、続く土日を含めた4日間は、学校や仕事が休みになります。そして、日本で言うお正月のように、家族や親しい友だち同士で集まり感謝しあい、お祝いします。

 

 

フォトグラファー/ライタープロフィール●イアン
高校卒業後、約4年間の留学生活を終え1年間のOPTではロサンゼルスを中心にフォトグラファー、映像編集を主にフリーランスとして活動。合計5年間のアメリカ生活を経て留学、アメリカ生活、今どきの若者の使う英語、ロサンゼルスの流行りなどについて発信中!現在は日本でフリーランスとしての活動を続け、アメリカに戻るためグリーンカードの申請中です。

 


おすすめ記事