LAトレンドのリアルを体感『TEST KIT VENDING MACHINE』

LAで見つけたトレンドはこれ!
今流行っている「モノ、コト」

LAで見つけた流行りの「モノ・コト」をLA在住のイアンがナビゲートします。

LAはクリスマスにロックダウンが終わる予定でしたが
予想していたとおり年が明けても
患者は増える一方。 

政府が承認する無料でテストを受けられる機関があるのですが、そちらは1ヵ月後まで完全に予約が埋まっていて受けられなくなってしまっています。

病院で受けるとお金がかかるので
受けない人も増えていて状況は悪化するばかり。

そして2月までのロックダウン延長が決まり、家族以外との接触をしないようにとのオーダーがかけられています。
プロテストが起こっている中で2月にまたオープンするかも不明なところです…

LAにワクチンが届いたので
ワクチンを受ける人もこれから増えていくでしょう。しかし、まだ副作用などの心配があるようなので私の周りでは様子見という人が多いです。 

 

サンディエゴにある有名大学
University of California San Diego
UCSDでは全米初のコロナセルフチェックテストキットの自動販売機が設置されました。

 

セルフキットの値段は$125で
病院で検査する値段とほぼ変わらずお高め。
検査をし、近くにあるボックスに入れ
3日後に結果がメールで届くと言う仕組み。 

学校は休校しているのですが
サンディエゴでは珍しい自動販売機ということで
多くの人が手に入れるために訪れているそうです。

LAにはまだ設置はされていませんが
セルフキットを買える場所もあるらしい!?

 

フォトグラファー/ライタープロフィール●イアン
高校卒業後、約4年間の留学生活を終え1年間のOPTではロサンゼルスを中心にフォトグラファー、映像編集を主にフリーランスとして活動。合計5年間のアメリカ生活を経て留学、アメリカ生活、今どきの若者の使う英語、ロサンゼルスの流行りなどについて発信中!現在はフリーランスとしての活動を続け、アメリカで結婚し永住するためグリーンカードの申請中です。

 


おすすめ記事