LAトレンドのリアルを体感『今がチャンス?アメリカで物件を探す』

LAで見つけたトレンドはこれ!
今流行っている「モノ、コト」

LAで見つけた流行りの「モノ・コト」をLA在住のイアンがナビゲートします。

私が物件オタクということもあり
LAの不動産事情について紹介したいと思います!

コロナの影響でアメリカは現在
物件がとーーーーっても安くなっています。
具体的にいうと私が去年まで住んでいたアパートは大体1/3ほどの価格までに!

アメリカの経済はリーマンショック時を大きく上回り
第二次世界大戦以降最悪のマイナス成長になるという予測もあり
経済にあまり詳しくない私でもどんだけ今の状況が悪いかは目に見えてわかります。

ですが、この状況でも家を必要としている方は存在しますし
購入を予定していた方にとっては、金利の面から言えば
引越し、物件の購入はまたとない大チャンス!!

住宅ローンの金利も大きく下がり、以前は4~5%だったものが3.26%にまで下がっています。
これは歴史的低金利で、住宅を購入する方にとっては非常に好条件です。

日本から物件だけを買いに来る訪問者もかなり増えてるそうです。

11月にある大統領選挙によって
またアメリカの経済、政治はガラッと変わると予想されています。
そこで今年後半には経済が復活されていくのではないかという見解や
遅くても来年には復帰されるという見解が多い中で
カリフォルニアでの物件購入は本当に今がチャンスです。

留学生などは今住んでいる家の家賃が急に下がることはありません。
ただ引越しをしてしまえば今より安い家賃のところに住めるのは間違いないでしょう!!!!

 

フォトグラファー/ライタープロフィール●イアン
高校卒業後、約4年間の留学生活を終え1年間のOPTではロサンゼルスを中心にフォトグラファー、映像編集を主にフリーランスとして活動。合計5年間のアメリカ生活を経て留学、アメリカ生活、今どきの若者の使う英語、ロサンゼルスの流行りなどについて発信中!現在はフリーランスとしての活動を続け、アメリカで結婚し永住するためグリーンカードの申請中です。

 


「LAトレンドのリアルを体感」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事