LAトレンドのリアルを体感
『デリバリーロボット』

  1. LAで見つけたトレンドはこれ!
    今流行っている「モノ、コト」

LAで見つけた流行りの「モノ・コト」をLA在住のイアンがナビゲートします。

最近ではカレッジやユニバーシティなどの学校内でデリバリーロボットが激アツ!

レストランがパンデミックで閉まってからは
デリバリーがほとんどのお店で可能になり
学生でも楽だしコンタクトレスということで
デリバリーする人が増えました。

9月の新学期がスタートしてから、いろいろな学校でテストアウトされていましたが
今となっては、ほとんどの大学内にデリバリーロボットがあちこちで稼働中です!

学校でデリバリーを頼むときに面倒だったことが
違うキャンパスや施設内にいたとしても、決まった場所でしかドロップオフしてくれないこと。

人や障害物をうまく避けながら自分の指定したところまでロボットが来てくれます!
なんだか近未来的だし、かわいくてすごいです!

 

キャンパス内が広いと人を避けたりなんなりで
自分の手元に届くのは通常デリバリーよりも20分ほど長くなるそう。
時間がかかってしまうのは少し不便だけど
私がキャンパスにいたら絶対使うだろうな〜

コーヒーや飲み物類、スープなどの汁物でもしっかりバランスを保ち
しっかりこぼさないで届けてくれるロボットくんです。

キャンパスではなくても
街中でも最近は見かけるようになってきました。

 

サンタモニカやベニスなどでは歩道のすみにこっそり
ロボットがデリバリーをしています!
信号の色までも感知することができるそう!
すごく優秀です。

人件費の削減やコンタクトレスということから
これからもロボットの進化が楽しみですね!

 

フォトグラファー/ライタープロフィール●イアン
高校卒業後、約4年間の留学生活を終え1年間のOPTではロサンゼルスを中心にフォトグラファー、映像編集を主にフリーランスとして活動。合計5年間のアメリカ生活を経て留学、アメリカ生活、今どきの若者の使う英語、ロサンゼルスの流行りなどについて発信中!現在はフリーランスとしての活動を続け、アメリカで結婚し1児の母に。リアルトレンドやアメリカの子育て事情、コロナ禍のグリーンカード取得までの道のりなど、等身大の視点でお届けします。

 


「LAトレンドのリアルを体感」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事