LA暮らしのリアルを公開!【74】留学・働いてみてわかったコト

留学生活4年間、1年間のOPTの体験、そして現在のLA生活

高校卒業後からアメリカで留学生活4年間、そして1年間のOPTを経て、グリーンカードを申請中のイアンがLAで学んだコト、感じたコトをリアルにお届けします! 第74回目のテーマは『LA最新情報 Apr. 2021』です。

LA最新情報 Apr. 2021

現在LAではすごいスピードでワクチンが広まっていてコロナの感染者は大幅に減りました。最近また第4ウェーブが来るのではないかと不安の声もありますが、来ないことを祈ります。

私もJohnson & Johnsonの一度きりのワクチンを受けてきましたが、熱が出て少し辛かったです。Armyの方がワクチンをしてくれるのですがみんなムキムキイケメンで目の保養でした(笑)

 

私は旦那の仕事上早めにワクチンを受けることができましたが、4/15以降からは16歳以上ならば予約がもっと簡単になり、CVSなどの薬局やVonsなどのマーケットでもワクチン予約が可能になります。

そして、現在LAカウンティはOrange Tiarといい紫、赤、オレンジ、黄色と4つのレベルがあるなかで大体のお店はオープンしていいよという段階までになりました!

 

レストランやジム、映画館などがインドアの再開が許可され、キャパシティー制限はあるものの街が一気に明るくなった気がします!
Disneylandも4/30オープンと、テーマパークも少しずつ解放されてきています。
6/15にはすべてのビジネスがオープンし、元通りにできるはず!という発表が今日ありました。

入国については出国72時間前以内に受けたPCR検査の陰性証明の提出と、オンライントラベルフォームの記入が義務づけられています。入国後は10日間の自主隔離となります。

カレッジなどは引き続きオンライン授業ですが、いくつかの語学学校はハイブリットといい、対面の授業andオンライン授業というのを始めているところもあります。
だいたいの学校は秋には確実にオープンします。秋セメスターは8/23スタートです。 

そして、悲しいことにアメリカではアジア人のヘイトクライムが相次いでいます。コロナウイルスは中国から広まったことによりトランプ元大統領が演説で何度もチャイニーズウイルスと呼び、その印象を根付けてしまったというのもあり、アジア人への犯罪行ためや、暴力行ため、中傷、人種差別がアメリカ中で起きています。

 

特にお年寄りへの暴力行為などが多く命を引き取られた方もたくさんいます。
私の住んでいる地域は比較的治安の良い地域ですが、どこで何があるかはわからないのでいつでも自分の身は自分で守れるように護身グッズは身につけています。

ヘイトクライムをなくすようにデモやプロテストもたくさんの人がしています。
そしてやっぱりアメリカでは自分の身は自分で守るよと教えられるため、
子ども達、大人までもが護身術や、空手、柔道など習い始める人が増えているそうです。

 

フォトグラファー/ライタープロフィール●イアン
高校卒業後、約4年間の留学生活を終え1年間のOPTではロサンゼルスを中心にフォトグラファー、映像編集を主にフリーランスとして活動。合計5年間のアメリカ生活を経て留学、アメリカ生活、今どきの若者の使う英語、ロサンゼルスの流行りなどについて発信中!現在はフリーランスとしての活動を続け、アメリカで結婚し永住するためグリーンカードの申請中です。

 


おすすめ記事