LA暮らしのリアルを公開!【11】
留学・働いてみてわかったコト

留学生活4年間、そして1年間のOPTの体験談

高校卒業後からアメリカで留学生活4年間、そして1年間のOPTを経て、グリーンカードを申請中のイアンがLAで学んだコト、感じたコトをリアルにお届けします!第11回目のテーマは『これからのNew Life in LA』です。

これからのNew Life in LA

実はLAに3ヵ月ぶりに戻ってきました!
これから結婚のプロセスを始めステータスを変えるため、少しの間、日本に帰らずLAで再び生活し始めます!

今までは学生ビザでの滞在だったのですが、これからは新たにグリーンカードの申請が始まります。結婚の申請などの方法や体験談などもシェアしていきつつ、私が実際に仕事などで使った写真も一緒に紹介できたらと思います。

 

新しい生活をスタートさせたところですが、今回アメリカに入国した際、少しトラブルに遭いました。

近年アメリカへの入国はビザを持っていないと、とても難しくなってきました。

観光ビザ(ESTA/エスタ)は3ヵ月まで滞在できますが、私は今回結婚の申請をこれから始めるので1ヵ月間の航空券を取り渡米しました。

アメリカで国際結婚する際のビザについて
観光ビザで入国し結婚のプロセスを開始すると虚偽の申請とみられる場合があります。また、グリーンカード申請期間中は、原則としてアメリカ国内に滞在しなければいけないので、何ヵ月アメリカにいても一度プロセスをはじめてしまえば問題はありません。逆にこの期間、出国が必要な場合は渡航許可証を申請しなければ、グリーンカード申請を放棄したとみなされるので注意が必要です。

 

そして、入国する際に入国審査がありますが、最近、APC(Automated Passport Control/自動パスポートコントロール)が導入され、KIOSK端末を使用して自分自身でパスポートをスキャンする制度に変わりました。

そこで、私がパスポートをスキャンした時
『あなたは入国の許可が降りませんでした。』
と表示されました。

私は2年前に学生生活を終え、その後1年間のOPTをして3ヵ月前に一度日本に帰国しています。

『何のためにもう一度アメリカに戻ってくるのか?』

アメリカに入るには決定的な理由と目的が求められます。

別室に連れて行かれ、携帯、パスポート、荷物すべてを調べられ、私がこの1ヵ月間「違法で働く目的で入国したか、あるいは不法滞在をする目的か」など、怪しい理由がないかを徹底的に調べられました。

そこで質問された内容は
・ついこないだまでLAにいたのにまた戻ってきた理由はなにか?
・滞在中行きたい場所、やりたいことは何か?
・今までにアメリカ人と交際をしたことがあるか?
・今までにアメリカでお金を稼いだことがあるか?
・アメリカで車の免許は持っているか?
などです。

とにかく1番徹底的に聞かれたのが、「いくらお金を持っているか?」です。その時持っていたキャッシュドルと日本円の総額、持っているクレジットカードすべての利用可能額、持っている口座すべてに入っている額。

私はたまたまキャッシュをたくさん持っていたのと、クレジットカードの利用可能額が1ヵ月間アメリカにエスタとして滞在するには十分なお金を持っていたので、そこでエスタでの滞在1ヵ月間に絶対に働かない約束をし、入国を了承してもらいました。

実際、普通にエスタで入国の場合、3ヵ月以内であれば誰でも入国はできるのですが、一度何かのビザを取った経歴がある方、容姿の派手な方、英語があまりにも拙なすぎる方は、別室に連れて行かれ細かい質問をされることがあります。しかし、アメリカ入国の目的がしっかりと道理にかない、質問にちゃんと答えられれば入国は許可されます。

別室に連れて行かれても全く英語がわからない方や、どうしてもヘルプが必要な方は、日本語の話せるスタッフを呼んでもらえることもあります。

学生ビザですでに何年か滞在し、入国審査の際にあまりにも英語が話せない方は「あなたはこれだけの時間をアメリカで過ごし、英語がわからないとはどういうこと?」「遊びに来てるのか?働きに来てるのか?」と疑われ、審査が厳しくなることもあるので注意!

 

Special Notes

  1. アメリカに入国するには、決定的な理由と目的が求められる
  2. 不法労働防止のため滞在に適正な額のお金を持っていることを重要視されることがある
  3. 容姿が派手すぎたり、英語が拙すぎたりすると入国審査が厳しくなる恐れがあるので注意

 

フォトグラファー/ライタープロフィール●イアン
高校卒業後、約4年間の留学生活を終え1年間のOPTではロサンゼルスを中心にフォトグラファー、映像編集を主にフリーランスとして活動。合計5年間のアメリカ生活を経て留学、アメリカ生活、今どきの若者の使う英語、ロサンゼルスの流行りなどについて発信中!現在はフリーランスとしての活動を続け、アメリカで結婚し永住するためグリーンカードの申請中です。

 


おすすめ記事