毎日Eトレ!【1289】福笑い

デイビッド・セイン先生が教える
親子で楽しむ英会話 〜日本の冬の遊び〜

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は日本の冬の遊びフレーズ「目隠しをした人が、顔の輪郭の絵に目や鼻や口を置いていきます」です。さっそく読んで活用しましょう。

Blindfolded players try to place eyes, a nose and mouth on a drawing of a blank face. Sometimes funny faces are made and everyone laughs and has a good time.

目隠しをした人が、顔の輪郭の絵に目や鼻や口を置いていきます。おかしな顔ができることがあり、みんなで笑って楽しみます。

 

おかしな顔をつくって楽しみます

福笑いについて、外国の人に英語で紹介してみましょう。まず Fukuwarai is a New Year’s game. (福笑いはお正月の遊びです) と言ってから、具体的なキーワードを用いて説明していきます。「目隠しをする」は blindfold です。fold には、fold the paper in two (紙を二つ折りにする) のように「折りたたむ」の意味があるほか、布などで「くるむ」という意味もありますので、blindfold は目が見えないようにくるむことを表します。blindfolded で「目隠しをされている」という状態です。「顔の輪郭の絵」は、drawing of a blank face と表現できます。blank face は直訳すれば「空白の顔」で、のっぺらぼうのこと。また、drawing は「(線で描いた)絵」を表す言葉で、動詞 draw「(線を引いて)描く」から来ています。なお、「おかしな顔」は funny face です。この funny は面白くて笑えるような様子を表しています。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

First, a blank face is drawn on a piece of paper, then a blindfolded person tries to place the eyes, nose and mouth on the face. It's funny because people make a lot of silly faces.
まず紙に顔の輪郭を描いてから、目隠しした人が目や鼻や口を顔の上に置いていきます。いろいろと変な顔ができるのでおかしいですよ。

▶drawn は 動詞 draw の過去分詞です。動詞 drown「水浸しにする」と綴りが似ていて紛らわしいので注意しましょう。silly face「変な顔、間抜け面」の silly は「ばかげた、ふざけた」という意味の形容詞です。これを使ったカジュアルな言い回しもいくつかあり、be bored silly は「ひどく退屈している」、laugh oneself silly は「ばか笑いする、笑いすぎておかしくなる」ということを表すイディオムです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事