毎日Eトレ!【1035】彼女には耳を貸さないで

デイビッド・セイン先生が教える
単語使い分けフレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「彼女には耳を貸さないで」「聞こえないよ。もっと大きな声で話せる?」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

Don't (hear / listen) to her. She's always so negative.

彼女には耳を貸さないで。いつもすごくネガティブなの

 

hearとlisten、入るのはどっち?

今回の英単語使い分けクイズは「聞く」という意味を持つ動詞、hearとlistenです。この文章にはどちらが入るでしょうか?

正解は…listenです。

この2つの単語は、聞き方に違いがあります。listenは「意識的に聞く、集中して耳を傾ける」状態。一方のhearは「意識しなくても聞こえてくる、自然と耳に入ってくる」状態です。

listenは自動詞なので、「~を聞く」とする場合はlisten to ... のように前置詞が必要です。listen to herで「彼女の言うことを聞く」、listen to musicで「音楽を聴く」となります。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I can't (hear / listen) you. Can you speak louder?
聞こえないよ。もっと大きな声で話せる?

▶この文章の正解はhearです。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事