毎日Eトレ!【1247】スイカ割り

デイビッド・セイン先生が教える
親子で楽しむ英会話

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は海・川・プールで使えるフレーズ「一緒にスイカ割りをしよう!」です。さっそく読んで活用しましょう。

Let's smash a watermelon together!

一緒にスイカ割りをしよう!

 

海・川・プールで使えるフレーズ

夏のビーチの風物詩と言えばスイカ割り。もちろん日本だけの習慣ですが、英語に訳すとすれば watermelon-smashing game になります。watermelon は「スイカ」、smashing は「割る、粉々にする」を意味する動詞 smash のing形。また、この場合の game は「遊び、遊戯」といったニュアンスです。play the watermelon-smashing game で「スイカ割りの遊びをする」ということを表せます。しかし、もっとわかりやすいように、シンプルに smash a watermelon と訳してもよいでしょう。Let's smash a watermelon together! で「一緒にスイカ割りをしようよ」という誘いの言葉になります。このように、日本の習慣を英語で言いたい時は、ごく単純な動作として表現すればよいこともあります。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Wanna smash a watermelon with me?

一緒にスイカ割りしない?

▶「私と一緒にスイカ割りをしない?」と誘う場合、Wanna smash a watermelon with me? などとも言えます。wanna は want to を短縮した言い方です。Wanna ...? の疑問文は、Do you want to ...? の "Do you" さえも省略したくだけた形で、これは「〜したいですか?」というよりも、「〜しませんか?」と相手の希望を聞きつつ何らかの申し出をするときのフレーズです。カジュアルな場面では、このように want が「欲する」以外の意味で使われることもあり、例えば You might want to open the window. なら「窓を開けたほうがいいよ」という助言になります。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語でマスター!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2020/12/17

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事