毎日Eトレ!【1277】食べ歩き

デイビッド・セイン先生が教える
親子で楽しむ英会話

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回はマナーのフレーズ「日本では食べ歩きは行儀が悪いとされてきましたが、そう思わない若い世代の人も増えています」です。さっそく読んで活用しましょう。

In Japan, eating while walking has been considered bad manners; however, there are more and more young people who don’t feel that way.

日本では食べ歩きは行儀が悪いとされてきましたが、そう思わない若い世代の人も増えています。

 

マナーのフレーズ

「食べ歩き」は歩きながら食べることと考えて eating while walking と表現できます。while walking は、while you are walking の主語とbe動詞を省略したもので、smoking while walking「歩きタバコ」、using a smartphone while walking「歩きスマホ」などの応用ができます。have considered A B の形で「A を B とみなしてきた」なので、受け身にすると A has been considered B (A は B とみなされてきた) となります。ここでは B に相当するのが bad manners (不作法) です。feel には「思う」の意味があり、feel that way は「そのように思う」ということです。feel the same way なら「同じように思う」、つまり「同感だ」という意味になります。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

In Japan in the past, it was considered bad manners to eat while walking. More recently, there are a lot of younger people who don’t think that way.
かつて日本では食べ歩きは行儀が悪いとされていました。近年では、そう思わない若い世代の人もたくさんいます。

▶in the past は「昔は」という意味で、in the future「将来は、これからは」の反意語です。it was considered ... の it は形式主語で、後に出てくる to eat while walking (食べ歩きをすること) を表しています。recently は「最近は」という意味ですが、more がついているので、「比較的最近は、近年は」ということです。同じく比較級を使った younger people も、「比較的若い人々」という意味合いになります。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語でマスター!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2020/12/17

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事