毎日Eトレ!【1156】他人を裁くより自分を裁くほうがはるかに難しい

デイビッド・セイン先生が教える
名言から英語を学ぼう

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「他人を裁くより自分を裁くほうがはるかに難しい」「人を批評していると、彼らを愛する時間がなくなる」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

It is much more difficult to judge oneself than to judge others.

他人を裁くより自分を裁くほうがはるかに難しい

 

"judge" を使った英語の名言

『星の王子様』の作者、Saint-Exupéry(サンテクジュペリ)の金言です。judge others(他人を裁く)よりも、judge oneself(自分自身を裁く)のほうがずっと難しいというこの言葉は、他人に厳しく自分に甘くならないように、という戒めにも思えます。
judgeは「裁く、評価する、批判する、判断する」という意味の動詞です。たとえば、He wanted his daughter to learn not to judge things too quickly.は「彼は自分の娘に物事をあまり早く判断しないよう学んでほしかった」という意味の英文です。では、After a two-year trial, the judge sent the former prime minister to prison.はどんな意味でしょうか?実は、judgeには動詞のほかに名詞としての働きもあり、この文章では「裁判官」という意味で使われています。つまり「2年の裁判の後、裁判官は元首相を刑務所に送った」ということです。
much more difficult than ... は「~よりはるかに難しい」意味の定型表現。この文章ではIt is much more difficult to A than to B(BするよりAするほうがはるかに難しい」という構文になっています。It is much more difficult to take action than to criticize.(批判するより行動を起こすほうがはるかに難しい)のように使います。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

If you judge people, you have no time to love them.
人を批評していると、彼らを愛する時間がなくなる

▶Mother Teresa(マザー・テレサ)が残した有名な言葉です。直訳は「人を批評すると、彼らを愛する時間はない」。確かに人の悪い点ばかりを見つけて批判していると、相手の良い面にはなかなか気付けなかったりするものです。つまり、人を批判する時間があるなら、まずその人を愛しなさいということではないでしょうか。ちなみに、have no time to ... は「~する時間がない」という意味の定型表現。We have no time to argue about such a small detail. で「そんなささいな点について議論する時間はありません」 という意味になります。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

15時間で速習 英語耳 頻出1660語を含む英文+図で英会話の8割が聞き取れる
発売日:2019/12/27

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事