毎日Eトレ!【1085】電車に乗るときは小さな声で話しましょう

デイビッド・セイン先生が教える
ママと子どもの親子英会話フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「電車に乗るときは小さな声で話しましょう」「電車の中では小さな声で話しましょう、わかった?」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: Let's use our inside voices when we ride the train.
B: Okay!

A: 電車に乗るときは小さな声で話しましょう
B: わかった!

 

帰省④~小さな声で話すよう伝える~

子どもにマナーを教えるフレーズです。inside voiceの直訳は「内側の声」ですが、そこから「屋内で話すのにふさわしい音量の声=小さな声」を指します。use one's inside voiceで「小さな声で話す」です。Let's use your inside voices when you ride the train. でももちろん正しいのですが、この文章では、"our" voice「"私たちの"声」、when "we" ride「"私たち"が乗るとき」と複数の人称代名詞を使っています。こうすることで、子ども本人だけを注意するのではなく「ママと一緒に小さな声で話そう」という気持ちを表現しています。この他にWe need to be quiet on the train.「電車の中では静かにする必要があります」と言ってもいいですね。
帰省で公共交通機関を利用するときだけでなく、美術館や学校の教室といった静かにしなければならない場所で、子どもの声が大きいなと思ったときにぜひ使ってみてください!

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: Let's speak in a little voice on the train, okay?
B: Why?
A: 電車の中では小さな声で話しましょう、わかった?
B: なんで?

▶speak in a little voiceは「小さな声で話す」です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CDブック 聞くだけですぐ使える! 60歳からの英語サンドイッチメソッド (アスコム英語マスターシリーズ)
発売日:2017/12/16

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事