毎日Eトレ!【1309】思いやりを持った子に育てる

デイビッド・セイン先生が教える
親子で楽しむ英会話 〜親子の愛情表現フレーズ〜

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は親子の愛情表現フレーズ「お友だちの宿題を手伝ってあげるなんて優しいのね。立派よ」です。さっそく読んで活用しましょう。

It was kind of you to help your friend with his homework. Well done.

お友だちの宿題を手伝ってあげるなんて優しいのね。立派よ。

 

手伝ってあげるなんて優しいね

子どもが他人に示した思いやりを評価してあげる英語フレーズです。it is kind of A to do で「〜するなんてAは思いやりがある」という意味。it is sweet of A to do の形でも「〜するなんてAは優しい」となり、ほぼ同じ意味を表せます。ほかにも be proud of A「Aのことを誇らしく思う」を使って、I’m proud of you for helping Ms. Brown walk her dog every day.「毎日ブラウンさんの犬の散歩を手伝ってあげるなんて、あなたを誇りに思うわ」のように言っても、子どもの親切な行いをほめることができます。なお、Well done. は「よくやった」という意味で、その行為を「見事だ、立派だ」と高く評価するときに用います。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

Thank you for helping your sister wash her hair while mommy was making dinner.
ママがご飯を作っている間、妹の髪を洗うのを手伝ってくれてありがとう。

▶この文のあとに、You’re a good big sister!「立派なお姉ちゃんね!」や You’re such a good girl.「なんて良い子なんでしょう」などを付け加えることもできます。そうすれば子どもが、I did it to help!「お手伝いしたよ!」と得意げに答えるかもしれません。help A do は「Aが〜するのを助ける」。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事