毎日Eトレ!【1057】高速道路が渋滞しているから下道を使って行こう

デイビッド・セイン先生が教える
ドライブの会話フレーズ

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「高速道路が渋滞しているから下道を使って行こう」「A: 渋滞を避けるために脇道を行くほうがいいよ B: 同感だ」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A: There's a traffic jam on the main highway, so let's take a backroad.
B: Got it!

A: 主要な高速道路が渋滞しているから、下道を使って行こう。
B: 了解!

 

高速は混んでるから下道で行こうと伝える

ハイウェイとは「幹線道路」を指します。日本の「高速道路」を直訳するとエキスプレスウェイですが、日常会話では「〇〇自動車道」と呼ばれる高速道路や「〇〇街道」という名称の自動車が走る主要な幹線道路をひっくるめてハイウェイと表現する場合が多いです。ハイウェイに対し、主要な幹線道路でないものがバックロードです。言葉の感じから「裏道、脇道」と想像がつくかもしれませんね。この文章の場合は「下道(したみち)」というニュアンスで使われています。

 

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A: I prefer to take side roads to avoid any traffic jams.
B: I agree.
A: 渋滞を避けるために脇道を行くほうがいいよ
B: 同感だ

▶prefer to ...で「~のほうがいい」「むしろ~を選ぶ」という意味です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

CD付 デイビッド・セインのデイリースピーキング これで安心!交通機関の接客英会話
発売日:2017/12/27

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事