毎日Eトレ!【1150】笑いのない一日は無駄な一日である

デイビッド・セイン先生が教える
名言から英語を学ぼう

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回は「笑いのない一日は無駄な一日である」「 楽しい笑いは家の中の太陽である」です。さっそく読んで会話で使ってみましょう。

A day without laughter is a day wasted.

笑いのない一日は無駄な一日である

 

「笑い」にまつわる英語の名言

これは、喜劇王として知られるCharles Chaplinの言葉です。文章だけを見るとかなり直接的でキツい表現のように思うかもしれませんが、「一日一日を笑って過ごそう」「笑って過ごせばいいことがある」と、ポジティブな気持ちにさせてくれるフレーズではないでしょうか。
laughterは名詞で「笑い、笑うこと、笑い声」という意味。laugh(笑う)という動詞の派生語です。たとえば、The children's laughter could be heard all around the house.は「子どもたちの笑い声が家のあちこちで聞こえた」ということです。withoutは「~がなく、~なしの」という打ち消しの意味を持つ単語なので、A day without laughterで「笑いがない一日」の意味になります。be動詞の後ろにあるa day wastedは「無駄な一日」。wastedは「無駄な」という形容詞で、この文章では、直前のdayを修飾しています。ほかにもさまざまな名詞とセットでwasted time(無駄な時間)、wasted money(捨て金)、wasted efforts(徒労)などのように使われます。ちなみに、wastedはwaste(無駄にする、浪費する)という動詞の派生語になります。wasteの例文にはI don't want to waste my time on this project.(このプロジェクトで自分の時間を無駄にしたくない)、I don't want to waste your time.(あなたの時間を無駄にしたくない)などがあります。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

A good laugh is sunshine in the house.
楽しい笑いは家の中の太陽である

▶イギリスの小説家であるWilliam Makepeace Thackeray(ウィリアム・メイクピース・サッカレー)の言葉です。good laughの直訳は「いい笑い」ですが、ニュアンスとしては「楽しい笑い、ゆかいな笑い」といったところでしょう。sunshineは「太陽の光、日光、ひなた」。つまりこれは、楽しい笑いは太陽のように家の中を明るく照らしてくれるということを表現したフレーズ。いつでも笑いがあふれる家庭はいいものですよね!

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

15時間で速習 英語耳 頻出1660語を含む英文+図で英会話の8割が聞き取れる
発売日:2019/12/27

 

最新の連載をメールでお知らせ

メールアドレス:

「毎日Eトレ!」連載記事一覧

続きを見る >>

おすすめ記事