毎日Eトレ!【1317】自己紹介の切り出し方

デイビッド・セイン先生が教える
親子で楽しむ英会話 〜ちょっと気の利いた自己紹介フレーズ〜

英語でこれって何て言うんだろう? 日常会話で使う表現を、人気英会話講師のデイビッド・セイン先生が解説してくれます。日本人が間違えやすいポイントや文化の違い、派生した表現なども教えてくれます。今回はちょっと気の利いた自己紹介フレーズ「お会いした記憶がないのですが、私はジョンです。初めまして」です。さっそく読んで活用しましょう。

I don’t recall seeing you around, I’m John. I’m glad to meet you.

お会いした記憶がないのですが、私はジョンです。初めまして。

 

お会いした記憶がないのですが

今回は、パーティーなどで何人もの人が集まっていて、その中の一人に声をかけるような場を想定して、自己紹介の切り出し方を学びましょう。I don’t recall seeing you around. は「あなたを見かけたことを思い出せない」という意味で、面識はないと思うのでこれから自己紹介します、といった前置きの役割をするセリフです。recall は過去の記憶を呼び起こすことを表します。類義語の remember には「覚えている」と「思い出す」の両方の意味があるのに対して、recall は片方の「思い出す」の意味を持っています。see you around は「あなたをよく見かける」または「あなたと顔見知りである」という意味です。相手と目線を合わせて、「あ、初顔ですね」といった感じで自然に話しかけられるフレーズなので、このあとに自分の名を名乗ったり、「お会いできてうれしいです」の定番のあいさつを続ければOKです。

 

一緒に覚えよう! 他の言い方・関連表現

I don’t think we’ve met before, my name is John. It’s nice to meet you.
お会いしたことはないですよね、私の名前はジョンです。初めまして。

▶I don’t think we’ve met before. は、日本語にすると「私たちは前に会ったことはないと思う」という意味合いですが、英語では、I don’t think ... と否定形を前に出して、「前に会ったことがあるとは思わない」という言い方をするのが自然です。My name is John. は I’m John. に比べて、やや改まった感じのする表現です。

 

講師プロフィール●デイビッド・セイン David Thayne

日本で約30年の豊富な英語教授経験を持ち、ベストセラーの英語の書籍を数多く刊行。英会話イベント・セミナーも精力的に開催している。

 

デイビッド・セイン先生の書籍はこちら!

100語で簡単!ネイティブに伝わる英会話
発売日:2017/11/01

 


おすすめ記事